ピクシブ百科事典

腐界に眠る王女のアバドーン

ふかいにねむるおうじょのあばどーん

同人サークル「さくらぷりん」の同人エロゲー。PVナレーションは杉田智和。
目次[非表示]

概要

「さくらぷりん」が3年くらい時間かけて開発したホラーエロRPG。DL専売だったが発売から1年後にはパッケージ版が発売。
ファミコンの名作ホラー『スウィートホーム』のオマージュに溢れている。

タダのオマージュに終わることなく、同サークルの過去作以上の歯応え有るゲーム性に、8bitモードによる音楽やドット絵が中々おどろおどろしいが、完全18禁ゆえに恐怖描写は元ネタ以上のR-18Gに相当するかもしれないので苦手な方は注意!

極限状態で芽生えるエロに中々自由度の高いカップリング機能が搭載されていて、ホモ(デフォルトではoff)とレズ女を寝取られたり男を寝取ったり挙句の果てにバージョンアップでハーレムまで追加され、乱れ舞う女体男体に血しぶきまで乱れ飛ぶ中々カオスなエロゲーである。
また製作期間から作りこみ具合も半端ではなく、凄まじい数のミニイベントが存在しており、全てのイベントを完全に網羅しようとすると膨大な時間が必要となってくる。

あらすじ

暗い森にひっそりとたたずむ今は誰も住んでいない洋館「綾小路邸」。
家の持ち主である綾小路の友人であり大学教授である山之辺は
古くからあるこの屋敷に興味を抱き、綾小路の許可を得て
助手を連れ探索へとやってくる。

そこで起こる恐怖の現象の数々…
それはやがて山之辺の息子、焔とその友人達をも巻き込み始める…

ゲームシステム

最大3人のパーティを組んで綾小路邸の「西館」「東館」から探索を始め、
最終的に館から脱出することが目的となる。

『スウィートホーム』と違い別パーティとは完全に分断されているため、戦闘に参加できるのはどうあがいても3人まで。
回復手段はレベルアップとアイテム及び休息だがどちらも回数は有限、気絶(戦闘不能)からの復活回数もおなじく有限であり、規定回数の気絶でキャラクターは死亡してしまう。

仲間キャラクターの耐久力は「きょうふち」というパラメーターで表され、すなわちどれだけの恐怖を感じたかがダメージになる。
にたかられようが吐瀉物を口に流し込まれようがナタで斬りかかられようが怖いという点では等価なのだ。
またキャラクターはそれぞれに固有のアイテム、能力値を持っており、誰を選ぶかで難易度がシャレにならないレベルで変動する。

攻撃力はキャラの強さ+武器攻撃力。
武器には重量があり、強さを超えない範囲であれば複数持って攻撃力を上げられる(超えたらマイナスされる)。
その場合スロットの上側にある武器をメイン、それ以外をサブとして扱い、強さ+メイン+サブの攻撃力÷2が最終値となる。

しかし強さ-重量の余りが戦闘時の素早さに影響することに加え、そもそも携帯できるアイテム数が極端に少ないため、
攻撃力を上げて殺られる前に殺ろうか、機動力を上げて確実に先手を取るべきか、いや回復アイテムを多数所持して安全に、
しかし探索中に新たなアイテムを発見する可能性を考えれば空きも確保したい……
などと、悩ましい選択を迫られる。

固有の能力値の中には「弱点」も存在する。
これが敵に設定された「動物」や「」などの属性に合致すると、「エンカウントするだけで」ダメージを受けてしまう。
ただし、エンカウント時に受けたダメージは戦闘勝利時に(発狂・気絶状態になっていなければ)回復する。
つまり、逃げるだけではジリ貧になりやすいシステムになっている。

しかしどうしてもクリアできない場合はレベル等を引き継いで最初からやり直せる「ギブアップ」というコマンドがあるので、上記で述べる難易度の高さに尻込みされた向きにもぜひ安心してプレイしていただきたい。

登場人物

フルネームも存在するがタグ表記が揺れているのでとりあえず公式の漢字表記を使用(カッコ内にフルネームの読みを記載)。
なお身長と体重は演出の事も考え幅を持たせて緩く設定されている。
※ち○このサイズは「さくらぷりんBlog」の2013年08月17日に投稿された記事より。

山之辺 焔(やまのべ ほむら)

ほむどーん


身長(175~179) 体重(65~70) ち〇こ(15㎝)
主夫にして主人公。彼が死ぬとゲームオーバーである。
弱点なし・4回まで気絶可能の強靭なメンタル、女も男も最初のベッドインでアヘらせる脅威のベッドテク、高い家事スキルの持ち主。
特に料理は得意なようで、それを知る仲間にたびたびせがまれたり、
あるアイテムを食べさせるとすごく嬉しそうに「味を再現する」と発言するほど。
(ベッドテクに関しては彼の技術というより館の性質のせいである可能性が高い)
彼のみ「ぼうぎょ」のコマンドが「かばう」になっており、仲間へのダメージを引き受けることが出来る。
発狂(瀕死)状態の仲間を敢えて回復させず、彼がかばいつつ発狂時限定の強力な攻撃に期待するのがこのゲームにおける定番戦術である。
固有アイテムは3回まできょうふちの回復ができる「ペットボトル」。
このゲームは回復アイテムの使用によりキャラクターの好感度を上げられるのだが、最も大きい上昇率を持っており、回復量も多い。
また3回使えるということは、回復アイテムを持つスロットを3つ空けられるということでもある。
ルートによっては終盤で別のアイテムに持ち替えることになる。

風間 桔平(かざま きっぺい)

つままれ桔平


身長(164) 体重(54~57) ち〇こ(12㎝)
天真爛漫系子犬系ショタ
最初はやちかが好きだが館の極限状態に追い込まれると(全員そうだが)あっけなく他のキャラを慕う。
だが元々性欲は強い方なようで、わりと初期の段階でほむらでもいいからやりたいなどと発言している。
固有アイテムはアイテムスロットを倍にする「リュック」。
ゲームの仕様上全く代替の効かないアイテムであり、難易度をかなり下げてくれる。
しばしばリュックが本体できっぺいが付属物であるとされるほど。とはいえきっぺい自身も弱点が少なく戦闘にも強い。
特にこだわりが無ければ1周目は彼を連れて行くのがオススメである。
能力的に使いやすい上に、容赦ないホラー描写の後に続く彼の言動に癒され吊り橋効果か、館の闇に飲まれてか、彼をきっかけにホモドーンに走るプレイヤーが多い。

土門 聖二郎(どもん せいじろう)

剣光


身長(178~182) 体重(65~70) ち〇こ(17㎝)
何かとムカつく言動の多い不良青年だが根は悪くない。
メンバー中最強のパワーと最弱のメンタルを誇るヘタレバーサーカー
あまりの脆さと固定ルートのきつさから専用回復アイテムであるタバコが追加されるほど。
彼を選ぶと自動的にルートが東館になる。おかげでおしりが見られない。
固有アイテムの「ライター」は照明としてだけではなく一部の敵への攻撃にも使える。
が、通常アイテムの「マッチ」と全く同じ性能なためイマイチありがたみが薄い。
なおメンバー内唯一の非処女非童貞
ゲーム内では明かされないが、この作品の姉妹作に登場するある人物と血縁関係にある。

鈴森 未亜(すずもり みあ)

大天使ミアエル


身長(150~153) 体重(48~52)
巨乳幼馴染でおとなしくて主人公を好いているというザ・ヒロイン
弱点が多く、打たれ弱く、攻撃力も低いため戦闘面では文句なしの最弱。
しかし固有アイテムの「くすりばこ」でマヒ、どく、けがを回復できるという強みを持つ。
イベントやCG枚数の多さ、立ち位置などを考えれば文句なしの正ヒロインだが、キャラの濃い周囲に食われ気味である。
しかし周りが個性的すぎる為、かえってその王道ヒロインっぷりはメインヒロインの座を確固たるものにしている。

日野 八千花(ひの やちか)

やちか


身長(161) 体重(53~56)
わがまま系貧乳マスターシーフ。
彼女のピッキングシーンでほむらたちの物語は幕を開ける。
同性愛者であり、みあを虎視眈々と狙っている・・・が、割とあっさり男にも転ぶバイセクシャル。
固有アイテムは「ヘアピン」で、前述のとおりあちこちの扉や箱を解錠することができ、
少数ながらヘアピンでしか開かないものも存在する。
上記の二人に並んで弱点が多いキャラではあるが、攻略上必ず必要なアイテムの代替ができるのは大きい。

水石 里奏(みずいし りかな)

りかな


身長(167) 体重(55~60)
理知的な言動と励恥的な服装の才媛。
着用しているワカメちゃんレベルのミニスカートはバイト先の制服だそうだが、性的サービスを提供する店としか思えない。
固有アイテムの「ブッ…「じしょ」は敵の解析と館内の文書の解読ができる。
内容はヒントからただのフレーバーテキストまで様々だが、ゲームの背景を理解するためには目を通しておきたい。
アイテム特性に加え本人も弱点少なめでタフなことから1周目のパートナーとしても悪くない。
一部状況下の台詞に普段の言動とかけ離れた、やたらハッちゃけた台詞が多く、他のメンバーが家族構成等をブログで公開された時も彼女だけフリー妄想タイム等と公開されなかった事から何かとネタキャラ扱いされる事も。(家族に関してはゲーム中で匂わされている為、敢えて公開していないのかもしれない)

関連作品

ゆみこ先生と僕
C86以降にて僅かだが同人誌等が存在する。一部はDL販売有り。比率的にはふたドーンやホモドーンが多い模様。

関連イラスト

クッキング桔平くん
2周年


R-18作品も豊富だがゲーム内の描写の割には恐怖感の強いイラストは少ない、しかし少数ながら恐怖感を前面に押し出したイラストやR-18G作品も投稿されている。
大多数のほのぼのイラストやエロエロイラストの雰囲気を見てプレイした場合、初見の一週目はシャレにならない恐怖を味わうかもしれない…。

投稿されている関連小説は発売から1年に渡り全てホモドーンであった(恐怖)。が、発売から一年経って一本だけだがノーマル小説が投稿された。

外部リンク

公式
せいじろうが歪んだ理由

別名・表記ゆれ

『腐界に眠る王女のアバドーン』に関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。

関連タグ

ホモドーン ユリドーン ハーレムドーン
スウィートホーム R-18 R-18G

pixivに投稿された作品 pixivで「腐界に眠る王女のアバドーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3629037

コメント