ピクシブ百科事典

目次[非表示]

教会から呪われた地に派遣されたシスター「ラビアン」がモンスター退治に挑む、シンプルな2Dアクションゲームです。


恐ろしい存在に襲われる絶望感や、死への憧れ、被虐的な官能がテーマです。



概要

ねんない氏が開発した同人ゲーム(サークル「Uu」の名義で販売)。開発自体は構想も含めると2016年異常も前からあり、ちまちまとドットを打ち、システムを組んで細々と開発が続けられた。そして2018年に動作確認版として進捗報告も兼ねて体験版が配信。そして2019年8月31日に無事製品版が発売された。
長い期間、ユーザーの支援やお題箱を用いたリョナ案をフィードバックしつつ開発した事で、細部において非常にクオリティの高いダークファンタジーの世界が2Dドットで表現され尽している。

内容

2Dドッドアクションゲームであり、ステージを攻略してボスを倒して新しいステージを解放していくロックマン形式。全6ステージ。

主人公ラビアンが取れる行動が剣による攻撃と弓矢による遠距離攻撃。
剣は基本攻撃であり、これで多くの魔物を倒していく。しかし本作は近距離で掴み攻撃や即死攻撃を放つ敵が多く、全てを剣で倒そうとするのは実質的に不可能。
弓矢は剣では届かない敵は勿論飛び道具を使う敵や即死攻撃を持つ敵への対抗手段として有用だが弾数があり、打ち尽すと敵のドロップか死亡以外で補充が出来ない。現時点では無限矢はクリアで解禁されるが、イージーモード実装として威力の上がった剣と無限矢が解禁予定。

本作の最大の特徴はとにかく主人公が死ぬ。ひたすら死ぬ。惨たらしく死ぬ。えげつなく死ぬ。
体験版だけでも捕食のオンパレードであり、容赦の無い魔物の暴力、その先に待っている美少女の凄惨な末路にエロティシズムを感じるリョナの新境地となっている。
また、あどけない表情を見せる巨乳シスターが異形の魔物に乳も柔肌も粘膜も胎内も蹂躙される様は、単なるグロゲーにとどまらない「被虐的な官能」を見事に表現している。また、お題箱からフィードバックを経て実装されたものもあり、リョナラー定番のシチュは網羅してあり、更に一般的なリョナゲーでは描かれないであろう「その後」も堪能することができる。

主人公があの手この手で死ぬとはいえ、ゲームの難易度自体は高くなく、即死攻撃の初見殺しや拘束攻撃も脱出難易度が高いだけで脱出不可能ではない等、死んで覚える「死にゲー」ではないが、死亡演出が魅力的であるため実質「死に(たくなる)ゲー」である。

関連イラスト

センシティブな作品
ミニチュア風ラビアンちゃん


SiNiSistar
SiNiSistar 2


主人公ラビアンはおっぱいがデカい

関連タグ

ゲーム 同人 ドット絵 シスター 巨乳 R-18G

リョナ 捕食 触手 植物姦 ナメクジ 取り込み 丸呑み 同化 花粉 乳吸い 乳揉み 輪姦 苗床 蜘蛛糸 蟲姦 石化 変身 拘束 解体 斬首 催眠

関連記事

親記事

同人ゲーム どうじんげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SiNiSistar」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209644

コメント