ピクシブ百科事典

ディビジョン2

でぃびじょんつー

UBISoft発売のオープンワールドRPGである「ディビジョン」の続編となる作品
目次[非表示]

概要

ディビジョン2(Tom Clancy's The Division2)は2019年3月15日発売の多人数参加型オープンワールドRPGである。
発売機種はPS4XBOXONEWindowsPC。

前作となる「ディビジョン」の世界から7ヶ月後の世界を描いた作品であり、戦いの場もニューヨークからアメリカ合衆国首都のワシントンDCに変わっている。
前作「ディビジョン」は季節が冬であったのに対して本作は夏をイメージしており、全体的な印象は大幅に変化している。

ストーリー

時代は2010年台のアメリカ合衆国。突如ニューヨークで発生した致死率8割を超すウイルス「ドルインフル」のパンデミックによりアメリカ合衆国は危機に瀕していた。
荒廃したニューヨークには犯罪組織やPMC、暴徒らが跋扈し混迷を極める中、アメリカ政府は秘密裏に組織していたスリーパーエージェント部隊である「Division」を投入。第一波、第二波と派遣されたエージェントらの活躍によりニューヨークは僅かながら、しかし確実に復興へ進み始めた。

しかしドルインフルの混乱はニューヨークに飽き足らず、ついにアメリカ合衆国首都であるワシントンDCにまで及んでいた。
アメリカ合衆国という国を維持する最後の砦となるワシントンDCを守護、防衛するべくディビジョンエージェントらはワシントンDCへ赴く。

ゲームシステム

前作同様、三人称視点(TPS)で進行し緻密に再現されたワシントンDCを探索してゆくオープンワールドゲームとなっている。
基本的に武器は全て銃器となっており、ヘッドショットによる一撃死は無い。よってステルスプレイは前作同様不可能である。
装備や武器はレベルが上昇する事で能力も上昇する「ハック&スラッシュ」要素が多分に盛り込まれており武器を取っ替え引っ替えするような場面も出てくる。

用語

ドルインフル

ニューヨークで行われた「ブラック・フライデー」を境に突如ニューヨークを発生源として大流行したウイルス。名前に「インフル」とあるがインフルエンザウイルスでは無く、実際は天然痘ウイルスを遺伝子変異させ、致死率を大幅に向上させた亜種であることが判明している。
「ドル」はアメリカ紙幣の「$」を指し、紙幣にウイルス株を付着させ、それが流通することで感染を拡大させた事が判明している。

開発者はDr.ゴードン・アマーストという人物であり、世界をもっと自然に還すべきと考える危険思想の持ち主であり自身もドルインフルを開発した隠れ家で感染し、死亡している。
もっとも自身が生きるも死ぬも全て自然の摂理であり、自分が死ぬことも計画のうちであった可能性がある。

作戦基地

主人公、または主人公の協力者達の拠点となる場所。前作では大きな郵便局を改造していたが今作はホワイトハウスが作戦基地として機能している。
主人公が初めて訪れた際には人材も物資も不足している状況だったが、主人公が主要人物を救出したり物資を確保していく内に機能やシステムは回復していき、主人公へのバックアップも充実していく。

コントロールポイント

ワシントンDC各地に設営している中間拠点。大抵の場合敵勢力により占領されてしまっているが、奪還する事で武器や資材が確保できる資材部屋が開放される。
なおこの資材部屋はアイテムを入手して一定時間経過するとアイテムが再入手できる。

サプライボックス

貴重な物資や武器が手に入りやすい箱のこと。各勢力のサプライボックスが存在しており、開けるにはその勢力の鍵が必要となる。
鍵の入手は主に地下通路内のキーボックスを探索していけば入手可能。ただし、キーボックスを調べて入手できる鍵はランダムであり、特定の勢力の鍵を手に入れる際に多数のキーボックスを調べなければいけない可能性もある。

登場する勢力

ディビジョン

主人公らが所属する組織にして、アメリカ合衆国再建の鍵となる部隊。
普段は一般市民として生活しているが、有事の際には最優先で任務に当たる事を義務付けられている。「ディレクティブ51」という大統領命令により強力な権限が付与されておりアメリカ合衆国復興のためにあらゆる判断や指揮、方法を取る事が許可されている。
米国全土にディビジョンエージェントが潜伏しているとされており、前作「Division」ではニューヨークで活動しているディビジョンエージェントも多数存在している。

市民軍

荒廃したワシントンDCで生存している市民らで結成された組織。主にコミュニティの防衛や他勢力への抵抗を目的としている。ディビジョンとは協力関係にあり、ディビジョンは武器や装備を提供し、市民軍はディビジョンの援護を行うこともある。

JTF

警察や消防などの人員で構成された公的組織。Joint Task Forceの略。
パンデミック発生当初からアメリカの治安維持や復興活動に奔走しているが後手に回る場面が多くディビジョンに助けられることも多い。

ハイエナ

前作での「暴徒」に相当するディビジョンの敵対組織。
パンデミックにより統制を失ったワシントンDCでは窃盗、暴行、殺人、略奪などを行うギャングや犯罪分子のグループが乱立し抗争が絶えなかったが、他勢力も勃興している状況から各ギャングや派閥のリーダー、有力者ら休戦し、同盟組織である「評議会」を形成し、生まれた組織が「ハイエナ」である。
ハイエナの行動方針や意思決定は先に述べた各有力者らによる「評議会」の決議により決定される。そのため特定の人物が指揮を下している訳では無く明確なリーダーや指導者は存在しない。

アウトキャスト

かつてドルインフルに感染し、隔離エリア内の劣悪な環境で生き延びた者達が組織した団体。
自分達に何ら支援や助けを寄越さなかった政府やJTFを憎んでおり復讐するために活動している。
「アウトキャスト」という言葉自体、「のけもの、仲間はずれ」という意味があり自分達を「見捨てられた者たち」と考えている。
リーダーは隔離エリア内で娘を亡くしたエミリーン・ショーという女性であり、かつての政府関係者などを血祭りに上げている。

トゥルーサンズ

JTFのやり方に異議を唱え、離脱した急進派のJTF兵士やその同調者達が発足させた民兵組織。
指揮官は元JTFオフィサーであるアントワン・リッジウェイ大佐。
ワシントンDCを武力で制圧し支配することを目的にしており、逆らう者には死を与える過激組織である。
トゥルーサンズは政府やJTFの弱腰でゴテゴテの方針に嫌気が差し独自のやり方でアメリカ合衆国の統治を目論んでいる。

ブラックタスク

ディビジョンを含むワシントンDCの全勢力の殲滅を目論むPMC組織。
民兵組織であるトゥルーサンズとは違い、全員が実戦を経験した現役軍人であり豊富な装備と設備、巧みな連携と作戦能力を持つ極めて危険な組織である。
ディビジョンがハイエナ、アウトキャスト、トゥルーサンズを掃討した直後から行動を開始し、瞬く間にワシントンDCのほぼ全域を制圧してしまう。
現在のところ真の目的、及びリーダーや指導者といった人物は不明。

前作の敵対勢力

前作「Division」に登場した「クリーナーズ」、「ライカーズ」、「ラスト・マン・バタリオン」のいずれも指導者やリーダーがディビジョンエージェントにより倒されている事から統制を失い、もはや影響力の無い残党同然であるとロイ・ベニテスの報告で判明する。

関連タグ

ディビジョン

関連記事

親記事

ディビジョン でぃびじょん

pixivに投稿された作品 pixivで「ディビジョン2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73865

コメント