ピクシブ百科事典

シルバーゴースト

しるばーごーすと

シルバーゴーストとはバイオハザード4に登場する銃。

概要

シルバーゴーストとはバイオハザード4に登場するレオンが装備しているハンドガン。
ゲーム内の名称はシルバーゴーストではなくシンプルにハンドガンである。
「シルバーゴースト」と言うネーミングはアームズマガジンのバイオハザード4PS2版の発売記念の特集の際に登場した非公式名称であったが、後に海外限定で発売された公式のバイオハザードのカードゲームにてこの銃の正式名称として扱われた。

ファンからの愛称は「初期ハン」。

スライドには「Kendo」の文字が見えるため、サムライエッジ等と同じくロバート・ケンドの兄弟であるジョー・ケンドが制作したカスタムガンであることが分かる。
ゲーム内の性能としてはよくある初期武器、と言った感じの性能だが武器商人のもとでカスタマイズし、限定仕様にするとヘッドショットのクリティカル率が5倍になる。これはナイフや体術にも適用される。

が、不意にクリティカルが出てしまうと無敵時間が存在する体術に持って行けずに不利になってしまう場合があるため限定仕様まで改造しない、と言うプレイヤーも多く、難易度プロフェッショナル等でプレイするプレイヤーが改造費をケチるためにこの銃をずっと使う場合もある。

マーセナリーズではウェスカーがサプレッサーが付いたモデルを所持しているが、サプレッサーが付いていると敵が音を感知出来ないため近寄ってこず、コンボを繋げられなくなってしまう可能性があるため、アタッシュケースのスペース確保も含め開始後に即に捨てられてしまう可哀想なパーツである。おまけに本編では正規の方法では使えない。また、アンブレラクロニクルズでの「闇を継ぐ者」パートでのウェスカーがマーセナリーズと同じサプレッサー付きモデルを使用している。(これはサムライエッジウェスカーモデルの疑似的な再現の為とのこと。)

4以外ではディジェネレーションでもこの銃をレオンは使用しているが、6からはウィングシューター、センチネルナインへと変更している。

開発初期のバイオハザード5の2005年版トレーラーにてコンペンセイターが装着されたものをクリスが使用している。(後にM1911、最終的にはベレッタ92Fと変更された。)またクリスがMARVELVS.CAPCOM 3 Fate of Two Worldsに登場した際もこのハンドガンを使用していた。


この銃になる前の4の体験版ではスタームルガーP85がレオンの初期ハンドガンだった。

デザイン自体はH&KUSP、S&Wシグマ、ルガーP85を組み合わせた架空デザインの物。

また、この銃はバイオハザードオリジナルの拳銃としては珍しくサムライエッジのように東京マルイからエアソフトガンが発売されていない。

関連記事

親記事

レオン・S・ケネディ れおんすこっとけねでぃ

兄弟記事

コメント