ピクシブ百科事典

鷹木信悟

たかぎしんご

元・ドラゴンゲート所属であり同団体所属時はB×Bハルク同様スター選手だったプロレスラー。
目次[非表示]

プロフィール

ドラゴンゲート所属(デビュー~2018年10月7日)を経て、現在はフリーで活動。
山梨県出身。ニックネームはPUMPING HAWK

高校時代は柔道部に所属して主将を務めながら関東大会出場を果たしたことがある経験を持つ。
高校卒業後はアニマル浜口が設立したレスリング道場に通いながら肉体トレーニングの専門学校に進学し、鍛えた体をボディビルに生かすなどして実績を重ねて行った。
2004年の春にドラゴンゲートに入門し10月に博多スターレーン興行における対近藤修司"brother"YASSHI菅原拓也戦でプロレスラーデビュー。パートナーはCIMATARU
旧闘龍門JAPAN勢中心の同団体から初の新人レスラーであったが、鍛え上げられた体躯は新人離れしており、デビュー1年後には団体のトップレスラーに駆け上がった。

鷹木信悟
神風大将



ドラゲー最後の試合の翌日の10月8日、新日本プロレス・両国大会にて、LOS INGOBERNABLES de JAPONの新たなパレハとして登場。


『SUPER Jr. TAG LEAGUE』にBUSHIと組んでエントリーした。
結果は決勝戦敗退(SHOYOH組、金丸義信エル・デスペラード組との3WAYマッチ。SHOがデスペラードをフォールし、SHO&YOH組が勝利)。

2019年1月4日東京ドーム大会にて上記と同じ3WAYマッチがIWGP Jrタッグのベルトがかけられ行われた(チャンピオンは金丸・デスペラード組)。
結果は鷹木がSHOをラスト・オブ・ザ・ドラゴンからのフォールで下し勝利し初戴冠した。

2021年6月7日、オスプレイが返上したIWGP世界ヘビーのベルトをかけオカダと王座決定戦を戦い見事勝利。第3代王者となった。

得意技

ラスト・オブ・ザ・ドラゴン
現在のフィニッシュ・ホールド。かつてはラスト・ファルコンリーの名で使用していた。
相手の片方の腕を相手の股下でクラッチし、もう片方の手で相手の首を抱えた状態でファイアーマンズキャリーのような形で肩に担ぎ上げた相手を自身の前方側に回転させながら真っ逆さまに落とし、振り上げた片脚が相手の喉元に落ちるように叩きつける変形のデスバレー・ドライバー。

パンピングボンバー
鷹木が使う右腕でのラリアット。スライディング式、串刺し式、ショートレンジ式などバリエーションも豊富にある。
鷹木はパワーだけでなくスピードも兼ね備えているため、試合終盤に放たれる勢いをつけた一撃は強烈のひとことで、受けた相手が1回転してしまうこともしばしば。
ちなみに左腕で浴びせ倒すように繰り出すラリアットは龍魂ラリアットと呼称される。

MADE IN JAPAN
相手の片腕をハーフネルソン気味にして首の後ろを捉え、もう片方の腕を相手の股下でリストクラッチした後、持ち上げつつその場で相手の体を前方回転させながらマットに叩き付ける変型ドライバー。

熨斗紙(のしがみ)
背中合わせで相手の両腕をフックしてゴリー・スペシャルの体勢で担ぎ上げ、両腕のロックを両脚に持ち替えて後ろに倒れこみ相手を顔面からマットに叩きつける。

人物像

性悪っぽくて弱肉強食主義な印象を感じる言動が見られるが知的障害等の障害者施設に訪問しては様々なボランティアに参加して福祉貢献も行う等、弱い立場の人間に対し人情を重んじるいい人でもある。また、山梨県民である影響かやまなし大使も務めている。

関連イラスト

鷹木 信悟
鷹木信悟の似顔絵



外部リンク

プロフィール
公式ブログ
Twitterアカウント
Instagramアカウント
Wikipedia

関連タグ

プロレスラー プロレスラーの一覧

関連記事

親記事

プロレスラーの一覧 ぷろれすらーのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鷹木信悟」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鷹木信悟」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11841

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました