ピクシブ百科事典

ロリライブ!

ろりらいぶ

主にμ'sおよびAqoursのメンバーの幼少期(ロリ化)を描いたイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

ラブライブ!μ'sラブライブ!サンシャイン!!Aqoursのメンバーの幼少期もしくはメンバーをロリ化したイラストに付けられるタグ。

ラブライブ!シリーズのアニメでは回想などで各グループのメンバーの幼少期が出てくる機会が割と多いため、二次創作イラストはかなり描かれている。
ここではアニメ版を主体とした公式の登場シーンを、二組に分けて説明。

μ’s(ラブライブ!)

公式で一応は9人の姿が出揃っている。ただし矢澤にこのみアニメ作品での登場が無い。
9人全員のイラストを描く際は、バレリーナ姿しか公表されていない絢瀬絵里と資料そのものが少ないにこは描き手の創造力が委ねられる。

高坂穂乃果/園田海未/南ことり

お題:ろりらいぶ
ロリ海未誕
幼女ことりちゃん


アニメ一期1話・2話・5話、劇場版の回想でいずれも三人そろって登場。
穂乃果はこの頃からすでに活発で強引な性格。ことりは心配性で、海未は穂乃果に出会う前は臆病だったが引っ込み思案な面は今と変わらず、すでに現在のひな形ともいえる性格は形成されていたようだ。

星空凛/小泉花陽

ロリライブ!


アニメ一期4話回想で登場。凛は幼少期スカートを穿いて登校していていた事があったが、男子にからかわれた事が心の傷になり長年私服でスカートを穿く事を拒んでいた(二期5話で克服)。
花陽の方もこの頃は眼鏡をかけており(眼鏡を外すようになったのはアニメ一期4話終盤から)、アイドルに対する憧れもすでにこの頃から持っていたようだ。

絢瀬絵里

繪里誕生日
賢いかわいいロリーチカ


アニメ一期7話で海未が希からもらった動画および8話回想に登場。この頃「かしこいかわいいエリーチカ」と呼ばれていた。
幼少期はまだロシア在住で、バレエのコンテストに出演していた。しかし実力はありながらも結果には結びつかず現実の厳しさを思い知らされる。この挫折が数ヶ月間のスクールアイドルを目指す穂乃果達との確執を生む原因になっていた。
公式では左のバレリーナ姿でしか公開されていないため右画像はイメージ。バレエ大会本番時はオールバックだが、普段の髪型は一期7話で出てくる写真立てを見る限り、幼少期もポニーテールだったようである。

西木野真姫

『真姫ね!μ’sの皆に出会えた今が、と~っても!幸せなの!』


アニメではなく、Music S.T.A.R.T!!PVで登場。→ロリ真姫

東條希

見つけた❤


アニメ二期8話に登場。髪型は現在と違って三つ編みだった。一期では謎の多い人物だったが二期のこの話で親が転勤族であることが判明し、引っ越しを繰り返していた関係でうまく人間関係を築けずにいた事がわかった。

矢澤にこ

The smollest #1 idol, Nico
すぺしゃるらいぶのはじまりです!


「スクールアイドルフェスティバル」のエイプリルフール企画で初めて登場した。→ロリにこ

Aqours(ラブライブ!サンシャイン!!)

新曲のPVや二期を跨いで明らかになったμ’sと違っていずれも本編で出てくる機会が比較的早いのが特徴。先代と違い、9人全員がアニメ本編に回想で登場。それの先駆けとして『HAPPY PARTY TRAIN』PVで全員が一堂に会している。
アニメ作品内で幼少のAqoursメンバーが描かれる際の姿は、一年生は幼稚園時、二年生と三年生は小学生低学年時と、9人全員が現在からおよそ10年前の頃に統一してある。(例外シーンあり)

高海千歌/渡辺曜

Ponyo SunShine!!


アニメ一期1話の千歌の回想で千歌と曜の小学生以下の姿が登場。曜はこの頃からすでに高飛び込みを行なっており、千歌は観客席でそれを見守っている立場だった。一期11話の曜の部屋には当時の2人の写真が数枚貼ってある。千歌は一つお姉ちゃんではあるが松浦果南ともよく遊んでいた。
中学生の制服姿は2人とも一期11話で登場。

桜内梨子

梨子ちゃんおめでとう


一期2話の回想で登場。東京に住んでいた幼少期は髪型がツインテールで、今よりも前作の作曲担当と容姿が似ている。この頃から完全にピアノに没頭しており音ノ木で1年間を過ごしてもμ’sはおろかスクールアイドルの事すら知らなかった。

国木田花丸/津島善子

ずらぁぁ!
ろりよはね


二人が幼稚園時代の幼馴染のためか二人とも一期4話〜6話と3話続けての登場。
花丸は小さい頃から隅っこで遊ぶ地味な子で、それをきっかけに一人で本を読むようになった。しかし根っからのぼっちだったというわけではなく、劇中で善子がAqoursと関係を持ち出してから実は同じく変わり者の善子と比較的よく一緒にいた過去が明らかになっていった。幼少期からスポットライト(センサー感知式)が光っただけで未来じゅら〜と言っちゃうほどのアホの子だった事を善子にバラされている。
花丸のみストーリーの都合で、一期4話中に幼稚園・小学生・中学生の姿が揃っている。
善子は幼少期は今のようなロングではなくボブのショートカットだった。元々は天使に憧れていたが、中学生の頃には自身の不運属性を理由に堕天使を名乗るようになっている。頭のお団子に羽根を挿す癖は幼少期からすでにあり、花丸の4話の回想で木の枝を使って儀式のような事を行なっている。

小原鞠莉/黒澤ダイヤ/松浦果南

いつまでも、ずっと仲良し


一期6話回想から揃って小学生の姿が登場。アニメでは3人とも幼馴染の親友である。
果南は腕白で鞠莉にハグしていた。上述したように果南は千歌とよく遊んでいる。
二期10話では当時3人でいっぱい遊び回っていたエピソードが多く語られ、特に鞠莉が両親を困らせてきた様子が重点的に描写された。
ダイヤは幼少期にも東京に来た事があるらしく、東京メトロの複雑な路線図を見て泣き出してしまい、高校3年生の冬まで東京にトラウマを抱え続けた。二期9話では泣いた幼稚園時ルビィを励ます回想で登場。

黒澤ルビィ

ダイルビ


幼稚園の制服姿がHAPPY PARTY TRAINPVで初出。花丸&善子とは別のスモックを着たこの姿は、アニメにも二期9話の回想で登場した。アニメ版では常に後ろ髪が短いが、G'sマガジン版と漫画版では過去が異なっており中学入学の頃まで髪が長かった。
中学生の制服姿は花丸と共に一期4話で登場。千歌&曜とはセーラー服の色とラインが微妙に異なっている。中学2年生頃の私服姿は一期4話や9話で登場。
アニメ二期BD第4巻特典付属の『サンシャイン!!絵本シリーズ4』では、0歳のルビィと2歳前後のダイヤがだんだん成長していく様が清瀬赤目氏のイラストで存分に描かれた。そしてこの本にはAqoursメンバー全員のロリ化姿もある。

スクフェス

2018年4月1日。スクフェスはこれまでエイプリルフールに毎年、1日限定イベントで4月1日に動物キャラクターのホーム画面占拠などを行ってきたが、
今年2018年の企画は


「とくべつ!かんゆう」
小さくなった=ロリ化したμ's・Aqoursのメンバー18人がRカードで実装。

サポートメンバーではない。特技もあるライブ可能のRカードである。(転部でRシール化ができず、課題で高校生姿の代役になれない特殊カードではあるが。)
しかも全員の幼い舌ったらずボイスを新規録り下ろし。ホーム画面5種(通常・放置・タッチ1・タッチ2・割り込み)、ライブ6種(開始・特技・成功・失敗・絆ポイント振り分け・絆MAX)という網羅っぷり。基本高校生時セリフの発音し直しだが、割り込みを除くホーム画面セリフ4種は幼児期に合わせた新作。ライブ失敗ボイスを聞くためにわざとLPを無駄にするプレイヤーが続出した。

μ's、Aqours両モードで各9人ずつが登場する11連勧誘を一度だけ無料で回せた。ただし排出に多少偏りがあり、11枚中に同じメンバーが4~5枚も出たり、9人中の1~3人ほど出なかったりする。この4月1日中に限りシールSHOPで1人ずつシール5枚で無制限に交換可能だった。

ビジュアルと性格は主にアニメ版で幼少期の主要エピソードが描かれた時点の物になっている。ゆえに絵里はバレリーナ姿、希は標準語、善子は天使を信奉。
さり気なくだがついに、あの矢澤にこの幼少期姿が初お披露目。室田雄平氏がこのためだけにデザインした。

ちなみに同年にはハイパーファビュラスアルティメットジャンボ寝そべりEXというもう一つの大規模なエイプリルフール企画も行われている。

関連イラスト

μ’s

ロリライブ!
ロリライブ!


ロリライブ!~トラナイデ!~
まきちゃんとことりちゃんの本


ロリライブ!~きっと青春が聞こえる~


関連タグ

ラブライブ! μ's ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ロリ
30ライブ!…こちらは逆に大人・熟女化したイラスト

pixivに投稿された作品 pixivで「ロリライブ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2561678

コメント