ピクシブ百科事典

くやしくないの?

くやしくないの

テレビアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」1期第8話のサブタイトル。
目次[非表示]


最速放映日:2016年8月20日

あらすじ

いよいよ開演した「TOKYO SCHOOL IDOL WORLD」で、スクールアイドル「Saint Snow」の圧倒的なパフォーマンスを見せつけられた千歌たち。
負けじと自分たちの精一杯のパフォーマンスを披露するも、結果は30ユニット中30位。
Aqoursに投票した来場者は“0”だった。
自分たちの前にある大きな壁を目の当たりにしたメンバーは、それぞれにくやしさを募らせる。そんな中、あくまで明るく振る舞う千歌に、は「くやしくないの?」とその心の内を問いかけるのだった――。

挿入歌

歌:Saint Snow
楽曲の詳細については楽曲記事で。

小ネタ

  • ここで初お披露目となるSaint Snowのステージはアバン丸々使われている。つまりOPよりも先である。このため冒頭で録画に失敗した視聴者はこのシーンを録りきれなかったりした。


  • 実は7話終了時点では両者ともステージ披露前のタイミングで勝敗がハッキリしたタイミングではなかった。にもかかわらずサブタイで大体結果がわかってしまうようにバラされており、どこぞのカードデュエルアニメの次回予告並みにひどいネタバレになってしまっている。

  • 「TOKYO SCHOOL IDOL WORLD」の時にAqours(3年除いた6人)が披露した曲は、衣装と回想のダンスシーン静止画から「夢で夜空を照らしたい」と判明しているが、ステージ一番手のSaint Snowのステージの後そのままOPを挟んでイベント終了後まで時間が飛んでいる。つまりここでの彼女らの扱いは無印2期準決勝のA-RISEと全く同じものだと思ってくれていい。

  • 善子花丸のツッコミに対する「ツッコミはやっ!」は前作1期7話でもにこ真姫に対しまんま同じセリフを吐いている。善子がにこの後継ポジションであることがよく分かるシーンである。

  • 3年生3人の1年生時の日常シーンが初登場。この話で果南からハグを拒否された事で鞠莉が泣き出してしまい、前作の似た立場だったキャラ同様精神的に強いと思われていた彼女の意外に脆い側面が明らかになった。

  • 千歌がこれまで抑え込んでいた悔しさを露わにして表情を曇らせ泣き出してしまうシーンは3話の停電時の曇り顔同様一部の人達を大いに満足させたらしい。それのみに留まらず上述通り同じ話で突然泣き出した鞠莉という逸材も登場したためますます彼らを喜ばせたとか…

  • 終盤で梨子の提案で千歌達が新たに定めた目標「0から1へ」は、既存曲「Step! ZERO to ONE」のテーマに後付される形となった。

  • シリアス回にもかかわらず冒頭の「SELF CONTROL!!」の存在そのもの理亞「バカにしないで!ラブライブは遊びじゃない!」、千歌の「なのに0だったんだよ!悔しいじゃん!!差がすごいあるとか、昔とは違うとか、そんなのどうでもいい!悔しい!やっぱり私…悔しいんだよ…」などネットでよくネタにされるシーンの元ネタが複数ある。
    • 特に千歌のセリフは汎用性が高く、Aqoursのライブチケット当落日にSNSで「(取れたチケットの枚数が)0だったんだよ!悔しいじゃん!」などと置き換えられたり、0繋がりで某オフ会0人のYouTuberと掛け合わせたネタにされたりした。

投票0人


関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! SELF_CONTROL!! 挫折 シリアスな笑い

関連記事

親記事

ラブライブ!サンシャイン!!(アニメ) あにめばんらぶらいぶさんしゃいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「くやしくないの?」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5157

コメント