ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

果南、ちゃん?鞠莉、ちゃん?


  • 脚本:花田十輝
  • 演出:南川達馬
  • 絵コンテ:川南なぎさ
  • 最速放映日:2017年10月28日

あらすじ

ラブライブ!予備予選を1位通過したAqoursであったが、ここで活動費不足が浮上する。

沼津のバイトは交通費や部活との折り合いがつかないので断念したり、フリーマーケットに出店するも儲からなかったりと前途多難。

そんな中でダイヤは、後輩から「ちゃん付け」で慕われる果南鞠莉を見て、自分だけ距離を置かれていると感じていた。


次なる金策としてAqoursは水族館アルバイトに手を付ける。これを機に後輩たちと親睦を深めようと図るダイヤだったが、空回りして「ダイヤさん絶対に怒ってる」と誤解されてしまうのだった……。


概要

「ダイヤさんと呼ばないで」

テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!! 2nd Season』第4話のサブタイトル。黒澤ダイヤのメイン回である。

その内容とは、果南鞠莉が下級生から「ちゃん」付けで呼ばれているから自分もダイヤちゃんと呼んでもらうため、ダイヤが奮闘するというもの。


第3話の次回予告を見た視聴者の多くは、「前作あの回になるんじゃないか」と予測していた。

しかし、先輩への呼び方というテーマがあるものの、誰か一人のメイン回かどうかの1点が大きく異なる。


初のダイヤ単独回

これまでダイヤのメイン回は存在しなかった。登場回数の多さや「ブッブッブーですわ!」などの迷言を残していることを考えれば、意外といえば意外である。


しかし、2期に入ると状況が変わり始める。

2話でメンバー間の調整役として黒澤姉妹に焦点が当てられたことに続き、3話ではダイヤだけの単独カットで衣装のお披露目をしたり、新曲PVでルビィとWセンターを務めるなど、公式がダイヤを中心に露骨なまでの黒澤姉妹推しを展開。

そして、満を持しての第4話である。ダイヤ推しが歓喜したことは言うまでもない。


しかし、ダイヤ単独回に反して当番制EDで海をバックに出てきたのは渡辺曜だった。

もっともそれ自体が大いなる伏線だったからなのだが…


放送前のラブライバーの反応

第3話の後に次回予告が流れた際、一部ラブライバーを中心に以下のような反応があった。


次回予告「ダイヤさんと呼ばないで」

ライバー「つまり、ダイヤ様とお呼びすれば良いのですね!」


元々、熱心なダイヤ推しライバーの間では、彼女のことを畏敬の念を込めて「ダイヤ様」と呼ぶ事が広く行われていた為、これは当然の反応と言えよう。


小ネタ



  • 制作サイドが意識したのか、偶然かは分からないが、1997年放映のドラマに『総理と呼ばないで』という作品がある。

  • 黒澤ダイヤが「ダイヤさん」とばかり呼ばれるのはAqours内に限った話ではない。スクスタでは、同級生相手でもさん付けを使わない東條希朝香果林ですら、ダイヤを「ダイヤさん」と呼んでいた。

関連イラスト

サンシャイン4話らくがき


関連タグ

ダイヤさんと呼ばないで犬を拾う。


ラブライブ!サンシャイン!!(アニメ) 黒澤ダイヤ 硬度10

さんをつけろよデコ助野郎 ダイアーさん


第2期の第4話

関連記事

親記事

ラブライブ!サンシャイン!!(アニメ) あにめばんらぶらいぶさんしゃいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69422

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました