ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

異動などの事情により今までとは勤務へ移る

転勤を行う理由としては

  • 人事面の活性化
  • 1つの業務に長期間携わることによって発生する癒着や慢心の防止
  • 勤務人数のバランスを取る
の3つが主なものだが、時に島流しとも呼ばれる僻地への転勤など懲罰的な意味を込めた転勤も少なからずある。

国家公務員

キャリア

国家公務員の場合、個人単位で数年に一度全国レベルの転勤が発生するイメージを持たれているが、必ずしもそうではない。例えばいわゆるキャリア組である総合職(旧Ⅰ種)の場合、霞ヶ関の本省に入省した後、昇任等のタイミングで地方出先機関の幹部として異動するが、頻繁ではなく、基本的には本省内での人事異動が行われる(そもそも外務省など地方に出先を持たない省もある)。また、半沢直樹を始めとした経済系ドラマの影響から地方異動や出向を左遷と捉える趣があるが、どちらかといえば国家公務員の場合は出世の準備として地方機関のマネジメントを経験させる意味合いも強く、本省に戻った際にはそれなりのポストが用意されることが多い。

ノンキャリア

一般職(旧Ⅱ、Ⅲ種)では、本省の場合は稀に地方の中堅幹部に異動するがほとんど本省勤務。出先勤務の場合は、異動範囲は限られた管轄ブロック内など全国転勤にはならない。

自衛隊

一方で自衛隊のように非常に広範囲に頻繁な異動を繰り返す職種もある。

裁判官

裁判を司るある意味権力者として勤務することになるため、同じ場所に長くいることがよくないとされ、頻繁に全国転勤を繰り返す。家庭事情等で転勤が出来ないときは、基本が県内異動になる「簡易裁判所判事」(判事の一種だが一般の裁判官と異なり裁判所書記官や副検事等が試験を経て就任することが多い)に転官することもある。

このように公務員に頻繁に転勤があるわけではないものの、公務員の場合は癒着が発生することで賄賂のやり取りが発生しやすくなるため、必ずしも転勤を伴わずとも異動自体は頻繁に実施される。

関連記事

親記事

勤務 きんむ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「転勤」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「転勤」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4250

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました