ピクシブ百科事典

プリキュア道

ぷりきゅあどう

プリキュア道とは、富士山の山頂である。
目次[非表示]

プリキュアとして歩む、わたくし達の道は険しいわ!

人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し。

でも、その道の先には、この日本一の富士山があるの!

わたくし達にとって、これほどふさわしい場所があるかしら!

概要

主にスマイルプリキュアに登場する、青木れいかの私物である「」と書かれた掛け軸に関するイラストに付くタグ。

発端は第7話。
プリキュアとしての活動拠点として秘密基地の場所を探すこととなった際、れいかが提案したのは富士山の山頂だった。
唖然とする4人に対し、富士山頂の強風や寒さを物ともせず、凛として立ったれいかは「道」の掛け軸を広げ、上のように力説したのである。
しかしあかねからは「何言うてんのか全然わからん…」ともっともなツッコミを受け、やよいにも、「もう、れいかちゃんったら秘密基地ってものが全然分かってない!」と怒られた。
そもそも平均気温は氷点下以下、下手するとマイナス10度の日もある春の富士山頂という秘密基地にするには明らかに無理のある場所だったので、即却下となった。

結局、ふしぎ図書館が秘密基地に一番ふさわしいということで一件落着し、この掛け軸は図書館内に飾られることになった。メルヘンチックな洋風の内装なのでやよいから「少し浮いてる」と言われてしまうも、これはビーズで装飾することで解決(?)した。
ちなみに、れいかが秘密基地に持ち込んだのはこの掛け軸1本のみである。よほど大事なものなのだろうか。

ちなみに「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し」は徳川家康の名言である。

例のシーンといい、7話は迷シーンの宝庫である。
なお、この一件によってスマプリの聖地南極に続いて富士山山頂と言うこれまたハードルの高い場所が追加されてしまった。
なんで極地ばかりを選ぶんだ今回のプリキュアは。
しないとは思うが、防寒具も無しにこのような行為をすると寒いどころでは済まない事態になるので絶対にマネしてはいけない。

その後の「道」

第16話では直接この掛け軸は出てこなかったが、れいかの祖父・曾太郎が「道」の一文字を書いていた。また、この回はれいかの「道」に深くかかわる話であり、もはや「道」と言う漢字はれいかを象徴する漢字となっていた。

第21話では七夕の短冊にも「道」と1文字だけでかでかと書いていた。曰く「正しき道を行く」という願いごと(というか決意表明)が込められているらしい。また、この短冊をみんなに見せるときのポーズは明らかに7話で掛け軸を広げたときのそれであり、背景にしっかり富士山が浮かんでいる。

第39話ではシンデレラの世界でれいかが王子様の役を担当することになったのだが、その時に洋風のお城のダンスホールに「道」の額縁が飾られていた。

第43話では祖父・曾太郎がれいかに2つの違う書体の「道」を見せ、さらにはれいかの部屋に習字で「道」と書かれた半紙がたくさんあった。

最終回のエピローグでも、「道」と習字で書いていた。

後続作品ドキドキ!プリキュアの文化祭パートで、書道作品の展示がなされていたがそこには『道』に加えて『富士山』という二つの作品が展示されていた。
この作品を提供したのはひょっとして・・・・

生徒会長コンビ


派生ネタ

「道」という題材だけあって、猪木シグルイネタが派生してしまった…!!

元気ですか!!

アントニオ青木



婦利貴由亜(プリキュア)道は 死狂い也

キュアビューティが無明逆流れをしている画像ください



掛け軸の字がなんだか違うものも・・・

レイカさんラクガキ



ごもっともです

\シッタリ~ン/




関連イラスト

れいかちゃんの秘密基地
どうかしら?



関連タグ

スマイルプリキュア 青木れいか キュアビューティ
 天然 アホの子 公式が病気
アントニオ猪木 シグルイ 王者の風格

pixivに投稿された作品 pixivで「プリキュア道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405858

コメント