ピクシブ百科事典

ばあさん最強伝説

ばあさんさいきょうでんせつ

ばあさん最強伝説とは、スマイルプリキュア27話に起こった超展開である。魔法陣グルグルではない。
目次[非表示]

概要

スマイルプリキュア第27話で星空みゆきの祖母星空タエの家にウルフルンが登場。
しかしウルフルンはタエに、かわいい「狐」と勘違いされた挙句、腹を空かせていた事を見透かされ食事の用意までされようとしていた。
業を煮やしたウルフルンはいつものごとく闇の絵本と闇の黒い絵の具を取り出し、世界をバッドエンドにしようと絵の具を絵本に塗りたくる。
ところが、その時不思議な事が起こった

なんと、星空タエから全くバッドエナジーが発されなかったのだ!

この時ウルフルンは表面上は平静を保ちつつも、バッドエナジーの再回収を試みる。
その数、5回。しかし結果は同じだった。
なぜこんなことが…?
当人曰く、

「生きていれば、そういうこともある」
「天気が悪い日もある」
「ずっと真っ暗なんてことは無い」
「笑顔で生きていれば、いつかきっと幸せはやってくる」

ということらしい。

第1話で孫がバッドエナジーを吸われなかったのも、遺伝なのかは不明だが彼女の影響があると思われる。

結局、今回の話ではバッドエンドの時計は全く進まなかった…。
ウルフルンは一体何をしに来たんだろうか。

真面目な余談

ウルフルンは見るからにオオカミであるのに、星空女史が「かわいいきつねさん」と呼んだ理由に関しては、日本に元々棲んでいたオオカミであるニホンオオカミが絶滅しており、身近な野生のイヌ科動物として狐の姿が思い浮かんだからであろう。(星空女史は妖怪の伝承に詳しい為、妖狐の類と勘違いしたという可能性もあるが。)

プリキュアシリーズにおけるお婆様方

プリキュアシリーズに登場するお婆様は、「年長者としての胆力」「一般人離れした強い力を持つ存在」として扱われる事が非常に多い。

  • 雪城さなえ雪城ほのかの祖母。後に連なるお婆様方の元祖ともいえる存在。昔偶然カードコミューンを入手していたり不思議な力を発揮したりと後の花咲薫子と通じるところがある他、中の人ネタ的な意味でも最強おばあちゃん。
  • 花咲薫子キュアフラワー)…花咲つぼみの父方の祖母。学生時代に空手で全国制覇、「伝説のプリキュア」と称されプリキュア時の戦闘力は単独でデューンと相打ち等、本当に最強おばあちゃん。
  • 坂東いすず相田マナの母方の祖母。『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』に登場。すでに故人ではあるが、マナの性格は彼女からの隔世遺伝によるところが大きい。どう"最強"かは映画本編でご確認を…。
  • 円茉里円亜久里の祖母(厳密には養母)。素性のしれない赤子からいきなり10歳に成長し何の脈絡も無く「その子はキュアエースだ」と言われ託された亜久里を育てただけでなく、野点に乱入したグーラに注意したり、「絵を描いても意味がない」と言い放つレジーナに反論したり、とこちらもやはり最強。
  • 結希かの子朝日奈みらいの母方の祖母。本人は至って普通の多趣味なおばあちゃんだが、劇中魔法界絡みの出来事に出くわしても淡々と、かつ興味深く受け止める寛大さを見せている。この大らかな気質はと孫にも受け継がれた模様。
  • 琴爪しの琴爪ゆかりの祖母。茶道の先生という厳格そうな肩書きと裏腹に「心から楽しむこと」を念頭に置いている。劇中ではリオが点てたお茶から飲んでもないのにその心の闇を感じたり、孫娘の抱える生きづらさを実は正面から理解してたりと年長者ならではの立ち位置を存分に見せつけた。二次創作ではあのゆかりの血縁者として更なるスーパーおばあちゃんにされることも……。
  • 庵野たんぽぽ野乃はなの母方の祖母。商店街にて和菓子屋を営む小柄なおばあさん。ぎっくり腰が治った直後猛オシマイダーが暴れ店に被害が出そうになるや、咄嗟にヘラで砲弾を強烈に撃ち返して猛オシマイダーにダメージを与える超人ぶりを見せつけた。なおこの時キュアエールの横顔に孫娘の面影を見出しており、プリキュアの正体に気づいていたような節がある。

詳細は当人の項目も参照されたし。

ウルフルンのお仲間

  • ウエスターフレッシュプリキュアの登場人物。FUKOのゲージを上げることを目的にしているが、一度だけ全く集まらなかった(それどころか自分のFUKOでゲージを上げた)事がある。


関連タグ

スマイルプリキュア 星空タエ ウルフルン 星空みゆき  高性能ばあちゃん 公式が病気 どうしてこうなった

pixivに投稿された作品 pixivで「ばあさん最強伝説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25642

コメント