ピクシブ百科事典

白鳥百合子(プリキュア)

とろぷりのしらとりゆりこ

アニメ『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の登場人物。 ※同姓同名の実在人物がいるため、タグに(プリキュア)を付ける事を推奨する。
目次[非表示]

CV:福原綾香

概要

あおぞら中学校の生徒会長。ボブカットの黒髪で、クールで生真面目な性格。

トロピカル〜ジュ!プリキュア 「せつりつ会ぎ」!?



夏海まなつ達が設立したトロピカる部に対して概ね否定的である。
本作以前のプリキュアシリーズの生徒会長キャラが主人公たちに対して友好的であったのに対して、彼女はライバル的な存在として描かれている。

あす百合



トロピカる部と面会する時は笑顔も見せず機械的で冷たい印象がある百合子だが、第18話での全体朝礼や第24話でのテレビ撮影の時は、爽やかな笑顔でフランクな態度を見せていたので、公の場で他者に不快感を与えないような気遣いは心得たタイプと言える。

裏を返すとトロピカる部に対してのみ厳しいとも言えるが、これはトロピカる部の設立の過程から、あまり信用してないからである。また、部長が滝沢あすかであることも彼女の感情を逆なでしているようだ。詳しくは後述。

当初はいわゆる認められない系生徒会長というイメージで、お堅い印象があったが、第24話では「あおぞら中の良いところをアピールできる」と情報番組やクイズ番組への参加を決めるなど、生徒会長としてのモチベーションと愛校心が高い事がわかった。

そして、百合子はインテリであるだけでなく身体能力もかなり高い文武両道タイプであり、第24話ではあすかと拮抗する走力を見せた。第30話でテニス部を生徒会と両立させて夏まで続けていたことも判明した。

百合子の生徒会長としての評判は上々で、第30話で彼女の後任を決める生徒会選挙が行われた際、一条里香角田正美ローラ・ラメールの3名が立候補するも、彼女の腹心であり、百合子の路線を継承すると公約した一条里香が圧勝した。

第35話ではマーメイドアクアポットの誤作動で桜川先生とやる気が入れ替わった。

意外にも怖がりなようで、第38話では「合宿の夜、怖くて一人でトイレに行けなかった」事をあすかにバラされた。

あすかとの関係

初登場は本編第5話。まなつたちが提出した新部活創設(後日「トロピカる部」と命名)の申請を、「まなつが提出した申請書の内容が非常に抽象的すぎて、申請の体をなしていない」というまっとうな理由、及び「そもそも、これ以上部室の空きがない」という残念な現実から却下しようとした。
だが、たまたまその近くにいた滝沢あすかがその様子に見かねて「部室の空きがないのはその子のせいじゃない。生徒会が無能ってだけだろ!」と噛みついてきた。
当の百合子は売り言葉に買い言葉の勢いで「ずいぶんな物言いね。じゃあ、あなたが部室を用意できるというの?」と挑発したところ、あすかは「ああ、やってやろうじゃないか!」と衝動的に返答してしまい、あすかはこれから数日間まなつ達の部室探しの手伝いをするハメになる。
これがあすかがプリキュアへ覚醒するきっかけとなり、まなつに誘われてトロピカる部へ入部することになる(そして最上級生だからと部長にされてしまう)。

あすかと百合子の上記のやりとりからすると、この二人は以前からの知り合い同士だが、現在の仲は非常に険悪なことがよくわかる。
この第5話では二人が偶然すれ違う場面があるのだが、その時は互いに目も合わせない有り様だった。過去にあすかとの間で何かがあったことが示唆されている。

何だかいろんな可能性を秘めてるね…もふ
トロプリワンドロ 5話その2



第12話では、風紀委員によるトロピカる部への執拗な調査について生徒会が糸を引いているのではと踏んだあすかが百合子に直談判をした際、風紀委員の活動について自分達は一切関与していないし、風紀委員長の角田正美の行動は適切であると述べ、更に「あなたが部活の事で一生懸命になるなんてね。」とポツリと口にして、あすかが押し黙ってしまう描写があった。

第30話において、あすかとテニス部でかつてダブルスを組んでおり、地区大会の決勝まで進んだことがあるという過去が明かされた。何らかの原因で決裂したことが現在の不仲に繋がっているのだろう。

そして第31話にて、ついに2人の確執の原因となった過去が明らかになった。
重大なネタバレに付き後述。

トロピカる部との対立

あすかとの確執とは関係なく、何度かトロピカる部と対立している。まぁ、だいたい原因はトロピカる部にあるのだが…。

まなつ、却下の嵐をくらう

第5話で使われていない物置小屋を整理することで部室を確保したまなつ達。
翌6話で新しい部活の創設を百合子に対して再度申請しようとするのだが、下記のような流れで申請はことごとく却下された。

却下
知りたがり生徒会長百合子


  • ローラの「やりたい事全部やる部にすればいいんじゃない?」という提案に乗っかったまなつが「その方向で生徒会に書類出してくる!」とダッシュで申請しに行くも、「そんなあやふやなもの認められません」と当然ながら百合子に却下される(1回目)
  • 「せめてきちんと計画を立てればどうかな」とのみのりの発案で、それらの活動をことごとく網羅した綿密なスケジュールを組んで提出するが、スケジュール以前に「1つに絞ってください」とまたも却下(2回目)
  • さんご提案の「コスメ部」。部員全員文句なしで一つに絞れたと思いきや、「校内でのお化粧は校則により禁止」という事で、またまた却下(3回目)。百合子は埒がもう明かないとして、明日の放課後までに決まらなければ部活申請自体を却下すると期限を切る。

最終的にまなつの中で「わかった…わたし達の部活、何をやるかが!今、一番大事なことをやる部だよ!」というカジュアルな答えが出る。しかし、「『今、一番大事なことをやる』って…またそんなあやふやな」と予想通りの反応の百合子。だが、まなつの抽象的ながらも情熱的でひたむきな説得に加えて母校のOG達の懇願もあり、活動内容の報告の徹底および活動内容次第では取り消しもあり得るという条件付きで、止むを得ず申請を受理した。

そして『今、一番大事なことをやる』というこの部活は、まなつによってトロピカる部と命名された。

熱血バトル!トロピカる部VS生徒会

第24話にて、テレビの情報番組のコーナーであおぞら中学校が紹介されることになり、学校の紹介役として生徒会長の百合子が出演。
一方、そんな撮影とは無関係にトロピカる部が校舎に横断幕を張ろうとしていたのだが、それが突風で吹き飛ばされ校舎外で撮影中の百合子に激突。あおりで池に転落してしまって放送が中断してしまう。いわゆる放送事故というやつである。これは生放送だったので編集や撮り直しもできなかったのだ。
これには百合子も大激怒。トロピカる部に対し「今後の活動の禁止について生徒会で話し合わせてもらう」と言い渡す。当然、部長のあすかは横暴だと反論し、一触即発の緊迫した雰囲気に。

そこで情報番組のキャスター役を務めていた向井慧から、自分が司会をするクイズ番組での勝負を提案され、生徒会とトロピカる部は部の存続をかけた対決に臨むことになった。
ただし、百合子が怒った理由は個人的に恥をかかされたからではなく、「あおぞら中を紹介する機会が台無しになったから」であり、クイズ対決がトロピカる部の勝利に終わっても、「あおぞら中はいい学校」とまなつがアピールしてくれたため、呆れ顔ながら怒りの矛を収めるなど、私情よりあくまで学校を優先に考える公正な姿勢が垣間見えた。

ただ、事の発端のトロピカる部の横断幕に書かれていた「宿題が××な人!みんな集合!終わらせよう!」という文言(みのりとローラの説明によれば「『宿題が終わっていない』と大きな文字で見せられたらうんざりするだろうから、直接的な表現を避けた」との事)に対して、「宿題がチョメチョメな人!っていががわしい書き方!学校のモットーであるすこやかとはかけはなれているわ!」と言い放った謎の潔癖さには視聴者からは多くのツッコミが…。つか、中学生なのに山城新伍知ってるんですか。

またこの回においての彼女は、ヌメリーの操るヤラネーダ系列のゼッタイヤラネーダを目撃した学生の一人であった。結局は司会者達共々、やる気パワーを奪われてしまうが、その状況を観たあすかは、百合子から引き離すため、自ら「お~い!わたしはやる気満々だぞ~!!」と囮になって庇おうとする等、ある意味彼女に助けられたと言っても過言ではない。

OP映像にて

OP映像にも登場して、他の登場人物と一緒にダンスを披露している。
キャラ崩壊という意見もあるだろうが、本作のOP映像は敵組織の幹部を含めた登場人物のほとんどがダンスを披露する内容なので多少はね?

生徒会長さん
却下


放送当初視聴者からは「OP映像でこんなにフランクに踊っている生徒会長が悪い人な訳はない、きっといつかプリキュアにも協力してくれるよ」と言う希望があったが、前作の例もあるため、何とも言えなかった。

プリキュア加入への期待…?

他のモブキャラクターとは一線を明らかに画す力が入ったキャラクターデザインであることや、本作の主要人物であるあすかと浅からぬ因縁がありそうな雰囲気であること、そして生徒会会長というプリキュアシリーズでも要職といえるポジションであることから、非プリキュアキャラクターながらTwitterのトレンド入りするほどの注目を集めていた。
どういう注目のされ方だったのかはさておくとして

今週のトロプリらくがき
勝手に追加戦士
白鳥百合子 ~🦢~ キュアシグナス



第24話ではあすかに匹敵する走力を見せ身体能力の高さからも「プリキュアに覚醒して欲しい」との期待も高まっていた。

トロプリ24話
熱血バトル!



そして第31話であすかがキュアフラミンゴである事に百合子が気づいたと思われる描写がなされている。
百合子は一連の寝台列車でのトラブルを「あれは夢…。」と自分の心に留めているようだが…。

大丈夫か?








あすかとの関係・その過去






ネタバレ注意!





第31話にて、あすかはローラに重い口を開き自分と百合子の過去を打ち明けた。

あすかと百合子は小学生の頃から仲良しで、中学からテニス部に入部、ダブルスを組む程だった。

あんなに一緒だったのに…



しかし、地区大会の決勝の直前、ライバル校の選手2人組が控室に侵入、百合子のラケットニッパーで切ろうとしたところを目撃したあすかは激怒、2人の胸倉を掴むが、数人に目撃されてしまう。

ところがライバル校の生徒は「ロッカーを間違えただけ」と言い張り、逆にあすかに暴力を振るわれたと主張した。暴力事件としてこの事が公になれば、良くてテニス部の活動停止、最悪の場合は廃部になる恐れがあると、百合子はあすかと他のテニス部員に告げた上で苦渋の決断をする。

「暴力など振るっていない、止めただけだ」と主張するあすかに、百合子は「わたしがあなたを信じないわけないでしょ。でも、あなたの対応は決して正しかったとは言えない」と返し、「いつも言ってるでしょ。すぐにカッとなるからこんな事になるの!」とあすかを咎めた。

百合子とあすかのペア、相手選手2人組の双方が棄権する事でこの件を公にしないよう既に話を付けたと伝える百合子と、「そんなのおかしいだろ!」と抗議して、あくまで正しいのはこちらと主張すべきだと譲らないあすかとは、意見が対立。
だが、巻き添えで廃部になるのを恐れた他のテニス部員は誰一人あすかに賛同せず、結局、百合子の最終判断で、仲間のために試合の棄権が決定。
納得いかないあすかは「待ちなさい、あすか!」と引き留める百合子に背を向け、テニス部を去り、二度と戻る事は無かった。

これらの過去から百合子とあすかの確執が生まれる結果となった。

あすかの修学旅行





あすかとの関係・未来への兆し

第38話にて、休日にテニスの壁打ちをしていたあすかを見かけ、彼女のテニスに対する情熱がまだ失われていない事を知る。
そして後日、推薦の話が持ち上がっていたフェニックス学院にて体験入部させてもらっていたところ、学院を見学に来たトロピカる部一同と偶然遭遇し、あすかに推薦入学を賭けた勝負を持ちかける。コーチに、なぜテニスを辞めたあすかにそこまでこだわるのかと尋ねられた百合子は「前へ進むためです。もし負けたら推薦枠を譲る覚悟があります」と答えた。あの日以来止まってしまった二人の時間を動かすため、あすかとテニスで決着をつけねばならないと考えたのだ。

百合子が1ゲーム先取するが、エンジンのかかったあすかはすかさず2ゲーム取り返す。その最中にはなぜか「合宿の夜、百合子が怖くてトイレに行けず、付き添ってあげた」「あすかが財布を落として泣きべそをかいた」とラリーを交わしながら、暴露合戦をする二人。まあ、それだけ仲が良いコンビだったということなのだろう。

友情スマッシュ!



トロピカる部のおかげで仲間の大切さを思い出せたというあすかに、百合子は「わたしだって思ってた!あなたとずっとテニスしたかった!」と叫ぶ。これが百合子の本音だった。『仲間を守るために棄権する』と言ったのも、誰よりもあすかに傷がつかないようにする為。この試合さえ棄権すれば、あすかとテニスを続けられると考えての苦渋の決断だったのだが、あすかからすれば、何一つ悪い事をしていない百合子が棄権という罰を受ける事が我慢ならなかった。どちらが正しかったかなどわからない。しかしお互いを思うが故に、あすかも百合子も主張を譲らず、決裂してしまったのだった。

思いを込めた友情スマッシュ!



その時、市街地の空が闇に覆われ、超ゼッタイヤラネーダが現われたと気付いたまなつ達が迎撃に向かった後、百合子はあすかに「あれと似た空を見たわ、修学旅行の時に。そして…彼女が現われた。夢じゃなかったのね…あの子、あなたなんでしょ?」と問い掛ける。その謎の少女=キュアフラミンゴがあすかだと気付いていたのだ。それに答えず、ラケットを置いてまなつ達の後を追おうとするあすかを、「待って!試合を続けなさい!そうすれば…あなたが推薦候補にだって!」と百合子は引き留めた。おそらく本気で戦ってもあすかが勝利すると予想し、自分なら一般入試でもフェニックス学院に合格できると踏んだ上で、喜んであすかに推薦枠を譲るつもりでいたのであろう。しかしあすかは「悪い。でも今はこの試合より…仲間が大切だから」と背を向けて走り去っていった。

1人コートに取り残された百合子…。

しかし推薦入学が決まった百合子に、あすかは「そっちと違って、推薦で高校行けないからな」と受験勉強を本格開始する事を告げる。百合子の温情は嬉しかったが、あすかは自力でフェニックス学院に挑戦する道を選んだのだ。百合子はそんなあすかの背中を微笑みながら見送り、あすかも心の中で「待ってろよ」と百合子に答えた。二人の時計の針は、再び動き出したのだった。

翌第39話冒頭にはあすかと2人でテニスの練習に勤しむ姿があり、二人の和解が果たされたことを印象づけた。

そして第42話、トロピカ卒業フェスティバルの大道具作りで汗を流すあすかに、百合子がタオルを差し出し、「春からはフェニックス学院のテニス部で頑張りましょう。改めておめでとう」と祝福を述べる。あすかも無事、フェニックス学院に合格したらしい。

テニス部や生徒会の送別イベントに触れた後、百合子は「それから…ありがとう。素敵なイベントを企画してくれて。トロピカる部…最初は問題ありって思ってたけど、わたしの見る目がなかったみたい。今、卒業フェスティバルをあおぞら中のみんなが楽しみにしている。こんなにわくわくする気持ちになったのは久しぶり」と、頬を紅潮させてトロピカる部への感謝とトロフェスへの期待を口にした。

そういう気分を「トロピカる」っていうんだ byあすか先輩


「そういう気分を『トロピカる』って言うんだ」とのあすかの説明に、「そう、これが…」と納得した様子の百合子。さらに通りかかったまなつに「トロフェス、目一杯トロピカってくださいね~!」と声をかけられ、「ええ、トロピカるわ!」と返事する百合子の笑顔を見て、あすかも嬉しそうな顔になった。生徒会長やテニス部部長の激務と重責、そしてあすかとの冷戦によって自分を押し殺してきた彼女の、これがきっと本来の笑顔なのだろう。
春からはフェニックス学院にて、二人は必ずや大きく羽ばたいてゆくに違いない。

第45話では、愚者の棺によって世界中が天変地異に見舞われ、やる気パワーを奪われた生徒達が倒れる中、「皆さん、落ち着いてください!まずは倒れた生徒を校舎内へ!」と動ける生徒の陣頭指揮を取りながら、「大丈夫、きっとあすか達が…」と呟いていた。

プリキュア達の活躍で天変地異が去った後、トロフェスの準備をするあすかに声を掛け、「ねぇ、あすか……あすか達が世界を救ってくれたの?」と尋ねた。薄々感づいてはいたものの、はっきりとあすかの口から答えを聞きたかったのだろうが、あすかは「はっ?…そんなわけないだろ」と、とぼけて誤魔化した。「ふーん…」となおも疑わしげな視線を向けるも、仲川詩織から「滝沢先輩のお父さんが『明日は絶対晴れにする』と言い張って揉めている」と聞かされたあすかが飛んで行ってしまい、百合子の疑問はうやむやのままに終わった。

結局、本作でプリキュアの正体に多少なりとも気づいたのは彼女一人に終わっている。

最終回では声の出番はなかったが、テニスコートで引退試合を行っており、その後はトロピカる部の演劇『トロピカる物語』を見物していた。
さらにエンディングパートでは進学したあすかと百合子の姿も描かれるが、テニス部のコーチに食ってかかるあすかを、百合子が羽交い絞めで必死に制止するというものだった。

これからも前途多難かもしれないが、二人の高校生活に幸あれ。

声優について

演じる福原綾香氏は、前作『ヒーリングっど♥プリキュア』の樹サクヤ役に続くプリキュアシリーズ出演。

タグに関する注意

タグをつける際は単に「白鳥百合子」だと、『仮面ライダー電王』でハナ役を演じた同姓同名の実在人物と混同するため、プリキュアの方はこちらのタグを使う方が望ましい。

関連イラスト

プリキュア化

トロピカルチェンジ!
白鳥の大変身☆キュアスワンあらわる!!


結局本編では百合子はプリキュアにはならなかったが、二次創作イラストで「もし白鳥百合子がプリキュア化したら…?」が描かれている。

関連タグ

トロピカル〜ジュ!プリキュア あおぞら中学校
生徒会長 ボブカット クールビューティー
滝沢あすか赤と青あすゆり
夏海まなつ:彼女の却下の嵐をくらった被害者。情が厚いあすか同様、カジュアルロマンティストなまなつも百合子とは何から何まで真逆。しかし、属性が微妙に近かった…。

関連人物

プリキュア内

ユリコ初代作に登場する同名のキャラクター(名字不明)。

秋元こまち秋元まどかダークプリキュアジェロス:プリキュアシリーズのボブカット女子キャラクター繋がり。なお、ダークプリキュアには中の人的守銭奴のボブカット女子キャラクターがもう一人存在する。

キュアスワンに変身した白鳥百合子ちゃん



水無月かれんキュアアクア明堂院いつきキュアサンシャイン青木れいかキュアビューティ相田マナキュアハート海藤みなみキュアマーメイド香久矢まどかキュアセレーネ:プリキュアシリーズの生徒会長繋がり。ただし、下記の「認められない系生徒会長」とは異なり、周囲からリスペクトされる寛容且つ公正無私な生徒会長。特にいつきはプリキュアに覚醒するまでは準レギュラー扱いで、みなみはキャラクターデザインも共通している。

月影ゆりキュアムーンライト:ストーリー当初は他人(プリキュアも含む)と距離を取っていたクールキャラ繋がり。

高岸あずさプリキュアである女子中学生と対立した非プリキュアの女子中学生繋がり。

北条響キュアメロディ南野奏キュアリズムひびかな):ストーリー当初はケンカップル状態が続いていたコンビ繋がり。

姫ノ城桜子二年前の作品に登場する、生徒会長の座を前任者から受け継いだ非プリキュアの生徒会長繋がり。
香久矢冬貴:上記の前生徒会長の父親で政府の高官。百合子の立ち位置は彼に近い。

認められない系生徒会長学校の許可ァ?認められないわァ:百合子はこれらのプリキュア版とも言える。

プリキュア外

ミョウコウ:『蒼き鋼のアルペジオ』に登場する中の人&海&生徒会繫がりのキャラクター。こちらの役職は副会長。

津村斗貴子:『武装錬金』に登場するヒロイン。セーラー服、ボブカット、クールビューティーとよく似ている。彼女は戦うヒロインである。

鳥嶋和彦Dr.マシリト):『Dr.スランプ』に登場する悪のマッドサイエンティスト。「却下」ならぬ「ボツ」の嵐を浴びせてくる。

キュアライブ!

絢瀬絵里黒澤ダイヤ中川菜々優木せつ菜三船栞子葉月恋某学園アイドル活動の歴代生徒会長たち。上記の「認められない系生徒会長」は彼女たちが由来である。

ラブライブ!におけるミトメラレナイ生徒会長の歴史

関連記事

親記事

あおぞら中学校 あおぞらちゅうがっこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「白鳥百合子(プリキュア)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「白鳥百合子(プリキュア)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1312407

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました