2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

キラメイて唄えば

きらめいてうたえば

「キラメイて唄えば」は、アプリゲーム『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』のイベントクエストのひとつである。
目次[非表示]

概要

シンフォギアコラボイベント第9弾。2021年1月31日スタート。
コラボ先は2021年放送開始をする(※現在は放送終了)『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作目を迎える人気特撮『スーパー戦隊シリーズ』の現行作品となる『魔進戦隊キラメイジャー』である。
過去の特撮コラボイベントでは特撮映画特撮を元にしたアニメなど、過去に放送や公開が終わった作品とのコラボだったが、今回は初のイベント開催中も現行の番組であるキラメイジャーとのコラボとなる。


あらすじ

ある日、変な怪人軍団に襲われる夢を見てしまった装者達。
なぜそんな夢を見てしまったのか不思議がる中、夢の中で見た謎の怪人軍団が突如現実に現れ襲われる。
応戦したものの、攻撃が効かず、苦戦を強いられる装者たち!だが、絶体絶命の危機と思われたその時、キラめきと共に5人の戦士が舞い降りた!!


主要人物

シンフォギア装者



魔進戦隊キラメイジャー

変身状態で「シンフォギア」の世界に迷い込んだ面々。
序盤でミュージック邪面に受けた攻撃により弱体化させられた挙句、キラメイチェンジャーの機能を阻害された事から、下手に変身を解いた場合、再変身できる保証がなかった為、あえて変身解除せず事件解決に当たっている(別ゲームのスパクロでのジュウレンジャーゴーカイジャーDDゼンカイジャー参戦と同じ扱い)。

クリスと共に行動し、持ち前の絵で状況を打開する一手を次々に生み出す。なお、唯一素性(高校生)を話していなかったため、装者たちには著名な画家なのではと思われている。
響と共に行動し、人助けのために迷わず敵に向かっていく彼女に、充瑠に似たリーダーの資質を見出す。また、近接格闘特化ゆえに射撃が苦手な彼女に実戦を通してエイミングのやり方を教えている。
切歌と共に行動し、走力に特化したギアの性能に振り回される彼女に正しいランニングフォームを教授する。
翼と共に行動し、同じ剣士として技を伝授している。なお、本編で発した迷台詞「変だよね」を筆頭に、仲間たちからはイジられている。
調と共に行動する中、医師として人命救助にあたる。


キラメイ魔進

キラメイストーンの状態で各自の相棒に同行しているが、序盤にてミュージック邪面により魔進形態を封じられてしまう。
終盤にキラメイジンに魔進合体しステージシェルガとの決戦に臨む。


ヨドンヘイム

ヨドンヘイムの戦闘員。

ヨドンヘイムの邪面師(怪人)。本編で倒された個体が復活を果たしたもの。
ヨドンヘイムの邪面獣(巨大戦力)。
ミュージック邪面が倒されたため闇保険が適用され送り込まれた。
ヨドンヘイムの幹部。ステージシェルガを介して音声を届ける形で登場。
  • シンヨドミヒメ
ミュージック邪面が用意した新たなヨドミヒメ

キラメイ魔進ギア

キラメイジャーを弱体化させるミュージック邪面に対抗すべく、充瑠がお得意のひらめキーング!により生み出した本イベント登場のオリジナルギア。
通常時はキラメイスーツを模した姿で、必殺技発動時にはアームドギアがキラメイ魔進を模した姿に変形する。
なお、レッドのポジションであるクリスのみ、演出で他の4つのキラメイストーンを取り込んでキラメイジンを模した姿になる(なお、決戦時ギアが巨大ロボの姿になるケースは一応前例がある)。
ただし、ストーリーではキラメイレッドのひらめキーング!によりキラメイジンを模した姿になるが前例と違って巨大化はせず、またクリスの基本武器が銃なのに対してこちらの必殺武器は剣を使った技となっている
なお、剣を使った技の前例は響もいたが第1期最終話で使った響、翼、クリスの3人が使った合体技を使っているためこの前例ケースはあながち間違っていない。

余談


センシティブな作品


  • 今回のイベントが始まった、2021年1月31日はキラメイジャー本編第41話の放送日であり本編で最終決戦序章と思える重要なターニングポイント回である


関連項目

戦姫絶唱シンフォギアXD 戦姫絶唱シンフォギア
戦姫絶唱シンフォギアXDコラボイベント一覧
魔進戦隊キラメイジャー

戦姫戦隊シンフォギア:このタグのまさかの公式版である

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67116

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました