ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マスターオブスキル

ますたーおぶすきる

「マスターオブスキル」とは、中国の小説家である「胡蝶藍」のeスポーツを題材としたライトノベル作品。
目次 [非表示]

概要

「マスターオブスキル」とは、中国の小説家である「胡蝶藍」のeスポーツを題材としたライトノベル作品。

2011年2月~2014年4月まで、中国のオンライン小説サイト「起点中文網」で連載された。


2012年より書籍化、2016年よりコレクターズエディションを刊行。

2015年より常盘勇者作画で漫画化、2020年よりTAKU作画で縦読みフルカラー版がbilibili漫画で連載開始。

2017年にアニメ第一季がテンセント・bilibiliで配信、2018年に特別版が配信、2020年にアニメ第二季が配信。2019年に本編の前日譚にあたるエピソードが劇場版公開された。

2019年にドラマがテンセントで配信された。

2019年から猫耳FMにてラジオドラマ化。



あらすじ

大人気の対戦オンラインゲーム「グローリー(簡:荣耀、英:Glory)」のトッププロゲーマー・葉修

葉修は突如所属クラブから解雇され、付近のeスポーツカフェ・興欣(シンシン)に入り、その日オープンのグローリー新サーバー・第十区でレベル1から再スタートする。



日本での展開

2015年12月より、リブレ出版から山中美穂翻訳、小禄・Chaldeeイラストにより翻訳版小説が刊行。2016年4月に4巻が発売された。

2022年8月より、KADOKAWAから光吉さくら翻訳、ゆき哉イラストにより翻訳版電子書籍が刊行。

全職高手1全職高手2

2023年7月に劇場版が「マスターオブスキル For the GLORY」の邦題で吹替版が公開された。

ドラマ版はNetflixで字幕版が配信されている。(2023年11月時点)

縦読みフルカラー版の漫画が「追放されたゲーマーは最強武器で無双する」のタイトルでピッコマで連載中。固有名詞は全てローカライズされている。



登場人物

マスターオブスキルに登場するキャラクター一覧を参照。



オンラインゲーム「グローリー」

概要

2013年冬にサービス開始の人気ゲーム。

毎年サーバーが追加されており、物語開始時点(2022年12月)で第10サーバー(通称:第十区)まで稼働。

同じIDカードで複数のサーバーにログインすることはできない。

ログインにはIDカードと専用のログイン機械が必要なため、IDの授受には直接会う必要がある。


また、サーバーの垣根を越えた上級者向けの空間・「神の領域」がある。



職業

レベル20で転職ができるようになる。

職業を選んでいない人は「自由人(簡:散人、英:Unspecialized)」と呼ばれる。

自由人は通常サーバーではレベル50までしかレベリングができない。


  • 法師系(簡:魔法师系、英:Mage)

・戦闘魔導師(簡:战斗法师、英:Battle Mage)

・元素法師(簡:元素法师、英:Elementalist)

・科学魔導師(簡:魔道学者、英:Witch)

・召喚マスター(簡:召唤师、英:Summoner)


  • 剣士系(簡:剑士系、英:Swordsman)

・剣客(簡:剑客、英:Blade Master)

・狂剣士(簡:狂剑士、英:Berserker)

・鬼剣士(簡:鬼剑士、英:Ghostblade)

 習得するスキルの傾向により、攻撃力重視の「斬鬼」と支援重視の「陣鬼」の二つに大きく分類される。

・魔剣士(簡:魔剑士、英:Spellblade)


  • スナイパー系(簡:枪手系、英:Gunner)

・機械技師(簡:机械师、英:Mechanic)

・弾薬マスター(簡:弹药专家、英:Spitfire)

・神スナイパー(簡:神枪手、英:Sharpshooter)

・大砲屋(簡:枪炮师、英:Launcher)


  • 格闘系(簡:格斗系、英:Fighter)

・気功師(簡:气功师、英:Qi Master)

・暴れん坊(簡:流氓、英:Brawler)

・拳法家(英:Striker)

・柔道家(簡:柔道、英:Grappler)


  • 暗夜系(英:Night Walker)

・術士(簡:术士、英:Warlock)

・忍者(英:Ninja)

・刺客(英:Assassin)

・盗賊(簡:盗贼、英:Thief)


  • 聖職者系(簡:圣职系、英:Priest)

・牧師(簡:牧师、英:Cleric)

・守護使者(簡:守护天使、英:Paladin)

・騎士(簡:骑士、英:Knight)

・祓魔師(簡:驱魔师、英:Exorcist)


剣客と神スナイパーがゲーム内の二大人気職業。

また、上記の職業の他にも生活系の職業として、コックや薬剤師が存在する。



装備

レアリティが高い順に、オレンジ・紫・青・緑・白、加えて自作装備の「銀」の六種類がある。

GLORYでは「自作の装備が最強であるとは限らない。だが最強の装備は絶対に自作のもの」と言われている。

プロのクラブには自作の装備の研究をする専門のチームが存在する。



クラブ・ギルド

概要

プロリーグには20のクラブが登録されており、毎シーズン下位2チームが転落する。

空いた2枠には、連盟に承認された新チーム、もしくはチャレンジリーグの勝利チームが参入する。

試合形式は個人戦・勝ち抜き戦・団体戦で行われる。


プロチームはゲームの各サーバーに直営ギルドを置いており、ギルドマスターらギルド運営に関わるプレイヤーと雇用契約を結んでいるクラブも多い。

ギルドはプロチームが自作武器の作成に必要な材料を集めるなどの役割を持っている。

これらのギルドの精鋭アカウントは複数人によって運用され、24時間稼働しており、各サーバーでトップクラスのレベルを維持している。

また、プロチームの後ろ盾を持たないギルドも存在する。


プロリーグは非常に人気があり、スター選手は広告やイメージキャラクターの仕事を担当することも多い。

公認の指導者は二人しか存在しないため、クラブではキャプテンをはじめとした先輩が後輩に指導する。



主なクラブ・ギルド

リーダー・副リーダーは物語開始時点のもの。(興欣を除く)


興欣(読み:シンシン/こうしん、簡:兴欣、英:Happy)

葉修が新たに設立したクラブ。

リーダー葉修
拠点H市

  • ギルド・興欣


嘉世(読み:ジャーシー/かせい、英:Excellent Era)

第1から第3シーズンまで三連覇した老舗クラブ。

第5シーズンからは低迷を続けている。

霸図は宿敵。

リーダー葉修→孫翔
副リーダー劉皓
拠点H市

  • ギルド・嘉王朝(読み:かおうちょう、英:Excellent Dynasty)

霸気雄図を天敵としている。

メンバーには葉秋(葉修)の熱狂的なファンが多く、戦闘魔導師のプレイヤーが多い。



霸図(読み:バートゥ/はと、簡:霸图、英:Tyranny)

プロリーグ創設期からの老舗クラブ。

第4シーズン優勝。

嘉世は宿敵。

リーダー韓文清
副リーダー張新傑
拠点Q市

  • ギルド・霸気雄図(読み:はきゆうと、英:Tyrannical Ambition)

嘉王朝を天敵としている。

優れた牧師が多い。



藍雨(読み:ランユー/らんう、簡:蓝雨、英:Blue Rain)

第6シーズン優勝の強豪クラブ。

エースはチームリーダーを兼ねる場合が多いが、藍雨はエースとリーダーが異なる。

微草はライバル。

リーダー喻文州
副リーダー黄少天
拠点G市

  • ギルド・藍渓閣(読み:らんけいかく、簡:藍溪閣、英:Blue Brook Guild)

中草堂をライバル視しているが、嘉王朝と霸気雄図ほど険悪ではない。

剣客のプレイヤーが多い。



微草(読み:ウェイツァオ/びそう、英:Tiny Herb)

第5・第7シーズン優勝の名門クラブ。

藍雨はライバル。

リーダー王傑希
拠点B市

  • ギルド名・中草堂(読み:ちゅうそうどう、英:Herb Garden)

藍溪閣をライバル視しているが、嘉王朝と霸気雄図ほど険悪ではない。

メンバーの名前は、中国の薬の名前が多い。



輪回(読み:ルンフイ、簡:轮回、英:Samsara)

周沢楷の登場により人気・実力が急上昇しているクラブ。

リーダー周沢楷
拠点S市

  • ギルド・輪回


関連動画

アニメ本編

第一季一話

第一季二話

第二季一話


日本語吹き替え劇場版

特報

本予告

吹き替え版主題歌特別映像

本予告



外部リンク

中国語版

WeTV(第二季のみ。日本語字幕あり)

アニメ公式weibo

劇場版公式weibo

ドラマ公式weibo

ラジオドラマ公式weibo



日本語版

KADOKAWA版小説公式サイト

リブレ版小説公式サイト

劇場版公式サイト

劇場版公式Twitter



表記ゆれ

全职高手 全職高手

関連記事

親記事

ライトノベル らいとのべる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339553

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました