ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

THEiDOLM@STER

あいどるますたー

本記事では、2005年からナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)よりゲームなどが展開されている『アイドルマスター』シリーズのシリーズ全体について記述する。
目次 [非表示]
  • 1 曖昧さ回避
  • 2 概要
  • 2.1 表記・読み方について
  • 3 内容
  • 4 シリーズ作品一覧
  • 4.1 アイドルマスター
  • 4.1.1 登場アイドル
  • 4.1.2 ゲーム
  • 4.1.3 アニメ
  • 4.1.4 コミカライズ
  • 4.1.5 ラジオ
  • 4.2 アイドルマスターディアリースターズ
  • 4.2.1 登場アイドル
  • 4.2.2 ゲーム
  • 4.2.3 コミカライズ
  • 4.3 アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 4.3.1 登場アイドル
  • 4.3.2 ゲーム
  • 4.3.3 アニメ
  • 4.3.4 コミカライズ
  • 4.3.5 ラジオ
  • 4.4 アイドルマスターミリオンライブ!
  • 4.4.1 登場アイドル
  • 4.4.2 ゲーム
  • 4.4.3 アニメ
  • 4.4.4 コミカライズ
  • 4.4.5 ラジオ
  • 4.5 アイドルマスターSideM
  • 4.5.1 登場アイドル
  • 4.5.2 ゲーム
  • 4.5.3 アニメ
  • 4.5.4 コミカライズ
  • 4.5.5 ラジオ
  • 4.6 アイドルマスターシャイニーカラーズ
  • 4.6.1 登場アイドル
  • 4.6.2 ゲーム
  • 4.6.3 アニメ
  • 4.6.4 コミカライズ
  • 4.6.5 ラジオ
  • 4.7 学園アイドルマスター
  • 4.7.1 登場アイドル
  • 4.7.2 ゲーム
  • 4.7.3 コミカライズ
  • 5 その他
  • 5.1 961プロ
  • 5.1.1 登場アイドル
  • 5.1.2 登場作品
  • 5.1.3 コミカライズ
  • 5.2 アイドルマスタープロデューサーグリーティングキット
  • 5.3 アイドルマスターポップリンクス
  • 5.4 アイドルマスターツアーズ
  • 5.5 アイドルマスターXENOGLOSSIA
  • 5.6 THEIDOLM@STER.KR
  • 5.7 vα-liv
  • 6 用語としての『THE IDOLM@STER』/『アイドルマスター』
  • 6.1 主題歌
  • 6.2 プロデューサーランク
  • 6.3 操縦者
  • 7 関連タグ
  • 7.1 略称/別表記
  • 7.2 楽曲
  • 7.3 ユニット
  • 7.4 衣装
  • 7.5 出演者
  • 7.6 公式ネタ
  • 7.6.1 設定
  • 7.6.2 その他
  • 7.7 二次創作
  • 7.8 グループ・ユニットタグ
  • 7.9 クロスオーバー・コラボレーション
  • 7.10 users入り
  • 8 外部リンク
  • 曖昧さ回避編集

    • シリーズ全体について

    →本記事を参照。


    • シリーズ内のブランドの一つ『アイドルマスター』(無印)、あるいはその原点となった2005年~のアーケード版ゲームまたは2007年~のXbox360版ゲームについて

    アイドルマスターを参照。


    • テーマ曲である楽曲『THE IDOLM@STER』について

    THEIDOLM@STER(楽曲)を参照。


    • 2011年放映のアニメ『THE IDOLM@STER』について

    THEiDOLM@STER(アニメ)を参照。


    概要編集

    バンダイナムコエンターテインメント(旧ナムコ)から発売・展開されているアイドル育成シミュレーションゲーム、およびメディアミックスのシリーズ。正式表記は「THE IDOLM@STER」または「アイドルマスター」。「アイマス」という略称が広く用いられる。


    2005年7月26日に第1作であるアーケード版ゲームが稼働を開始して以降、2023年7月時点で18年以上に渡って展開が続いており、ゲームをはじめアニメ、CD、ライブなど様々なメディアで公式供給がなされている。

    現在では「ブランド」と呼ばれる多数の派生作品が登場し、それらの作品の中でも上述のメディアミックス展開が行われている。派生作品の増加に伴い、2024年3月現在でいずれかのゲームでプロデュース可能な登場アイドルの総数は330人以上、登場したオリジナル楽曲の総数は1600曲以上にも及ぶまでになった。


    表記・読み方について編集

    シリーズ名・楽曲名など全ての種別において、読み方は「THE IDOLM@STER」で「アイドルマスター」と読み、"THE"は読まない


    アイドルマスターシリーズでは『THE IDOLM@STER』の他に、楽曲名の『M@STERPIECE』、CD名の『ST@RTING LINE』、ライブイベント名の『M@GICAL WONDERLAND TOUR!!!』、ゲーム内イベント名の『R@ise a Good Sign!』などのように、タイトルの中でしばしば「A」「a」の字が「@」に置き換えられる慣習があり、また「@」の記号がシリーズ全体の象徴として用いられている節もある。

    これは、アーケード版においてプレイヤーの携帯電話のメールアドレスを関連づけると、プロデュース中のアイドルからのメールが登録されたメールアドレスに届くというシステム「メール☆プリーズ」に由来するもので、その名残で現在でも多くのコンシューマー版ゲームや『ミリオンライブ! シアターデイズ』にはアイドルからのメールやブログをゲーム内で閲覧できるシステムがある。


    なお、必ず「A」が「@」に置き換わるわけではなく、例として『シンデレラガールズ』の英語表記は「CINDERELLA GIRLS」である。入力が面倒なため、正式表記を必要としない場面ではカタカナ表記の『アイドルマスター』か、公式略称でもある『アイマス』が用いられることが多い。


    また、タイトルロゴは「iDOLM@STER」と「i」が小文字のようにデザインされているが、活字で表記する時は上記のように「IDOLM@STER」と大文字にするのが正式とされている。


    (pixiv百科事典では2023年現在、一度付けたタイトルが原則として修正できず、更に小文字と大文字の差異は同一記事扱いとなり「THEIDOLM@STER」で新規記事を作成できないなどの理由により、スペースを含まなくiが小文字である誤表記のままとなっている)


    内容編集

    概ねほぼ全てのゲームにおいて、プレイヤーは芸能事務所の「プロデューサー」(P)となり、担当アイドル達をトップアイドルへと導くという趣旨の内容となっている。


    いわゆるギャルゲーの分類に入る本作であるが、今までのギャルゲーは学園生活の恋愛シミュレーションで「学生同士の恋愛」が大部分であり、アイドルとPという「大人と子供」「仕事の同僚」という立ち位置の女の子という設定は斬新なものであった。

    育成ゲームという観点から見ても、「牧場物語」(家畜など)や「ダービースタリオン」(競走馬)などの既存作品と異なり「アイドル」を育成対象としたことでオリジナリティを獲得した。


    楽曲についても、他作品における「キャラソン」のような作風ではなく、実際にそのアイドルがいる世界線で歌唱しているような楽曲を志向しており、評価は高い。

    ゲーム性としても「育成」「恋愛」「音ゲー」の3つのジャンルをミックスさせた性質であることが多く、その独自性から多くのファンを獲得した。


    アイドルのキャラクターの幅も広く、小学生(9歳~)から大人(~32歳)の男女という幅広い年齢層が多くのユーザーを獲得するきっかけになっている。特に小学生キャラは色々な意味で合法的に擬似恋愛シミュレーションが行えるとしてロリコン層の需要も満たしている。


    近年では『SideM』のようにPの性別をあえて固定しない作品もあるなど、Pとアイドルの関係について恋愛関係というよりは信頼関係に重きを置く作風となることが多いが、一方で例としてゲーム『ミリオンライブ! シアターデイズ』では明らかにデートとしか思えないシチュエーションのカードが次々と登場する「セカンドヘアスタイルガシャ プライベートドレス編」が2022年以降展開されているなど、ギャルゲーとしての要素も今なお受け継がれている。


    2024年現在、後述のブランドのうち『アイドルマスター』(無印)及び『シンデレラガールズ』『ミリオンライブ!』『SideM』『シャイニーカラーズ』『学園』の6ブランドが、公式から主要ブランドとしての扱いを受けている。


    シリーズ作品一覧編集

    アイドルマスター編集

    シリーズの原点となるブランド。プレイヤーは765プロの新人プロデューサーとなり、アイドルと二人三脚でアイドル界トップを目指す。

    アーケード版稼働以降現在に至るまで公式展開は続いており、その歴史は上述のアーケード版開始以降から数えて18年以上、2002年9月の情報初出から数えると20年以上にも及ぶ。

    現在では、本作に登場する主要な13人のアイドルを「765PRO ALLSTARS」(通称:765AS)と呼ぶ。なお、後述の『ミリオンライブ!』ブランドにも13人全員が登場している。

    シリーズとしてのテーマカラーは。ロゴはAMCGエンジェル

    登場アイドル編集

    ゲーム編集

    アニメ編集

    コミカライズ編集

    ラジオ編集


    アイドルマスターディアリースターズ編集

    派生作品第1作目。2009年に発売されたニンテンドーDS専用ゲーム。

    876プロを舞台に3人のアイドルの活躍と成長を描く。本作はP視点ではなくアイドル視点で活動するという、他の作品とは異なった仕様になっている。

    登場アイドル編集

    ゲーム編集

    コミカライズ編集

    • アイドルマスター SplashRed for ディアリースターズ
    • アイドルマスター InnocentBlue for ディアリースターズ
    • アイドルマスター NeueGreen for ディアリースターズ

    アイドルマスターシンデレラガールズ編集

    2011年にモバゲーでサービスを開始したソーシャルゲームを発祥とするブランド。新規登場アイドルは190人(海外版除く)というシリーズでもダントツの大所帯。モバゲー版のみ765ASやディアリースターズの面々も登場し、総勢は200人以上にも及ぶ。

    モバゲー版は「プレイヤー達が好みのアイドルで自由に芸能事務所を作る」というコンセプトのため、事務所(プロダクション)はプレイヤー同士で結成するシステム上の集団(いわゆるギルドクランに相当)となっており、特定の事務所が舞台設定として用意されていない。

    アニメ版の一つや『スターライトステージ』では346プロという事務所が舞台となる。

    シリーズとしてのテーマカラーは。ロゴはアニメに登場したハート型のペガサスマーク。

    登場アイドル編集

    スターライトステージ』に登場の新規アイドルは190名。

    人数が多いためアイドルマスターシンデレラガールズを参照。

    ゲーム編集

    アニメ編集

    コミカライズ編集

    ラジオ編集


    アイドルマスターミリオンライブ!編集

    2013年にGREEでサービスを開始したソーシャルゲームを発祥とするブランド。プレイヤーはプロデューサーとして、765プロが始めた新たな展開である専用ライブ施設「765プロライブ劇場」を舞台に新人アイドル達をトップアイドルに導く。登場アイドルは新アイドル「MILLIONSTARS」の39人に従来の765ASの13人を加えた総勢52人。楽曲数は400曲以上を数え全ブランドで最多である(2024年1月現在)。

    シリーズとしてのテーマカラーは黄色。ロゴはMと蝶を組み合わせたパピヨンマーク。

    登場アイドル編集

    プロデュースできる新規アイドルは39人、既存アイドルを含めると52人。

    人数が多いためアイドルマスターミリオンライブ!を参照。

    ゲーム編集

    アニメ編集

    コミカライズ編集

    ラジオ編集


    アイドルマスターSideM編集

    2014年にモバゲーでサービスを開始したソーシャルゲームを発祥とするブランド。女性アイドルを主体とするシリーズの中で、登場アイドルが全員男性アイドルであることが特徴。

    プレイヤーは315プロの新人プロデューサーとなり次々登場する元医者、フリーター、自衛官といった社会人や学生などの個性豊かで理由(ワケ)ありな男性アイドルの卵たち、総勢49人をプロデュース。営業やレッスン、ライブなどのお仕事を通してアイドルを育て、トップアイドルを目指す。

    シリーズとしてのテーマカラーは。ロゴは鷹をモチーフにしたMマーク。

    登場アイドル編集

    プロデュースできるアイドルは新規と他事務所からの移籍を合わせて現在49人。

    人数が多いため315プロを参照。

    ゲーム編集

    アニメ編集

    コミカライズ編集

    ラジオ編集


    アイドルマスターシャイニーカラーズ編集

    2018年にenzaで配信を開始したスマートフォン向けブラウザゲームを発祥とするブランド。

    プレイヤーは新たな事務所283プロの新人プロデューサーとなり、そこに所属するアイドルたちをプロデュースする。2023年7月時点では28名のアイドルをプロデュースできる。

    本作はこれまでのシリーズ以上に対戦要素に力を入れており、アイドル育成×ライブ対戦というジャンルになっている。

    シリーズとしてのテーマカラーは水色。ロゴは白鳥とSを組み合わせたスワンマーク。

    登場アイドル編集

    プロデュースできるアイドルは現在28人。283プロを参照。

    ゲーム編集

    アニメ編集

    コミカライズ編集

    • アイドルマスターシャイニーカラーズ(コミックNewtype)
    • アイドルマスターシャイニーカラーズ シャニマスえぶりでい!
    • アイドルマスターシャイニーカラーズ コヒーレントライト
    • アイドルマスターシャイニーカラーズ 事務的光空記録(ジムテキ・シャイノグラフィ)

    ラジオ編集


    学園アイドルマスター編集

    2024年に配信を開始するアイドル育成アプリゲームを発祥とするブランド。

    プレイヤーは芸能事務所ではなくアイドル養成学校・初星学園のプロデューサー科に所属する生徒となり、同校のアイドル科に所属する生徒の1人をアイドルとしてプロデュースする。

    アイドルのステータス(ボーカル・ダンス・ビジュアル)を上げていくことでライブ演出にもそれが反映される。ライブシーンは全てがソロ歌唱であることも特徴。

    シリーズとしてのテーマカラーは橙色。ロゴは2羽のハチドリを星型にあしらったもの。

    登場アイドル編集

    ゲームリリース時点で9人がプロデュース対象として公表され、その後1人追加された。

    ゲーム編集

    コミカライズ編集

    • (タイトル不明、公式Xにて連載)

    その他編集

    961プロ編集

    多くの作品に登場するプレイヤー達のライバルとなる芸能事務所。

    会社のトップは黒井崇男社長が務める。ライバル事務所である為、基本的にはプロデュースは不可。作品によって所属アイドルが異なり現在では他事務所のアイドルとして活躍している者もいる。

    シリーズとしてのイメージカラーは

    登場アイドル編集

    登場作品編集

    コミカライズ編集

    • Jupiter 〜THE IDOLM@STER〜
    • D@YS OF Jupiter 〜THE IDOLM@STER〜
    • ジュピターさん 〜THE IDOLM@STER〜

    アイドルマスタープロデューサーグリーティングキット編集

    ゲームではなく名刺作成ツールで、本編ゲーム中に登場したカードのイラストや立ち絵を使って自分だけのオリジナルの名刺を作成できるアプリ。

    2021年1月18日にリリースされた。

    アイドルマスターポップリンクス編集

    『アイドルマスター』『シンデレラガールズ』『ミリオンライブ!』『SideM』『シャイニーカラーズ』の5作品がクロスオーバーするスマホパズルゲーム。

    2021年1月21日~2022年7月21日まで配信。

    アイドルマスターツアーズ編集

    ポップリンクスと同じく5ブランドがクロスオーバーするアーケードゲーム。

    2024年稼働予定。

    アイドルマスターXENOGLOSSIA編集

    「アイドルマスター」をモチーフにしたサンライズ制作のTVアニメ。2007年放映。

    アーケード版と同名のキャラクターが登場するが、設定も担当声優も異なる別人で、そもそも世界観そのものが大きく異なるSFロボットアニメ。

    THEIDOLM@STER.KR編集

    「アイドルマスター」をモチーフにした実写ドラマ。2017年放映。

    実写作品ではあるものの登場するアイドルや楽曲などは全て本作オリジナル。

    韓国で放送され日本ではAmazonプライム・ビデオで視聴することが出来る。

    vα-liv編集

    2023年より開始のプロジェクト。「アイドルマスター」の名を冠さない。

    3人のアイドル候補生がバーチャルライバーとして日々配信を行い、視聴者(=プロデューサー)の投票によってアイドルデビューの可否が決定される。

    2024年3月31日に3人とも876プロからのデビューが決定した。


    用語としての『THE IDOLM@STER』/『アイドルマスター』編集

    主題歌編集

    本作の主題歌である楽曲。詳しくはTHEIDOLM@STER(楽曲)を参照。

    プロデューサーランク編集

    ゲーム内でプロデューサーに与えられる称号のこと。アーケードでは最高ランクで9人全員がプロデュース可能となる。この称号は後続の作品や発生作品である『シンデレラガールズ』(モバゲー版)や『ミリオンライブ!』(GREE版)にも受け継がれている。

    一部作品ではさらにその上の「真アイドルマスター」という称号が存在する。

    操縦者編集

    アイドルマスターXENOGLOSSIA』におけるロボット(iDOL)のパイロット(マスター)のこと。詳しくはiDOLマスターを参照。


    関連タグ編集

    略称/別表記編集

    楽曲編集

    THEIDOLM@STERのオリジナル曲一覧を参照

    ユニット編集

    THEIDOLM@STERの公式・非公式ユニット一覧を参照

    衣装編集

    アイマス衣装を参照

    出演者編集

    アイマスガールズアイマスボーイズを参照

    公式ネタ編集

    設定編集

    ViDaVo アイマス誕生祭 アイマス出身地バラエティ

    その他編集

    AMCGエンジェル タッチしてください 突風アイドル バーストアピール センシティブトゥーン

    二次創作編集

    漫画アイマス漫画
    レポートレポm@s アイマス10thイラストリンク
    企画アイドルマスターのオンリーイベント一覧 アイマスコンテスト
    小説アイマス1時間SS
    ニコニコ動画ニコマス im@s架空戦記 ニコマス作品イメージレスポンス
    MMDMMDm@ster
    シリーズ物~オカンとミキと、時々、ヤヨイ~ 偶像町幻想百景
    カードゲームアイドルヴァーサス ぎゃざM@S
    ○○アイマス泣けるアイマス 本当は怖いアイドルマスター 765プロではよくあること エロm@s
    ○○アイドルノーマル楽器アイドル(楽器M@STER) 乗り物アイドル 武装アイドル(鎧ドルマスター アイマス剣士) 飲酒アイドル ヘッドホンM@STER ラーメンM@STER
    アブノーマル事後アイドル 陰毛アイドル 喫煙アイドル
    性転換ネタ男版アイドルマスター アイドルマスターシンデレラボーイズ
    カップリング ※一覧・全体(765AS)アイドルマスターのカップリング一覧
    シンデレラガールズシンデレラガールズのカップリング一覧
    ミリオンライブ!ミリオンライブ!のカップリング一覧
    SideMエムマス【腐】 【NL】SideM
    シャイニーカラーズシャイニーカラーズのカップリング一覧
    学園学園アイドルマスターのカップリングタグ一覧
    その他Pドル
    その他嫁艦隊 ぽちゃm@s ギャルM@S もっちりM@STER im@sLINE HypnoM@ster 893プロ AI-M@S

    ※:NL・BL・GLのいずれかを含む

    グループ・ユニットタグ編集


    クロスオーバー・コラボレーション編集


    users入り編集

    アイマス10users入りアイマス50users入りアイマス100users入りアイマス500users入りアイマス1000users入りアイマス5000users入りアイマス10000users入りアイマス50000users入りアイマス100000users入り


    外部リンク編集

    関連記事

    親記事

    ナムコ なむこ

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

    pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17734112

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました

    見出し単位で編集できるようになりました