ピクシブ百科事典

THEIDOLM@STER(楽曲)

あいどるますたーのてーまそんぐ

『THE IDOLM@STER』シリーズに収録・使用される楽曲の一つ。当作品群の総合的なテーマソング。
目次[非表示]
THE IDOLM@STER


楽曲情報

作詞中村恵
作曲NBGI(佐々木宏人)
編曲NBGI(佐々木宏人)
REM@STER-A編曲Rayih
REM@STER-B編曲笹本安詞
BPM165
上昇イメージダンス
持ち歌


曲について


誰よりも強く、強かで、誰よりも輝いている存在……そんなアイドルの姿を歌った、正真正銘のアイドルソング。通称は『歌マス』。

まさに“主題歌”な曲であり、当然皆勤曲である。しかし、『ワンフォーオール』だけは初期収録曲ではなく、カタログ第14号にて配信となっている。

タイトルAC360L4U!SPDS2/360 2/PS3SFOFAPS

アニメ



アニメ版では、1stがTVアニメ化決定のPV第1弾及び第6話のEDテーマとして、第7話、第10話、第12話、第16話の挿入曲として、リミックス版が第13話の挿入歌及び挿入曲として使用された。

第6話のEDテーマとしては、竜宮小町の歌番組を見て、「みんなで作り上げていった」という律子の言葉に「自分もみんなの良いところを引き出して伸ばしていけるように頑張る」と決意・語るプロデューサー、応援する小鳥にかかる形(オーバーラップ)で始まり、EDに突入する。
ED映像は、矢印をバックに前進する765プロメンバーを描く。その際、竜宮小町はステージ衣装で他のメンバーは私服となっており、『一足先に大きな一歩を踏み出した竜宮小町』として映像、選曲共に相応しい演出と云える。
歌唱は765PRO ALLSTARS
765PRO ALLSTARSver.の収録は『ANIM@TION MASTER 03』。

第7話は、ちょっとした諍いから家を飛び出してしまった長介捜索に奮闘するやよい達のシーン、
第10話は、新幹少女のメンバーから心無い言葉を浴び、落ち込んでいたやよいがメンバーに心情を吐露、涙するシーン、
第12話は、ちょっとした勘違いから生じたすれ違いが発端で事務所をサボタージュした美希とそれを心配するプロデューサーを案じ、プロデューサーにはっぱをかけて送り出す律子のシーン、
第16話は、黒井社長の陰謀で一人、ロケ班から遠ざけられてしまったが喧嘩をしてしまったいぬ美達を想うシーンにてそれぞれ、ピアノソロver.が挿入曲として使用された。

第13話は、第6話と異なるアレンジ版がライブの開幕曲として、ライブのステージ進行が混乱する楽屋で改めてライブを頑張ろうと決意するメンバーのシーンでピアノソロver.が挿入曲として流れた。
歌唱は天海春香星井美希如月千早高槻やよい萩原雪歩菊地真双海真美四条貴音我那覇響

また、劇場版用のMOVIE VERSIONが『M@STERPIECE 特典Blu-ray Disc Audio』に収録されている。歌唱は765PRO ALLSTARS。

CD

MASTER PIECE(以下MP)において、

がフルを歌唱している。

またMP4、MW00においてオールスターver.、MP5ではリミックスも収録。
MoMで春香がフル、オールスターでショートも歌唱している。

一方で、アケマス時代から続く由緒正しい主題歌であるが、2017年に入っても765プロ13人全員が歌う、アレンジ版ではない従来版のフルバージョンは一度も収録されていない。

Remix

U4Lで追加された、同曲のアレンジバージョン。

  • RemixA
ガムランの様なミックス。残念ながら不評であった。編曲はRayih。REM@STER-Aは LIVE ENCOREで星井美希がフルを担当している。
  • RemixB
メロウなアレンジ。編曲は笹本安詞。また『アイドルマスターSP』でも配信されている。REM@STER-BはMASTER LIVE02で水瀬伊織菊地真秋月律子がフルを担当している。

アレンジ

ファミソン8bit春香美希がアレンジver.を歌唱している。

カヴァー

  1. 「ウマウマできるトランスをつくってみた5 ハイパー賢者タイム」でIconが歌唱。405のアレンジ。
  2. 「CINDERELLA PARTY! でれぱDEないと をきかないと!! ~あかるくせいそにかわいくきよく~」で原紗友里青木瑠璃子が歌唱。名義は、原紗友里&青木瑠璃子 from CINDERELLA PARTY!
  3. 「THE IDOLM@STER.KR MUSIC Episode 1」でB-Sideが歌唱。歌詞は韓国語に訳されており、テレビドラマ「THEIDOLM@STER.KR」のエンディングテーマとなっている。


歌詞

リンク先を参照して見ればわかるように、女の子の気持ちをにしたためた内容となっている。

…ってか、この人が歌っちゃっていいの?特に最後の所
(その為、男性アイドルが主体であるSideMキャラの中で唯一その曲を歌っている事となる)

今後、SideMを含んだ合同ライブで当曲をどのようにして扱うのか大きな課題となりそうだ。

太鼓の達人

同社(namco)の『太鼓の達人』に収録されていた
曲はゲームサイズだが、歌唱が各パート毎に様々なアイドル変わる。
太鼓チーム曰く、「太鼓の達人でしか聞けないスペシャルバージョン」らしい。

収録

AC7~9
CSとびっきり!アニメスペシャル、ぽ~たぶる2(DL)

難易度

かんたん4
ふつう5
むずかしい5
おに7※

※譜面分岐

short(ゲーム)・CD(フル)・アレンジ 等

ショート

ACからDSまで全て全員分収録

In1⇒In2⇒In31AⅠ1AⅡ1AⅢ1AⅣ1BⅠ1BⅡ1SⅠ1SⅡ1SⅢ1SⅣ
⇒2AⅠ⇒2AⅡ⇒2AⅢ⇒2AⅣ⇒intⅠ⇒2BⅠ⇒2BⅡ⇒2SⅠ⇒2SⅡ⇒2SⅢ⇒2SⅣ⇒CⅠ⇒CⅡ⇒CⅢ⇒CⅣ⇒intⅡ⇒intⅢ
⇒3AⅠ⇒3AⅡ⇒3BⅠ⇒3BⅡ⇒3SⅠ⇒3SⅡ⇒3SⅢ⇒3SⅣ⇒3SⅤ3SⅥ3SⅦ3SⅧOu1Ou2

シアターデイズ


アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズにも収録。パネルミッションをクリアすると解放出来る。
本家ゲーム版からほぼ全ての振り付けが変更され、現実のアイマスライブの振り付けを中心に構成(下のSSAライブ等と比較してみるのも良いかもしれない)。
また、最後の「ドーン」といったSEが追加されている。ここでの高速フリックに驚かされたPも多いのでは。
音源は765PRO ALLSTARSの13人。

難易度

2M縦2
2M+11
2M2
4M7
6M12
MM17


関連動画



関連タグ

THE iDOLM@STER / アイドルマスター
お願い!シンデレラ Thank You! / Welcome!! / Dreaming! / Brand New Theater! DRIVE A LIVE / Beyond The Dream:派生作品及び他プロダクション毎の主題歌
Study Equal Magic! Cafe Parade!:歌マスに倣って「歌○○」と言われやすい曲

外部リンク

『THE IDOLM@STER』 |ニコニコ大百科
『THE IDOLM@STER』 |THE IDOLM@STER データベース

pixivに投稿された作品 pixivで「THEIDOLM@STER(楽曲)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15059

コメント