ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

FridayNightFunkin'

ふらいでーないとふぁんきん

『Friday Night Funkin'』(略称:FNF)とは、インディーズのPC用リズムゲームである。
目次 [非表示]

Gettin freaky on a Friday night y'all!

金曜の夜にイカれようぜ!


概要

海外の老舗Flash投稿サイトNewgroundsのユーザー4名(ninjamuffin99、Phantom Arcade、evilsk8r、Kawai Sprite)により制作された無料リズムゲーム


2020年10月のゲームジャム「Ludum Dare」向けに開発された作品だが、デモバージョンが好評を得たのち、多くのリクエストを受け拡張版を制作。同年11月にNewgroundsへ投稿された。

ゲーム本体をダウンロードすると、ゲーム内のアセットがそのまま閲覧・編集できるようになっており、とてもファイル編集の自由度・簡易性が高い事から、ファンによるModの製作が非常に盛んである(MODの項参照)。


Newgroundsのノリ的に、このゲームでも直接的な下ネタ過激な表現がある為注意。参考までにNewgroundsのレーティング区分では「T」(Teen、13歳以上対象)となっている。


2021年8月26日現在、公式のFriday Night Funkin'のモバイルアプリは存在しない。公式のFriday Night Funkin'はNewgroundsおよびitch.ioでしか公開されておらず、(外部リンク参照)これ以外のサイトや『ビートバトル』といったアプリは全てニセモノである。

ninjamuffin99のツイート


MODに関しても、GameBananaもしくはGameJoltで公開されている場合が多く(規模が小さいものは製作者のTwitter等で公開される場合も)、これ以外のウェブサイト(特にダウンロードなしで直接遊べるもの)やアプリは全てニセモノと考えていい。


2021年4月19日にステージ数20のフルバージョンを制作することを発表した。


2021年12月30日にERECT Remixの音楽(Dad BattleとSouthの2曲のみ)も公開された。

ちなみに「ERECT」とは英語でアレの意である。


ちなみに基本無料のソフトである為開発費用は捻出しづらく、よりクオリティの高い作品にするためにKickstarterで6万ドル(当時650万円)を上限として応募した結果2時間で達成。上限を2億円程に設定してもあっという間に1億円まで達成し、最終的に3億円迄にKickstarterでの募金が為された。プログラマーのninjamuffin99氏は最終的な目標として「機能拡張を続け、ゆくゆくはSteamNintendo Switchへのプラットフォームに進出したい」と語っている。


そして2024年5月1日(現地時間では4月30日)、Week7追加から3年強の時を経て新ステージとなるWeek End1がアップデートで追加され、世界中のファンが大いに沸き立った。


ゲームシステム

STORY MODEでは各Week(ステージ)毎にNPCと3曲勝負する。

FREE PLAYではSTORY MODEで出てくる曲を一曲毎にプレイできる。


基本的にステージ毎に「Week #」(#に数字が入る)で分かれており、難易度をEasy、Normal、Hardから選択できる。

2024年5月1日のアップデートで楽曲がアレンジ版に変わるErect、それの高難度版にあたるNight(Nightmareの意)の2つの新難易度が追加された。


画面下部から矢印型ノーツが流れてくるので、画面上部の矢印と重なったタイミングでキーボードの矢印キー、またはWASDのキーを押す。

ノーツのタイミング判定はそこまで厳しく無いが、何もノーツが来ていない所で入力する(ゴーストタッピング)とミスの判定になり、ゲージが減ってしまう為注意。


画面下部のゲージには対戦相手:主人公を表すアイコンが表示されている。

ゲーム開始時点ではゲージが半分になっており、ノートを取る毎に、自分側の緑色のゲージが相手側の赤色のゲージを押していく。

反対に、ミスすると失敗音と共に歌声の音声が一瞬途切れ、自分側のゲージが押されてしまい、画面下部のバーが赤色になっていく。

このゲージを相手に押し切られないまま曲が終了すればクリアで、次の曲へ進める。

しかし、もし曲の途中であっても、ゲージ全体が押されきってしまうと敗北となり、強制的に曲が中断されてしまう。

その際にENTERを押すとその曲をリトライでき、Escキーを押せばやめることができる。

ちなみに、Rキーを押すと自爆する。(RetryのR)


2021年5月8日時点(V.0.2.8)でOptionsからノーツを画面下部→上部へ流れる所を上部→下部に流れるようにできたり、キーの配置を変えられるようになった。

「Naughtyness」という、オフにするとゴア表現や下ネタを規制するものと思しきスイッチがあるが、現在のところは機能していない。


ゲームプレイ中にキーボード上部の7を押すとデバッグモードに入り、譜面が編集できる。

9を押すと、バーに表示される主人公のアイコンを初期で使われていたものに変更できる。


ストーリー

BF&GF

主人公のBoyfriend(以下BF)を操作し、彼女であるGirlfriend(以下GF)とデートするためにGirlfriendの両親や刺客などとラップバトルをする。


登場キャラクター

メインキャラクター

SiCK!

主人公。19~20歳で、大学中退のラッパー。略称はBF。

青い髪に青色のつばが付いた赤色の帽子を被り、禁止マークが描かれた半袖の白いシャツに青いダボダボなズボンを着ていて、ポケットに左手を入れている。

好きな食べ物はペパロニピザとドーナツ。

ADHDとASD持ち。そしてバイセクシャルで、後述のPicoと付き合っていた過去がある。

自信過剰で恐れ知らずで無鉄砲だが、雷は苦手らしい。

Week5では赤色のジャケットを着ており、茶色のスノーブーツを履いている。

Week6、Week7では掛け合いが用意されているが、「Beep」「Boop」「Skedo」などといった擬音のような単語しか喋っていない。

ゲームオーバーになると「ヴッ」という音と同時に全身の骨にヒビが入り、マイクを落とす。また、脳はRETRYの形になっていて、股の辺りに二つの青いタマ(Blue Balls)があることが確認できる(Blue Ballsには「アレができなくて欲求不満になる」という意味がある)。


GF

Boyfriendの彼女。BFと同じく19~20歳。略称はGF。

茶髪のロングヘアーで赤いミニドレスを着ていて、爪には赤いマニキュアが塗られている。デザインの元ネタはリズム天国の女の子。

常に後ろの大きなスピーカーの上に座ってBoyfriendを応援している。コンボ中にBoyfriendがミスをすると一瞬泣き顔を見せる(Week4とWeek6では泣くアニメーションが作られていないため、ミスをしても泣かない)。

好きな飲み物はドクターペッパー

PhantomArcade氏とNinjamuffin99氏曰く「全てBFがどうにかしてくれると思っているバカなキャラクター」とのこと。

BFと同じくADHDとASD持ちで、雷が苦手。

後述の両親のDaddy DearestとMommy Mearestを見て考えると悪魔だと思われるが、容姿は何故か人間そのものである。

だが、Week7の三曲目でゲームオーバーになると…?


Week5では赤色のワンピース、手袋、白色のニーソックスを着ている。

Week7では二人のTankmenに銃を向けられている。


持ち曲は「Tutorial」


敵キャラクター

  • Daddy Dearest(ダディ・ディアレスト)

Friday night funkin Daddy Deares

Week1、Week5で登場。GFの父親で元ロックスターの悪魔。目が常に赤く光っている。後述のMommy Mearestとお揃いであろうジャケットを着ている。髪が悪魔の角のようになっている。

BFが自分の娘と付き合うに相応しいのかをラップバトルによって判断する。


Week5ではMommy Mearestを抱きかかえて登場し、緑色の衣装を着ていて、横にいるサンタに銃を向けている。


持ち曲は「Boppebo」「Fresh」「Dad Battle」

Week5ではMommy Mearestとのデュエットで「Cocoa」「Eggnog」


  • Skid and Pump(スキッド&パンプ)

Skid and Pump

Week2で登場。スケルトンの子がSkidで、カボチャ頭の子がPumpである。ちなみにこれはあくまで仮装であり、2人は普通の人間である。

Sr Pelo氏制作の「Spooky month」シリーズからのキャラクターであり、常にSpooky Danceというダンスを踊っている。また声を当てているのも同氏。


初期では彼らが登場するWeekのみ曲数が2つだけだったが、2021年4月19日のアップデートで3曲目も正式に追加された。


持ち曲は「Spookeez」「South」

3曲目の相手は彼らではない。


モンスター (2)!

Week2、Week5で登場。レモンの形の頭をした化け物。


Week2の3曲目は彼とのバトルである。

製作者が譜面の作成に難航し、長い間非正規であることをしないとプレイすることができなかったが、現在は3曲目も普通に遊べる。


Week5ではDaddy、Mommyとのバトルを終えた瞬間に画面が暗転。GFの頭部を模した不気味な装飾と腸のようなものが巻かれたクリスマスツリーの背景と共に現れる。ここではサンタの帽子をかぶっている。


唯一普通に英語で歌うキャラ。だが歌の内容は怪物らしく物騒であり、GFを食べようとしている事が読み取れる(GF、BFの二人はそれに対して一切反応が無い)。

人間の知覚に干渉できる特殊能力を持っており、Week5で背景が変化するのもそのため。


ファンからの愛称である「Lemon Demon」からNeil Cicierega氏の音楽プロジェクトの曲と勘違いされやすいが、元ネタでも中の人でもないので注意。歌の作者はBassetfilms氏である。


持ち曲は「Monster」(Week2)「Winter Horrorland」(Week5)。


FNFまとめ①

Week3、Week End1で登場。

Newgroundsの設立者Tom Fulp氏によって作成された、Newgroundsの元祖看板キャラクター。

本作では20~21歳。髪の色はオレンジで、左手に銃を持っている。マイクを持つ右手は親指を立てている。

ラップバトルで負けてしまったDaddyがBFを消すためにヒットマンとして彼を金で雇ったが、なんとPicoとBFは旧知の仲であり、PicoがBFを殺すことを惜しんだため、命の代わりにラップの引き取りになった。

ここでの対戦場所はNewgroundsのオフィスの屋上で、背景には電車が通っている。

彼の代表作「Pico's School」での出来事が原因で統合失調症を患い、銃を持っていないと落ち着いていられなくなった。なお銃がない状況の格闘にも優れている。

ファンイラストなどではBFやGFとセットで描かれることが多い。


Week5では背景の左上にちょこっといる他、Week7でも少し登場している。ここは是非とも自身の目で見ていただきたい。


2024年5月1日のアップデートで追加されたWeek End1はPicoが主人公の物語となっている。

カットシーンでは腹筋がかなり割れていることと、いくつか歯が抜けていることがわかる。

ゲームオーバーになるとNeneの投げたナイフが胸に刺さって倒れ、Retryの形をした血が噴水のように吹き出し続ける(Pico's Schoolのゲームオーバーが元ネタ)。

また、とある曲でゲームオーバーになると膝から崩れ落ち、Retryの形をした血反吐を吐いて倒れる、という違う演出も見られる。


持ち曲は「Pico」「Philly Nice」「Blammed」


  • Mommy Mearest(マミィ・ミアレスト)

センシティブな作品

Week4、Week5で登場。GFの母親でありポップシンガーで、旦那と同じく魔族。

GFと同じ茶髪に赤いドレス姿。黒のブーツにDaddyとお揃いであろうジャケットを身につけている。

高速道路らしき道を走る車の上が対戦場所。

走行中の車体の上に立つのは危険行為であり、法律違反なので絶対に真似してはいけない。

Week5では胸元が大きく空いた赤色の衣装を着ている。


持ち曲は「Satin Panties」「High」「M.I.L.F」

Week5ではDaddy Dearestとのデュエットで「Cocoa」「Eggnog」


  • Senpai(先輩)

センパイ

Week6で登場。GFが遊んでいた架空の恋愛ゲーム「Hating Simulator」(直訳すると「嫌悪シミュレーター」)の中の登場人物で、18歳のキャラクター。

方法は不明だがDaddyによってBF達がゲーム内に入り込んでしまったためWeek全体がドット絵で描かれている。

常にキラキラしていて、茶色の爽やかヘアーに高校のブレザーらしき服を着崩している。右手で茶色のリュックを持っていて、左手でピンクのマイクを親指と人差指で持っている。

偶然なのか製作者のおふざけなのかはわからないが、米国で放映されていたとある裁判リアリティーショーに出てきていた被告人の男と姿が酷似している。

背景の女子生徒の集団がおり、「女子生徒に人気のイケメン」というありがちな設定が読み取れる。

しかし2曲目から顔色が変わってBFを睨みつけるようになり、ネクタイも曲がりマイクも強く握るようになる。カットシーンでの発言も「醜いウジ虫のくせにやるじゃないか、でも今度こそはお前の彼女に俺のをしゃぶらせた後お前のナッツを刈り取ってやる」(意訳)といったかなり攻撃的かつ卑俗な発言をしている。


持ち曲は「Senpai」「Roses」


  • Spirit(スピリット)

フライデーナイトファンキン - スピリット (My Style)

Week6でSenpaiに次いで登場。Senpaiに取り憑いていた赤い魂。誰が呼んだか「梅干し先輩」

かなりリアル寄りの顔をしている。動きが不安定で、残像もユラユラと残る。

Daddyによって長い間ゲームに閉じこめられていたらしく、彼への復讐を望んでいた。そして生身の人間であるBFが現れたことによって、彼に乗り移る形で脱出しようと考えラップバトルを挑む。ちなみにSpiritはSenpaiを操っていた訳ではなく、Senpaiの言動は全てプログラムされたものであるらしい。


持ち曲は「Thorns」


無題

Week7で登場。戦車兵で、軍のリーダー。年齢は30代前半。性別は男性。アセクシャル故に恋愛感情を持たない。

Newgroundsのロゴで戦車に乗っているのが彼であり、それを元に制作されNewgroundsで投稿されたアニメーションの「TANKMEN」のキャラクターでもある。

PhantomArcade氏が配信中に言ってしまったのが、Week7で登場する敵キャラがTankmanだと確認された理由。

2021年4月18日にWeek7が公開された直後、サイトにアクセス数が殺到したためにNewgroundsのサーバーが2日間落ちてしまった

声を当てているのはTANKMENシリーズの生みの親、JohnnyUtah氏。


敵キャラという扱いからか、本作では悪役のようなキャラ付けがされており、かなり口が悪い。

今日は退屈すぎたという理由でBF達に対して「得意な事を見せてみろ」と勝負を挑む。


カットシーンではなんとボイス付きで流暢に喋る他、こちらが負けるとメタ発言を交えて挑発してくる(しかもセリフに数パターンあり)。

「Week1からやり直した方が良いんじゃねぇの?」

「お前を見てると泣きたくなるよ。」

「矢印キーを押すんだぞ、ガキ。盲目のオッサンみたいにキーボードを叩くんじゃない!」

「俺を倒せないで、この過酷で残酷な世界をどう生き抜いていくんだ?」

「ここで言う台詞のネタが尽きてきたから今日中にクリアしろ、クソ野郎が。」


持ち曲は「Ugh」「Guns」「Stress」


  • Darnell(ダーネル)

Darnell's day

Week End1で登場するPicoの元クラスメイト。現在は殺し屋。

放火魔であり、ライターと大量のガススプレー缶を武器に持ち歩いている。

Week5でもショッピングモールの観客としてカメオ出演している。


元々3人でDaddyからBF殺害の依頼を受け、報酬の大金も山分けとなる手筈だったがPicoが任務を放棄したことで報酬山分けの話もチャラになってしまい、当然2人は怒り狂いPicoのタマを殺るべく追いかけ回す、といった旨がWeek End1のあらすじである。


3曲目の「2Hot」では時折ガススプレー缶を投げつけ爆破させてくるが、その際ノーツを打ち損じるとPicoの体力が大幅に削られる、公式FNF初のギミック採用曲となっている。

ちなみにその爆発でゲームオーバーになるとPicoの頭がボロボロになり、頭からRetryの形をした煙が出続ける、という専用の演出が見られる。


持ち曲は「Darnell」「Lit Up」「2Hot」、そしてあと1つ…?


  • Nene(ネネ)

Untitled

Darnellと同じくPicoの元クラスメイトにして殺し屋の女の子。

自殺願望持ちらしく常にナイフといった鋭い物を所持していないと気が済まないらしい。


上記の理由で逃げ回るPicoを2人で追いかけ回している。

Week End1では持ち曲は無く歌うことは無いが、後ろのモニターの上に座っておりPicoの残り体力が少なくなると今にもPicoを殺らんばかりにとナイフを構える。


登場予定キャラクター

  • Hank・J・Wimbleton(ハンク・J・ウィンブルトン)

センシティブな作品

フラッシュアニメ作品「Madness Combat」の主人公。


  • Ritz the Rat(ネズミのリッツ)

Ritz The Rat

アクションゲーム「Ritz」の主人公。BFの義兄弟。


  • Cassandra(カサンドラ)

Cassandra

Pico's schoolに登場するPicoの天敵。


MOD(非公式)

FridayNightFunkin'には現在多数のMODが存在しており、MOD専用のWikiがあるほどである(外部リンク参照)。

最初はキャラクターのスキンを改変して別キャラにするなどのありきたりなものが多かったが、WhittyMidFightMassesなどのクオリティが高いMODが登場してからは人気が急上昇し、「オリジナルキャラクター+オリジナルの楽曲」という独自のMODを作る流れが生まれ、中には特殊ノーツを追加しているものや、相手キャラがゲージを押し返してくるなどの斬新なシステムを加えているもの、ネットミーム都市伝説を元にしたもの(中にはこのキャラクターまで)、果てには版権キャラクターが登場するものなどがあり、今日までに沢山のMODが作られている。挙句の果てにはクロスオーバー元の作品を制作した公式と共同制作したMODすらある。

そのキャラクターの多さやカスタマイズの自由度から、「音ゲー版MUGENと言われることも(実際、かの有名なが登場するMODも作られているし、逆にFNFで生まれたキャラクターが向こうで作られていたりもする)。


主なMODの種類については「FridayNightFunkin'のMod一覧」で。


なお、MUGENが元々ストーリーもなく、最初から入っているキャラクターはこの人だけで、どちらかといえばユーザー間でキャラクターやステージを作成・改変して楽しむことを想定して作られているのに対し、FNFは本編の時点でストーリーや楽曲が展開されているため、飽くまでMOD文化自体は非公式であることを忘れてはいけない。

しかし、MODオリジナルキャラクターのCarolに関してはninjamuffin99氏が公式に逆輸入することを検討する旨の発言を残していたり、完全版が完成したらMODを作りやすくすることを発表したりしているので、今後どうなるかは分からない。


関連イラスト

Partner!💙💚Friday Night Funkin' らくがき②

Picos


別名・表記揺れ

fridaynightfunkin Friday_Night_Funkin

フライデーナイトファンキン FNF


関連動画


関連作品

音ゲーであることや音符が矢印であることと言った共通点がある。


カートゥーン調のデザインや対戦相手とのラップバトルと掛け合いが似ていると言われている。


Week3に登場するPicoの元ネタ。かわいい見た目とは裏腹に流血表現や下ネタが多いため閲覧する時は注意。


Week5の背景にカメオ出演しているキャラクター。FNFの製作者曰く、ミクは「BFの姉(年齢的には妹?)」とのこと。


Week7に登場するTankmanの元ネタ。


関連タグ

ゲーム 音ゲー Newgrounds

FridayNightFunkin'のMod一覧 FNFのMODのオリジナルキャラクター一覧

クロスオーバー FNF風


FNF100users入り

FNF500users入り

FNF1000users入り

FNF5000users入り

FNF10000users入り


外部リンク

(ゲーム)


(Wiki)

関連記事

親記事

newgrounds にゅーぐらうんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32108788

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました