ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. SOUND_VOLTEXの略称。 イラストは、こちらに関連した物が圧倒的に多い。詳細はSOUND_VOLTEXへ。
  2. チンギス・ハーンの正室。本項で解説


概要

生い立ち

モンゴル高原の名門オンギラトの首長デイ=セチェンの娘として産まれた。父の親友であるキャト氏族の指導者イェスゲイ=バートルの長男であるテムジンと子供の頃に出会い、許嫁になった。その時の年齢は諸説あるが、ボルテはテムジンよりも一歳年上だったと言われる。

悲劇と疑惑

花婿のテムジンと楽しく過ごしていたボルテだったが、テムジンの父イェスゲイが毒殺された事で二人は離ればなれになってしまう。その後、成人したテムジンと再会して婚礼を行うが幸せも束の間、キャト氏族をつけ狙うメルキトの襲撃を受けてボルテは攫われる。

幸い、夫の友人ジャムカと保護者のトオリル・ハーンがメルキトに圧力をかけたおかげでボルテは帰還できたが、彼女は妊娠していたのだった…その時に産まれたのが「旅人、よそ者」の意味を持つジュチである。元朝秘史では乱戦が続き、その最中で敵将の愛人になっていたボルテが脱走し、テムジンと再会する展開になっている。

帝王の妻

その後、ボルテはジャムカがテムジンと仲違する事を予見したりするなど情報収集能力や賢さを発揮するが、勢力拡大と共に裏方に回ることが多くなる。高原を統一した夫がチンギス・ハーンになった後、ボルテは第一オルド(宮殿)の女主人と言う破格の扱いを受ける。一部族の令嬢は大帝国の后、女王と呼べる女傑になったのだ。そんな彼女だが、没年は未だに不明確である。

家族構成


父:デイ=セチェン(デイは大きい、セチェンは賢いの意)
夫:テムジン(チンギス・ハーン)
義父:イェスゲイ
姑:ホエルン(テムジンの母)

長男:ジュチ(キプチャク汗国創始者)
次男:チャガタイ(中央アジアのチャガタイ汗国王)
三男:オゴタイ・ハーン(二代目のハーン)
四男:トゥルイ
娘達:婿入りしたモンゴル武将の妻、或いはウィグル国王の王妃として嫁ぐ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92755

コメント