ピクシブ百科事典

シンクロニカ

しんくろにか

バンダイナムコエンターテインメントによる、タッチパネルを操作するアーケード音楽ゲーム。キャッチコピーは「1人で超気持ちいい、2人ならもっと楽しい!」
目次[非表示]

ゲーム概要

バンダイナムコエンターテインメントが、太鼓の達人に次いで世に出したアーケード音楽ゲーム。2015年6月18日稼働開始。

音楽に合わせてタイミング良くタッチパネルを操作するゲーム。
出現するマーカーに直接触れるだけのシンプルなルールで、タッチに成功すると様々な映像エフェクトが発生し、プレイとビジュアルのシンクロ感を楽しむことができる。

筐体は2組のタッチパネルとカードーリーダー・コイン投入口・イヤホンジャックを有している。それぞれでシングルプレイを楽しめる他、2人で「マルチコンボ」を伸ばしていく協力プレイも楽しめる。

【大型アップデート履歴】
2016年7月21日、REV.2アップデート。筐体のカラーリングが赤基調から青基調へ。
2017年6月30日、REV.3アップデート。

収録楽曲概要

7つのカテゴリに分類されている。

J-POP邦楽の他、歌い手による歌唱曲もここに分類されている
ボーカロイド曲 … 有名ボカロ曲#コンパスコラボ楽曲
アニメデレマスSideM楽曲はここに分類(詳細後述)
ゲームナムコのゲームの楽曲や、他社音ゲー楽曲(詳細後述)など
バラエティ東方アレンジなど
クラシックオーケストラによる演奏曲の他、現代風にアレンジされた楽曲もある
オリジナル … 詳細後述

詳細は公式サイトの「収録曲リスト」を参照

オリジナル楽曲の特徴

開発時からの初代サウンドディレクターは「Hotel Moonside」「Radio Happy」の作曲者としてアイマスPに知られているTaku Inoueが務めていた。(のちに2曲とも本作に収録)
Taku Inoue当人を含む多彩なコンポーザー陣による、他の音ゲーとは一線を画した「オシャレ」「エモい」等の言葉がしっくり来るようなオリジナル楽曲が収録されている。
特にREV.2への大型アップデートに伴って追加された「みんなのうた」(公式試聴音源)はまさにTaku Inoueサウンド全開の一曲で、当人は「シンクロニカをプレーしてくれる"みんな"のことを考えながら曲を作った」と語っている。

2018年、Taku Inoueのバンナム退社に伴い、6月に本作3周年を迎えるタイミングをもって2代目サウンドディレクター・ミフメイへとバトンタッチ。氏の初の本作オリジナル楽曲「3V3R」はボーカルにTaku Inoueをフィーチャリングするという激エモ案件であった。

イベントやコラボを行ったタイトル一覧

太鼓の達人
東方Project
アイドルマスターシンデレラガールズ
アイドリッシュセブン
ポムポムプリン
#コンパス
おそ松さん
アイドルマスターSideM

内容の詳細はそれぞれ異なるが、主なものは関連した楽曲・マーカー・エンブレムの追加などがある。
『シンデレラガールズ』『SideM』は初回コラボでの追加曲がアニメ関連楽曲であったため、楽曲がゲームカテゴリではなくアニメカテゴリに集約されている。アイマス関連楽曲ではコラボを介さず初期収録曲だった「MUSIC♪」のみがゲームカテゴリに入っている。

余談

【pixivを含む、ファンイラストの状況】
本作には昨今の音楽ゲームで多く見られるような、ゲームのナビゲーターやマスコットキャラクターや、ムービーやジャケットに登場するオリジナルキャラクターが存在しないため、ファンイラストの作品数は多くはない。

【『天下一音ゲ祭』参加歴】
メーカーの垣根を越えた音楽ゲーム全国大会『天下一音ゲ祭』において、第2回ではチャレンジ枠、第4回ではブロック大会枠の対象機種となった。
この経緯により、BEMANIシリーズの「FLOWER」など他社音ゲーの楽曲も本作のゲームカテゴリ内に収録されている。
また第2回課題曲となったオリジナル曲「夜明けまであと3秒」はのちに他機種へも移植されている。

【稼働状況】
アーケード音楽ゲームの中では設置店舗が比較的少な目。ほとんどはナムコ直営のゲームセンター・ゲームコーナーに集中している。公式サイトの「設置店舗検索」を活用すると良い。

【地上波メディアでの紹介とその余波】
2016年3月、バラエティ番組『マツコの知らない世界』内における特集「マツコの知らない体感ゲームの世界」において、アーケード音楽ゲームの一つとして本作が紹介された。スタジオ内にも実機が用意され、MCのマツコ・デラックスが挑戦するも、不慣れなゲームに悪戦苦闘。「無理よ これ…」とコメントした。
Twitterにおいて、このシーンのプレイ画面を他のゲームに差し替えたコラ画像が量産され、一時大喜利状態となった。

【トレス?】無理…


さらに同年4月、カプコンのアーケード音楽ゲーム『crossbeats REV.』がバージョン「SUNRISE」にアップデートした際、称号の一つとして何故か「ムリよぉ これ・・・」が追加。この一件の影響は他社の音ゲーにまで及んでしまった。『crossbeats REV.』は本作と関わった事が無かったが、オブジェを直接タッチする音ゲーという一応の共通点があった。ちなみに獲得条件は「UNLIMITED譜面をCLEAR RATE49%以下でクリア」。

ゲームのプレイに関するアドバイス

この記事を読んで興味を持ってくれた皆様へ贈る、プレイのコツ。

  • 基本ルールに関しては公式サイトの「遊び方」を参照。
  • デフォルトの譜面難度が「NORMAL」「ADVANCED」「TECHNICAL」とあるが、他の音ゲーに慣れていても初プレイではADVANCEDすら難しいと思われる。まずはNORMALをプレイしてみて、満足にプレイできるようならADVANCEDへ、ADVANCEDでも満足にプレイできるようになったらTECHNICALへと段階的にステップアップすることをお勧めする。
  • 他の音ゲーでは視点を判定ラインに集中してプレイするのが得策だが、本作では縦横無尽にオブジェが出現するため、画面を広く見渡すことを意識すると良い。またオブジェに関しても、出現する一つ一つを凝視してタッチのタイミングを合わせようとすると後々処理しきれなくなってしまう。目でタイミングまでは追わずに、タッチのタイミングをリズムやメロディーに合わせていくことを意識すると良い。
  • 公式ブログ内の「プレイのコツ」も合わせて参照のこと。
  • ムーヴマーカーの途中のラインには実は判定が無い。タッチ後すぐに終点に持って行って、離すタイミングだけを合わせても成功とみなされる。
  • ホールドマーカーとムーヴマーカーは、最初のタッチ判定が成功していれば、リリースに失敗してもコンボは継続する。クリアに必要なゲージに影響するので、始点だけでもタッチしておこう。
皆様のご健闘をお祈りします。

外部リンク

公式サイト
公式Twitter

関連記事

親記事

バンダイナムコエンターテインメント ばんだいなむこえんたーていんめんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンクロニカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント