ピクシブ百科事典

MUSECA

みゅぜか

MÚSECAとは、BEMANIシリーズの新機種である。新機種投入はBeatStream以来。2016年7月27日にはバージョンアップ版『MÚSECA 1+1/2』が稼働開始。
目次[非表示]

「ついて、きて」

ゲーム概要

「MÚSECA」とは「BEMANI」の新機種である。音楽ゲーム×イラストという異色の組み合わせで複数個所でロケテストが行われた。

2015年12月10日、順次稼働開始。今作は海外展開もされるらしく、アメリカのラウンドワンにも設置されるらしい。

2016年7月27日、システムの一新されたアップデート版『MÚSECA 1+1/2』が稼働。韓国でもレーティング審査終了後にアップデートされた。

基本ゲームシステム

操作方法はスピナーと呼ばれる5つのボタンとフットペダル1つを使用する。スピナーは叩く・推しっぱなし以外にもつまみの様に回す事も可能。

Grafica

ギフトと呼ばれる特殊能力を持ったイラスト。位置づけがバージョンによって異なる為、作品ごとに解説する。

1

最大3種類設定し、譜面の一定区間ごとに切り替わる形で発動する。譜面が見づらくなる代わりにスコアが上昇する、スコアが伸びにくくなる代わりにライフが減りにくくなる等の効果がある。ポップンシリーズのオジャマやミッションを想像すればわかりやすいと思われる。
他のゲームで例えるならば、DJMAXCHUNITHMに実装されているサポートキャラが該当するだろうか。

1+1/2

バージョンアップによって、スコア増減などの要素は削られ、コレクション要素に特化した物へと仕様が変更された。「解放ミッション」でなければ基本的にカードを入手出来ない為、先にGraficaを入手したい人は「楽曲プレー専用モード」は後回しにするとよい。

【MUSECA】 覚醒 エリネユス


Graficaの1枚である「機」のエリネユス。

MÚSECA Compe.

オリジナル楽曲部門、イラストレーション部門の2部門で行われる。SOUND_VOLTEXのフロアーと原理は似ている。適宜開催。これまでに開催されたものは以下のとおり。

MÚSECAをみなさんの曲や絵でにぎやかにしたいと心の底から切望するコンペティション

略してセツコン。募集期間8月31日~9月28日で、ここでの採用作品が稼働時に収録された形となった。

MÚSECAの稼働をぱ──────────っとお祝いするコンペティション

略してシュクコン。募集期間は稼動日である12月10日~2016年1月12日。

BEMANI×pixivコンテスト(BEMANIコンテストミュゼカ)

詳細は、BEMANIコンテストミュゼカの記事を参照の事。受け付け期間は2016年2月24日(水)~3月28日(月)23:59まで。

収録傾向

MÚSECAオリジナル、SOUND_VOLTEXに収録されている楽曲、「EXIT TUNES」楽曲、東方アレンジの4ジャンルが収録されている。後のアップデートでひなビタ♪楽曲も収録されたが、こちらはコナミオリジナル扱い。

アニソン及びJ-POP等に関しては1では未収録だった為、引き続き未収録になると思われる。

SOUND_VOLTEXとの違いは、BMSが未収録である事。ただし、BMS作家はオリジナル楽曲を提供する等の部分で参加している。

1+1/2の途中からになるが、初音ミクが参戦している。今までにもボカロ曲としては収録されていたが、大人の事情で『初音ミク』の名義が使えなかったため、今回が初上陸となる。それに加えて、参戦してからのボカロ曲では初音ミクの名義が使用可能になっているが、それ以前の物に関しては記載がない等と対応が分かれている。

それに連動する形で『千本桜(黒うさP)』が収録されたのだが、韓国では諸事情でプレイ不可となっているのでご注意願いたい。

オリジナル楽曲

LastNote.の書き下ろし楽曲を含めた3曲がロケテストで発表、その後もBMS作家の書き下ろし楽曲等が収録されている。

登場キャラクター

詳細は個別記事を参照のこと。

1+1/2でも引き続きナビゲーターを務めるが、1をプレイしていると1+1/2からプレイし始めるプレイヤーとは違う展開を迎える事になる

タグに関する注意事項

正式なゲームタイトルはUにアキュート(´)が付く「MÚSECA」であるが、pixiv百科事典においてはアキュートが無視され「MÚSECA」も「MUSECA」も同じ当記事を表示するようになっている。しかしながら、pixiv本体のタグとしてはこの両者は明確に区別されるようになっており、異なる検索結果を返すことに注意が必要である。日本語キーボードではアキュートつきラテン文字の入力が難しいため、公式twitterアカウントも含めてアキュートの入らない「MUSECA」を使用していることが多い。
この仕様に基づき、ページ下部の検索結果は「MUSECA」のものが表示されている。「MÚSECA」での検索結果はこちらを参照されたし。

こちらとは逆のケースとして、同時期にアップデートされたポップンの新作「éclale」はアキュートありの記事が先に作られている。

関連タグ

音ゲー BEMANI

ミュゼカ:略称

外部リンク

公式サイト
BEMANIWiki2nd

関連記事

親記事

BEMANI びーまに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「MUSECA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258320

コメント