2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

へんないきものチャンネル

へんないきものちゃんねる

へんないきものチャンネルとはゆっくり解説系のYouTubeチャンネル。主に不思議な生き物の解説と動物のトリビアの紹介をしている。
目次[非表示]

概要

2019年2月から活動開始。開設当初はゆっくりで解説していたが、YouTubeにおけるゆっくり収益化剥奪騒動が発生。その為VOICEROID結月ゆかりおよび弦巻マキの声を使用したオリジナルキャラクターによる物に変わった(オリキャラについては後述)。生声だけだった時期もある。
2020年2月7日にチャンネル登録者10万人の記念品である「銀の盾」が運営から届いたことを動画で報告した。

動画

  • 動植物の紹介

 クマムシプラナリアなどの有名所からウミケムシ、タカヘなどといったマイナー所までカバー。非生物も取り扱ったことがある。

  • 動植物に関するトリビア
 動物の名前の付いた食べ物の由来や生き物にまつわる迷信都市伝説など。
  • 動植物ランキング
 最強の犬種、高級な猫種といった割とメジャーな物から賢い犬種などのニッチジャンルまで。
  • 動植物に関する人物紹介
 生き物に造詣の深い人物(さかなクンなど)の来歴や著書を紹介している。
  • 生き物ニュース
 その名の示す通り、生き物に関するニュースを紹介する。
  • 歴史
 過去に動物が深く関わった歴史的な出来事を取り扱う。
  • 社会問題
 動物虐待や捨てペット外来種問題といった生き物に関する社会問題を扱い、動物愛護や動物との適切な接し方を呼びかける。
  • 生き物怖い話
 視聴者から集めた生き物に関わる怖い体験談を紹介する。

登場人物

オリジナルキャラクター

きつねさん

CV:結月ゆかり
解説役。一人称は私。
基本的におだやかで真面目だが、怒らせるとかなり怖く、特に生物を無下に扱った人物には自身の変化の術で制裁を下す。
生物とそれに関連する事についてとても博識で愛着も非常に強い分良くも悪くもグロテスクさへの耐性は高く、ゴキブリや軟体動物等にも特に抵抗は示さず、それどころか優々として語っている。
よくたぬきさんを弄ったり、逆に振り回されたりしている。交友関係が広く、ヒアリに詳しい人や元ペットショップ店員(熱帯魚担当)など多岐に渡る。
変化の術を始めとする数々の妖術を操ることができ、時間を進める(現在分かっている上限は2週間)、人に催眠を掛けて一時的に操る、虫やごみを一睨みして消滅させる等最早何でもあり。加えて、体内のウイルスを透視する等の超感覚を持つ。
出身はキツネ村。過去にキツネ村で親子連れの母親が、子供に対しエキノコックスに感染するから触っちゃダメと言われたときはショックだったらしい(きつねさんいわく消毒はちゃんとしてるとのこと)…というのは、全てたぬきさんをからかう為の嘘であり、詳しい出生は不明。好物は油揚げ
基本的に何でもそつなくこなせて博識だが、自分の詳しいところ以外にはとことん疎く、唯一ゲームも不得意。さらに、
Ado氏の「うっせえわ」や「ギラギラ」などを「最近」と言ってしまう(2022年基準で「ギラギラ」は1年前、「うっせえわ」は2年前であり、流行の移り変わりの早い現代からすれば「最近」ではない)。
・メッセンジャーアプリのLINEで写真を送るときに「写メ」と言う
など、流行にも疎い。
見た目は若い女性のように見えるが、実は(変化ができるので)性別は無い。これが肉体ごとに性別を変えられるのか、それとも見た目だけを変えられる完全な無性別という意味なのかは分からない。
大抵は常識人且つたぬきさんへのツッコミポジションだが、結構な駄洒落好きな上に下ネタへの抵抗が限りなく0に近いので、時にはたぬきさんと立場が逆転することもある。
また、調べものに熱が入ると飲まず食わずで徹夜することもある為、行き倒れていることもしばしば。その時はたぬきさんに介抱されている。

たぬきさん

CV:弦巻マキ(※民安ともえ氏がモデルの旧バージョン)
解説を聞く役。きつねさんの幼馴染。尻尾の模様から「タヌキではなくアライグマではないか」という疑惑が浮上しているが、これにはとある過去が関係している。その為、偶にきつねさんから「アライグマシッポタヌキモドキ」と呼ばれている。
本人曰く、動物の狸ではなく「たぬきさん」という独自の種族らしい。
食いしん坊(ご飯を0.1秒で平らげてしまう程)でアホの子。好物はハンバーグ野菜は苦手。
一人称は僕(最初期は時々「私」になっていた)。年齢は不詳(きつねさんは知らず、本人も忘れている)
知らない人を疑いもせず菓子をもらうなど警戒心が薄いが、まったく無い訳ではなく、むしろ食べ物等が一切関わらないならかなりの怖がりで、による獣害事件の話を聞くと怖くてきつねさんと一緒に寝たりする程な上結構なビビリで、ショックのあまり狸の本能が発動して擬死状態になってしまうことも多い。
虫が苦手だが、昆虫動画を好んで視聴するなど、触るのが嫌なだけで眺めるのは好きな模様。そもそもの虫嫌いの原因は、子供の頃にきつねさんに顔に昆虫の腹部をまじまじと見せつけられたから。
「アホの子」と書いたが、察しが悪い訳ではなく、極稀に鋭いことを言ったりする。また、興味の向いたことはとことん勉強する(ただしちゃんと勉強できているかは別)。
趣味はあつ森等のゲームと動画観賞。恐竜に関しては矢鱈詳しい。夜寝る時はよく全裸になっているが、そのせいで寝冷えて風邪をひくことも多い。
ちなみに自宅はあるようだが、きつねさんの家に入り浸っては食事をたかったり冷蔵庫を漁ったりしている。彼女(彼?)のせいできつねさんの家計は火の車らしい。料理は滅多にしないらしいができない訳では無く、見た目は最悪ながらも味は意外といけるらしい。
見た目は少年、あるいは貧乳の少女に見えるが、きつねさんと同じく無性別である。女性用水着を着ることがあったり、書籍「カワイイけど実はアブナイヤツなんです。」にてドレス姿を披露している女性的な面、和装の立ち絵で明らかに男物の着物を着用人気者になるために筋肉を鍛えることにハマる、といった男性的な面を併せ持つ。その為、肉体(外見の)性別ははっきりしていない。どちらにしろ、きつねさんと比べてより中性的なキャラクター。
自由過ぎる振る舞いできつねさんを振り回したり呆れられている一方で、偶にきつねさんの反撃でからかわれたり、弄られることも多い。
また、彼女の駄洒落に呆れたり、倒れた彼女を介抱することもままある。

旧レギュラー

収益剥奪騒動前まで活躍していたメンバー。上記の二人にバトンタッチして以降、「休暇」の名目で出番は全くなくなってしまったがそれ以前の動画は残されている。二人の存在がメジャー化しているため、再演はほぼないと思われる。

ゆっくり魔理沙

元解説役。動物に関する知識は豊富で動画では知識が皆無な霊夢にツッコミを入れてから解説を始めるのが当たり前だった。

ゆっくり霊夢

元解説を聞く役。動物に関する知識は皆無で『雨の日に出るカタツムリを食べようとする』、『ぬいぐるみのクマがかわいいから北海道に移住して本物のクマを見ようとする』など危なげな行動をしようとする。

その他

ろう

本チャンネルの開設主。通称「妖怪お知らせブラックキャット」。
当初は特に姿は決まっておらず、いらすとやの男性が使われていたが、後にオッドアイ黒猫の姿を取るようになった。また、その黒猫の姿も、始めはいらすとやを使っていたが、後の書籍化に際し、その面影を残したオリジナルの姿に変わっていった。本人曰く「人間に擬態していた」らしい。
主に商品の発売告知動画で登場するが、大抵きつねさんに毒舌を振るわれたり、たぬきさんに勝手にクレジットカードを使われたりと碌な目に遭わない苦労人(猫)。
生声解説の過去はあまり触れられたくないらしい。


そしてまさかの

2020年5月27日、動画で「へんないきものチャンネルの本が出版される」ことが発表された。
タイトルは「キモイけど実はイイヤツなんです。」。本チャンネルの運営者であり、著者のろう氏曰く『「生き物ってこんなに面白いんだ!」そんな気持ちを持ってもらいたくて本を出しました。ユニークな生き物が80種ほど詰まった、子供から大人まで楽しめる一冊になってます』とのこと。
その後、「カワイイけど実はアブナイヤツなんです。」というタイトルで2冊目も出版。タイトルの通り、扱う内容は前作と真逆で、新たに漫画パートが追加されている等、バージョンアップしている。

更にまさかの

2021年9月24日、オリジナルテーマソング「すとれんじわ~るど」のMVがリリースされた。
本楽曲は、使用されているボイスロイドの元になった声優である、石黒千尋氏と民安氏が実際に歌っている。
また、その完成を祝してろう氏と歌い手2名とのトーク動画も出されている。

MV



トーク動画



関連タグ

ゆっくり解説
へんないきもの

関連ページ

YouTube
Twitter
質問箱(peing)

関連記事

親記事

ゆっくり解説 ゆっくりかいせつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました