ピクシブ百科事典

Ado

あど

Adoとは、日本の女性歌手・歌い手である。Cloud9所属。ユニバーサルミュージック内のVirgin Musicからメジャーデビュー。
目次[非表示]

今は私の曲を聴いてくださる方々の代わりに戦える存在に
  誰かの人生の脇役になれたらと思ってます。」

概要

日本の歌手歌い手。Cloud9(クラウドナイン)所属。2020年10月23日にユニバーサルミュージック内のVirgin Musicからメジャーデビューを果たした。誕生日は2002年10月24日、出身地は東京都

2017年1月10日ニコニコ動画にてクワガタPの「君の体温」の歌ってみた動画を投稿し、歌い手としての活動を開始。

2019年12月16日にはfeat.Adoとしてくじらの「金木犀」に参加、それ以降は様々なクリエイターの楽曲にボーカリストをして呼ばれ、2020年3月29日にfeat.Adoとして参加したjon-YAKITORYの「シカバネーゼ」は、Spotifyにおける日本のバイラル50チャートで堂々の1位を獲得した。同年10月23日にsyudou書き下ろしの「うっせぇわ」を配信限定リリースし、自身のYouTubeチャンネルにてミュージックビデオを公開。楽曲は爆発的なヒットを生んだ。

Ado」という名前は、小学校の国語の授業で、狂言の世界に存在する「シテとアド」という単語に出会ったことがきっかけに採用した。アドは主役のシテを支える脇役であることを活動開始から1年経過するまで知らなかったものの、単純に単語の響きのカッコよさに惹かれたという。

自画像は青みがかった黒髪のロングヘアーの女性で、Adoが歌うオリジナル楽曲のMVに登場する人物も服装は違えど同じ姿をしている。

特徴

歌い手になるまで

小学生の頃の夢は、漫画家またはイラストレーターであった。クラスの中での自身の存在については、「目立つような存在でなく、地味で内気で根暗でクラスの端っこで絵を描くような人間」「自分と趣味が合う数人の子と話すくらいで、本当に目立つ位置にはおらず、目立つ人達はむしろ避けていた」と振り返っている。

音楽への興味を持ったのは2014年で、ニンテンドー3DSでニコニコ動画を視聴できるソフト『ニコニコ』に触れることにより、「『顔がわからないのにこんなに歌を聴いてもらえる人が居るんだ』と感動した時期があった」と語っている。ボカロ曲や歌い手のことは、楽しくてしょうがなかったという『うごくメモ帳』から知ったのだとか。

歌い手の文化に出会ってからは、「本当に自信がなかった自分でも、これならもしかしたらできるかも」「目立ちたい、ちやほやされたい、もっと色んな人に見てもらえるような人間になりたい」と思うようになった。

歌い手としての意識

活動開始から数日後、友人からの誘いでまふまふによるワンマンライブ『ひきこもりでもLIVEがしたい!』へ足を運ぶことになる。当時、歌い手のライブに行ったのは初めてだった。Adoはこのライブで「まふまふの様になりたいと思ったし、本当にまふまふが居るのだと驚いた。顔を出さないミステリアスな人間にこんなにも集まってくれて、歌を聴いて感動するのは、本当に凄いなとただただ感銘を受けていた」と語っている。

気づいた時には、漠然とした夢は漫画家やイラストレーターから「有名な歌い手」になることへ変わり、また目標はさいたまスーパーアリーナに立てるような有名な歌い手でった。

しかし一方で、皆が笑顔になるような・支えになる曲を歌いたいという輝く感情を抱きながら歌っていたはずが、活動を続けていく程にいつしかネガティブな感情を抱きながら活動をするようになったという。

歌い手になったから数か月後、ネット上で知り合った歌い手のライブを観に行く機会があり、そこでプロ意識が足りない理想とはかけ離れた歌い手の姿を眼にした。このことから、「馬鹿に真面目に頑張る自分が馬鹿なのかと思い始めるようになり、自分が間違っていたのか、自分の思い描いた歌い手の世界は嘘だったのかとやたら執着していた」と語っている。

その苦しみが消えない今でも歌い手として活動を続ける理由は、「苦しみが消えないというよりかはその苦しみを生かしている。自分が間違っていると思いたくなく、だからずっと諦めずに歌を投稿している」「歌い手を始める前に思い描いていた輝かしいものを忘れたくないと思いながら、そればかりを探して戦っている。そして、自分は間違っていないを証明し、誰かを支えられる歌い手になりたいと思っている」からという。

歌や人物像について

歌については今よりもとにかく自信があり、小6の頃から積極的に歌うようになった。歌うことは単純に楽しく、当時は動画投稿したら「10万再生は余裕でいけるだろう」という、ずっと夢ばかり見て何も知らなかったこその謎の自信があったという。

楽曲は防音対策として、自宅のクローゼット内でレコーディングしたものだそう。机上に置いたパソコンの画面の明かりだけを頼りにしたスペースで、胡座をかきながら作品を完成させている。

またパイラルチャート1位になった際は、「喜んだり調子に乗ってもいいはずなのに、最近は逆に冷静になってしまい、本当に他人事みたい」だと謙虚な一面も持っている。

音楽

うっせぇわレディメイドギラギラ
私が俗に言う天才です
舌に乗った苦い感情ばかりが…
ギラギラ
syudouすりぃてにをは

関連イラスト

3人のAdoちゃん
ありのままじゃいられない 誰も 彼も



関連タグ

歌い手 歌手

外部リンク

関連記事

親記事

歌い手 うたいて

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Ado」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69675

コメント