ピクシブ百科事典

川島芳子

かわしまよしこ

満州と日本の女性軍人・女スパイ。男装の麗人の名で有名。

人物

1907年5月24日~1948年3月25日

清朝王族・粛親王善耆の14番目の王女として生まれた。本名は愛新覺羅顯玗(あいしんかくら けんし)
西欧列強によって崩壊状態にあった清朝再興をさせるため、善耆の親友である日本軍軍人・川島浪速の養女となり長野県松本市で日本人として暮らし、名を「川島芳子」とした。学校へはいつも馬に乗っての通学をしていた。
1924年に自殺未遂をし、突如髪を切り男装をするようになった。この時新聞に決意書を送ったため、取材が多く訪れて世間に知られ、男装の麗人と呼ばれるようになった。自殺の原因は浪速から性的虐待を受けたためと言われる。
一時はモンゴル族の男と結婚するも家出し、関東軍軍人の田中隆吉と交際するようになり、諜報員として活動し、大東亜戦争の裏で暗躍した。
1931年に満州事変が起こり満州国が建国され、清朝皇帝溥儀満州へ脱出。この時芳子は溥儀の皇后を満州へ脱出させた。また上海事変のきっかけとなる日本人僧侶襲撃事件を引き起こしたといわれる。
自警団の総司令になった彼女の存在は日本と満州のマスコミに知られ、村松梢風が小説『男装の麗人』の題材にもし、「東洋のマタ・ハリ」「東洋のジャンヌ・ダルクなどとまで呼ばれた。また日本人であった歌手・李香蘭(本名、山口淑子)とも親しくなった。
その一方で日本や関東軍を批判する言動もあり、日本側当局から睨まれてもいた。
1945年、日本が敗戦となり満州も消滅し、中国国民党から日本側の協力した「漢奸」として逮捕され、国共内戦の中で死刑に処せられた。

また生存説も囁かれているがいずれも確証はない。
よくある「男装した美しい女性」「女性軍人」「謎多き女スパイなど多くのイメージを持った代表として日本では根強く人気がある。

関連タグ

中国 満州 清朝 日本 大東亜戦争 第二次世界大戦
日本軍 関東軍 軍人 スパイ 女スパイ 男装 男装の麗人

pixivに投稿された作品 pixivで「川島芳子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22285

コメント