ピクシブ百科事典

四十七大戦

しじゅうしちたいせん

コミックアース・スター等で連載中の都道府県擬人化バトル漫画。作者は日本の漫画家・一二三氏。
目次[非表示]

概要

四十七大戦とは、47都道府県のゆる神(ゆるキャラの神ver.)達が次の「首都」の座を巡って争う都道府県擬人化バトルものである。47tsと略されることも。

その漫画の特徴故に鳥取県の県知事にも愛読されている。知事自らコスプレまでしている。

pixivコミックでも配信中。


WEB漫画総選挙2018にて7月末時点での速報では第2位、
最終結果では13万票を超える得票数で第1位を獲得した。


あらすじ

極東の島国日本の最果ての地、魔境「鳥取」は、人口の減少により崩壊の危機に直面する消滅可能性都市であった。
この物語はそんな不毛の地を必死に支えるご当地神「鳥取さん」の奮闘の記録である。(公式サイトより引用)


登場人物

※CVはPVのもの。


<中国地方>

鳥取さん(CV:島﨑信長

本作の主人公。決闘時はマスケット銃を使用。軍帽には県花二十世紀梨の花があしらわれている。セーラーよりブレザー派。
普段は世界でも類を見ない秘境のゆる神だけあって作中随一のヘタレっぷりを発揮しているが、時勢に流されるまま鳥取県が消え去るのを決して受容しない気概も持っている。
島根さんとはお隣同士だったり字面が似ていたり一時期併合されていたりと因縁が多く、彼と間違われると激怒し、あるいは深く落ち込む。
他県との決闘の度に鳥取県の魅力を見つけ出して勝利を重ねており、ゆくゆくは日本の首都となる(予定)。この物語は、彼が首都となるまでの壮絶な道のりを辿った奇跡的軌跡である。
技「鳥取砂銃」「松葉ガニ」「新甘泉」「シゲル」など

島根さん(CV:増田俊樹

鳥取県の隣に位置する島根県のゆる神。決闘時はたたら製鉄による刀を使用。眼鏡は宍道湖。
立場も字面も似ている鳥取さんとは普段はいがみ合っているものの、同じ弱小県として強い共感を持っている。白兎神社への出張、神在月の中間管理職的接待など神職のような公務が多く、その生真面目さから広島さんには「マジメガネ」鳥取さんには「ミスターお役所」呼ばわりされている。
技「出雲大社宝物殿」「漆黒の緞帳」「竹下ノボル」など

山口さん

戊辰戦争を勝ち抜いた山口県のゆる神。決闘時は大槍「長州力」を振るう。ショタジジイ
山口県は最多の総理大臣輩出数を誇っており、幕末の動乱から始まる近代日本史の礎であるという矜持からか「説教臭い」「灸を据える」といった長老的言動が目立つ。
彼の前で某クレイジーな革命家を呼び捨てにすると丸一日の説教&市中引き回しの刑に処される。
技「総理の加護」「新幹線プライド」「フグ毒針」など

岡山さん

中国地方第二の盟主。決闘時はトランク型重火器を使用。
鳥取県とは南北に隣接しており、江戸時代に同じ池田家が統治していた縁もあって鳥取さんとの仲は良好である。流れる長髪にモノクルを着用し、冷静沈着な軍略家の雰囲気を醸しているが時折真顔で天然を繰り出す。
犬猿雉のお供たちはきび団子で雇われている。
技「機微弾殺」「鷲羽山の狂宴」「蒼天結界」など

広島さん(CV:浅沼晋太郎

中国地方の盟主。決闘時は二丁のリボルバー銃で特色のある銃弾を放つ。広島県民の血液はO(TAFUKU)型。
中国地方編最後にして最強の敵として登場。海軍の真っ白な軍礼装をまとい、ドスの利いた広島弁で鳥取さんを苛める姿はまるで狂犬そのものであるが、凄惨な戦禍から県民一同で立ち直ったという過去あってか非常に仲間想いという一面も持っている。
とある赤い球団の熱心なファン。だって宗教だもの。
技「褐色の銃弾」「不屈のバット投げ」「宮島の大杓子」など


<四国地方>

香川さん

過激派うどん原理主義国家のゆる神。嵌められるより嵌めたい派。Noうどん No Life。
速度オーバーで警察車両をぶっちぎりながらも爽やかな笑顔を崩さないイケメンだが、禁句一言で怒髪天と半袖半ズボンが特徴的な鬼神と化す。その怒りを鎮めるには、とある音を聞かせればよいのだが……。
瀬戸大橋で結ばれた岡山さんとは仲がいい。
原作初登場は第壱話6ページ目で、主人公鳥取さんに次いで二番目と意外に早い。

愛媛さん

愛媛県のゆる神。隣の香川さんと同様に笑顔を絶やさず、その口元にはほくろがある。
みかん箱満載のリアカーを引きながら瀬戸内をサイクリングしたり厨房爆破エピソードがあったりと、そこはかとなく天然臭を漂わせている。
しまなみ海道で結ばれた広島さんとは仲がいい。

徳島さん

徳島県のゆる神。本編未登場。
大阪さんと仲がいい。

高知さん

高知県のゆる神。本編未登場だが鳥取さん曰く「気が強い」らしい。
カツオと仲がいい。


<九州地方>

福岡さん

修羅の国、福岡のゆる神。自他共に認める九州のトップ。カラーレンズサングラスやライダージャケットなどオラオラ系ファッションで身を固めている。武装もオラオラガトリング砲。三大都市は東京・大阪・福岡だろ?
愛知さん曰く「豚骨脳筋ヤンキー」だが、鳥取さんに罠を張るなど策士の面も持つ。

佐賀さん

佐賀県のゆる神。福岡さんの補佐。限りなく澄ましきったポーカーフェイスに泣きぼくろ。
影が薄く同じ九州人でも佐賀県の位置を把握できない。
技「呼子斬」など

大分さん

大分県のゆる神。「よだきい」が口癖。決闘時は棘が出る仕組みのヨーヨーを使用。
思春期と反抗期を煮詰めたような性格をしている。福岡さん曰く「ツンケンしてかわいくない」らしいが、鳥取さんに「まずはお友達になってください!」と言われ、赤面する一面も。
かぼすとすだちを間違えると地獄に落とされるよ。
技「地産地消」「七大地獄めぐり」「鬼石坊主地獄」など

長崎さん

長崎県のゆる神。決闘時はショットガンを使用。
風呂場で爆竹をぶっ放したりする。
争いごとを好まない性格のようだが、引き分けにすることを持ちかけた鳥取に対して「甘い覚悟でやらないでくれ」というなど、やるときはやる。
高齢化のこのご時世に坂道の多い彼は、それに対してはサディスティックになったりする。
技「百花葬送」「無限峻坂」「グラバー邸」など

鹿児島さん

九州の南端、鬼島津のゆるくない神。 圧 が す ご い 。 
豪傑オーラ出しまくりの和装束髪な薩摩隼人で、焼酎一升空けられない男とは話す気はない。
お隣の宮崎さんを「宮」と呼び、彼の天真爛漫さに辟易する様を見せたりもする。
薩長同盟の縁からか、山口さんを長州と呼ぶ。
技「示言流」「多すぎる火山灰」など

宮崎さん

宮崎県のゆるすぎる神。麦わら帽子にオーバーオール。汗をかいたら(焼酎)瓶だね!
お隣の「かごさん」こと鹿児島さんとは日本のアルコール消費量ツートップを形成。
南国らしい陽気で朗らかな性格だが、アルコール25度以下は水だとさらり言っちゃうあたり正気かどうかが疑われる。
技「青盤鬼射」など

熊本さん

熊本県のゆる神。肥後もっこす。九州No.2。決闘時は銃と一体化したまさかりを振るう。
むすっとした不機嫌な表情が取っ付きにくさを感じさせるが、仲間を重んじ、困った人を放っておけない一本気な番長気質。テレパシー級の超難解言語「ぎゃん」は熊本県民のみが使える。
知名度抜群の黒い熊のゆるキャラを有しているが、大人の事情というリアルな問題が絡んでくるあたり今後使用されるかは不透明。
技「いきなり弾GO」「熊本城勇気玉」など

沖縄さん

沖縄県のゆる神。ウチナータイムの中で生きるうちなーんちゅ。
可愛い少年の外見をしているが、その体には……
スヌイはロマン。


<近畿地方>

大阪さん

大阪府のゆる神。日本を統べる四天王の一角。一巻のラストで四天王の中で最も早く登場。西日本の雄。詰襟軍服にハチマキと指ぬきグローブを着用。乳?尻?脚やな。
その軽いノリといい加減さで補佐役の兵庫さんを度々怒らせるが、同じ四天王の京都さんを含め近畿地方を束ねていることから相当の実力者であることがうかがえる。
初登場時の凄まじい貫禄をぶち壊す勢いでネタに走っている。NATOティーシャツ。本能>理性。関西弁はモテると聞きつけて収録中のスタジオの壁を突き破って兵庫さんに制裁を加えられたこともある。世紀末センスや!イカしとるやろ!
鳥取さんを「鳥坊」と呼んでおり、その活躍を父兄さながら涙を流して喜ぶ。

兵庫さん

兵庫県のゆる神。大阪さんの補佐。チェック柄のインバネスを着用。
大阪さんが会議中に居眠りをしたり飼い虎を勝手に自分の物にしたりする等、日々の気苦労が絶えない様子。虎の額には大きな傷跡が。

京都さん

京都府のゆる神。日本を統べる四天王の一角。西陣織を優雅に羽織る麗人。歴史と伝統を司る神であり、高貴かつ余裕に満ちた雰囲気を漂わせているが濃厚こってりラーメンがご飯のおかず。決闘時はサーベルを使用。
第拾捌話で鳥取さん以外では初となる決闘を行い、四天王の圧倒的な戦闘力を示す。同じ上位格の大阪さんには普段から冷めた態度を取っているが、悩める彼を叱咤激励するなど西日本の首領として認めている模様。
技「京都鉄塔景観違和(京都タワー半分ビルやないか)スラッシュ」「五魂昇焔」

滋賀さん

滋賀県のゆる神。京都さんの補佐。頭にはヘッドセット、肩にはナマズ「びわこ」をぶらさげている。決闘時はびわこが形態変化したスナイパーライフルを使用。
日本一の水瓶・琵琶湖を有しており、京都さんにせがまれるまま水のみならず様々な物を貢がされているが、見張りや諜報など有能な補佐っぷりを要所で発揮。滋賀県と言えば琵琶湖があるところという一般認識を逆手にとった戦術で、敵に位置を捉えられなくすることも可能。

三重さん

三重県のゆる神。県花ハナショウブの紋入り眼鏡を着用。決闘時は巨大な鎖鎌を振るう。スパーランドがないならレゴランドで遊べばいいじゃない。
伊賀忍者らしくスパイという役回り。語尾に「〜ッス」を付けたり近所の四天王をアニキ、ダンナ、姐さんと呼んだりと下っ端口調をしているが、関西と中部に挟まれた立場ゆえか自分をなかなか出せずにいる。
技「真珠散華」「朔日裂餅」「八咫の鏡の反転結界」


<中部地方>

愛知さん

愛知県のゆる神。
日本を統べる四天王の一角。名古屋襟のセーラーにコルセット&縦縞タイツという個性的な着こなしをしている。決して「味噌カツダサケバ女」などと呼んではいけない。
お嬢様風にふるまい、側には岐阜さんを侍らせている。

岐阜さん

岐阜県のゆる神。愛知さんの従者。腰まで届く三つ編みツインテール。
メイド服姿を恥じらったり大勢の人を前に緊張するなど初(うぶ)な性格をしているが……
愛知さんに近づく奴は殺す。(※公式)


<関東地方>

東京さん

東京都のゆる神。日本を統べる四天王の一角であり、この国の首都。
白っぽいジャケットとズボンに長いマント、ストール。頭には小さな王冠が乗っかっている。
作中最強である都道府県だけあってその登場は読者の肝を抜かすサプライズ的演出。しかし王者らしい凄みや横柄さはなく、姿は華奢な少年そのもの。ある意味、物語中でもっとも「普通」な人。
埼玉さんとは双子(東京さんは兄)。

神奈川さん

神奈川県のゆる神。首都東京さんの補佐。迷彩柄のミリタリージャケットにドッグタグ。
補佐でありながら人口や政令指定都市は他の四天王・大阪京都愛知を上回る強者。東京を呼び捨てたりあいつ呼ばわりするなど親密さを見せつけているが、西の漫才コンビのような激しいボケツッコミはしない模様。

埼玉さん

埼玉県のゆる神。常に池袋にいる。サ●ボクハムのヘビーユーザー。
素材はいいのに自分の容姿をあまり気にしていない。(千葉さん曰く「もさいたま」。)
千葉さんと関東No.3の座を争っている。東京さんとは双子(埼玉さんは弟)。

千葉さん

千葉県のゆる神。刈り上げにソフトモヒカンとヤンキーのような見た目だが気遣いのできる常識人。
便利すぎる自県のマスコットを実用的に愛している。
埼玉さんと関東No.3の座を争っている。


<北海道>

北海道さん

北海道のゆる神。首都争奪戦のさなか突如独立を宣言する。


<その他>

スタベちゃん

コーヒーチェーン店のグローバル企業・スターベックスのマスコットキャラクターにして「ブランド化」を司るゆる神。ボクっ子
紙コップ状態と人型状態とがあるが、どちらにせよ横柄な態度で極めて毒舌。暴力的な腕力とゲーム運の持ち主。
東京の一極集中を危惧したエラい人達に頼まれてこの首都争奪戦の審判を務める。
ちなみに元ネタであるスターバックスは2018年11月時点、鳥取県、島根県、高知県、徳島県が最少出店数4で並んでいる状態。













最後に

本作品のキャラクターは実在する都道府県・地域です。すなわち、かなりデリケートなジャンルだと言えます。
二次創作はそれに十分注意し、以下の点への留意が必要でしょう。
(某国擬人化県擬人化にも同様の内容の記事があるので一読することを推奨します)

  • Pixivでのタグ表記について
・「四十七大戦」、「47大戦【腐】」(後者は腐向けBL作品向け)等のタグの使用
・県名+(47ts)表記。

※例:◎「鳥取(47ts)」「島根(47ts)」+「四十七大戦」
   △「鳥取」「島根」+「四十七大戦」……県名そのままは避けたほうが無難。
  「四十七大戦」+「47大戦【腐】」……一般タグと腐向けタグの併用は避けたほうが良い。

  • 投稿作品について
キャラクターの歴史的背景は作中でも数人触れられています。
しかし戦争・政治・天災等を二次創作のネタとする作品は、不愉快・不謹慎に映ることがあります。
これらに該当する作品については、作品サムネイル・キャプションでの注意、ワンクッション置くなどの対応を行い十分に配慮しましょう。






比較的新興のジャンルであるため、まだルールやマナーが確立しているわけではありません。
しかしそのような時こそ、個人の行動が大きな意味を持ちます。

それがジャンルのマナーになるからです。

長く愛する・愛されるジャンルとなるためにも、今一度考えてみませんか。





関連動画




関連タグ

コミックアース・スター
擬人化
四十七大戦コンビ一覧……コンビタグの一覧
47大戦【腐】


関連リンク

『四十七大戦』 |コミックアース・スター
特設サイト
『四十七大戦』 |pixivコミック
wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「四十七大戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 552893

コメント