ピクシブ百科事典

ジークリンデ・サリヴァン

じーくりんでさりゔぁん

ジークリンデ・サリヴァンとは、『黒執事』の登場人物。
目次[非表示]

概要

11歳。一人称はボク
ドイツにある「人狼(ヴェアヴォルフ)の森」にある村、「狼の谷」(ヴォルフス・シュルト)の若き領主。普段は領主らしく毅然としているが、根は年頃の少女らしく明るく無邪気。食事のマナー等にはずぼらで、羞恥心があまりない。好奇心が旺盛で、特に医療関係のものを好む。が、何故かあっち系のことにも興味津々で、危ない発言も多い。
頭が非常に良く、最初はドイツ語しか話せなかったが、セバスチャンから借りた民間療法の本を読んで、わずかな時間で英語が話せるようになった。
村の領主としての決まりで、纏足(てんそく)という方法を用いて、両足を小さく矯正しており、補助なしで自由に歩くことが出来ないため、普段は執事のヴォルフラムに抱えてもらって移動している。

村の領主「緑の魔女」として、「人狼」から領民を救うために、魔術や薬学の知識を用いて、「究極魔法」を完成させるという「勤め」を果たそうと、日々、努力を重ねていた。

セバスチャンとシエルに、「外の世界に行かないか」と誘われ、元々、外の世界に強い憧れを持っていたサリヴァンは、彼らと共に「狼の谷」から出よう決意。セバスチャン達に連れられた先で、「狼の谷」の秘密を知ることになる。

ネタバレ

それは「狼の谷」が、究極の兵器開発を目的とした「天才」の育成計画のために作られた軍事施設で、「緑の魔女」としての使命や「人狼」は、自分を利用するために作り出したまやかし。しかも、計画の発案者は実の母親で、必死になって完成させた「究極魔法」の正体は「毒ガスの生成法」だという事実。

全てを知った彼女は絶望し、一度は死のうと考えたが、シエルの説得で考えを改め、自分の力を別の方向で活かすため、生きて挑戦することを選択。シエル達と共に「狼の谷」を後にした。

現在は英国に屋敷を構え、様々な医療関係の開発をしている。
また、歩行補助用機器「蜘蛛の脚」(アラクネ・パトゥサ)を用いての自立歩行が可能になっている。

余談

製作陣からの愛称はサリーちゃんサリヴァン+緑の魔女だから、らしい。

関連タグ

黒執事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジークリンデ・サリヴァン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15497

コメント