ピクシブ百科事典

ヴォルフラム・ゲルツァー

ゔぉるふらむげるつぁー

ヴォルフラム・ゲルツァーとは、『黒執事』の登場人物。メイン画像の右側の人物。
目次[非表示]

概要

サリヴァンに仕える「緑の魔女の執事」として、「狼の谷」に住む唯一の男性。一人称は俺。サリヴァンを「お嬢」と呼び慕っているが、少々、過保護。
ぶっきらぼうで口が悪く、やや短気な性格だが、根は真面目で優しい。鹿ほどではないが、使用人としての能力に問題があり、作業効率が非常に悪い。

サリヴァンが外の世界に興味を持つのを快く思っておらず、特にセバスチャンに対して、敵対心をむき出しにしていた。

ネタバレ

その正体は、ドイツ軍の中尉。「緑の魔女の執事」として、サリヴァンの護衛役と監視役を勤めており、有事の際には「緑の魔女」を処分する役目を与えられていた。ヴォルフラム・ゲルツァーというのもこの任務のために軍上層部からつけられた名前。本名は不明。だが過去の回想などを見るにもともと名前などなかった可能性が高い。

幼少期から軍事教練を受けていたためか高い戦闘能力を持っておりバルドスネークを退け、至近距離からの銃撃をかわすことが出来るほどに強い。

「狼の谷」から逃げ出したサリヴァン達を追うものの、軍がサリヴァンの抹殺に動いたため、最終的に軍を裏切って、サリヴァン達を助けた。

その後、サリヴァンと共に英国に移住。サリヴァンの執事として活躍しているが、英語が苦手で、文法も少しおかしなもの(怒っているのに敬語)だったり、カタコトだったりしている。

余談

製作陣からの愛称はヤーさん
作中、「ja(ヤー)」(ドイツ語で「はい」という意味。英語でいうYesにあたる)と頻繁に言っていたため。話し方が少し変わっているのも、影響しているかもしれない。

関連タグ

黒執事 ジークリンデ・サリヴァン

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルフラム・ゲルツァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1003

コメント