ピクシブ百科事典

キノ

きの

ライトノベル『キノの旅』の登場人物であり主人公。クールでボーイッシュな美少女。
目次[非表示]

CV一覧

前田愛(女優)〈アニメ〉
久川綾〈ラジオドラマ&電撃文庫FIGHTING CLIMAX
悠木碧〈多数決ドラマ・再アニメ版〉

概要

モトラド(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す)のエルメスと世界中を旅している。12歳になると手術によって子どもを大人に作り替える風習がある「大人の国」出身。
先代のキノに倣い、基本的に1つの国に3日間しか滞在しない。旅の明確な目的は特に無く、旅を続けること自体が実質的な旅の目的である。

毎朝、夜明けとともに起きては軽い運動、パースエイダーの抜きや構えや格闘練習、整備、その後にあればシャワーを浴びて、朝食を摂り、エルメスを文字通り叩き起すというライフサイクルを送っている。

無口という訳ではないが寡黙で、最初の一言を発しただけで黙ることも多い。そのため、その続きを多弁なエルメスに勝手に代弁されることがしばしばある。ついでにエルメスにからかわれることも多く、その時はタイヤやらタンクを蹴って突っ込む。表情の変化も少ないが、感情が乏しいわけではない。

びんぼーしょー(エルメス談)で矮躯に見合わず大食いであり、おいしい食事に弱く食い倒れる事もある(「分かれている国」より)。
旅を続けていく中でキノの貧乏性は悪化の一途をたどっており、「何事も経験」等と言って食べ過ぎて倒れたり、ただで食事にありつくために半日刑事のお供をしたり、普通にアルバイトをしているのと大して変わらないのではないかと思えるような行動も増えている。但し基本的に他人を信用していないので、いかに食いしん坊であっても食べ物をダシにした罠にはまるようなことは無い。
料理はとても下手(特に味付け)で、試食した師匠は死にかけたらしい。一応本人も自覚しているが、そこまで酷いとは感じてない模様。

キノという名前は本名ではなく、恩人の旅人の名前を踏襲したもの。
本名は故郷の国を脱出する時に捨てており、最早本人もほとんど思い出せないものになってしまっている。現在でも明らかにされておらず、”秋に咲く、地面に群生する赤い花と同じ名前・読み方を変えると悪口になる”という特徴(ヒント)が分かっている程度である。
キノと名乗る以前の子供時代の話においては、時雨沢作品共通の伏字である×××××(5文字以外でも使われる)と名前が表記される。

脱出したは良いものの道に迷い行き倒れ、そこを「師匠」に助けられる。彼女の下でサバイバル術を徹底的に叩き込まれたため、射撃の腕や銃撃戦の中を生き延びる技はまさに人知を超えている(柔道のように段数があり、4段の黒帯だという)。
そのため様々な銃器を自在に操ることができ、拳銃回転式拳銃はもとより、ショットガンライフルの腕前も達人級である。大口径狙撃銃を試射した際は職業軍人からも感嘆の声が上がり、1キロ以上先の標的を標的を正確に打ち抜く腕前を見せている。

他人になるべく関わらないようにする(人に関わるとろくなことが無いと考えている)、自分の命を奪うのであらばやむを得ず人を殺すなど、行動パターンも師匠の影響が多少はある。
しかし師匠と異なりあまり欲がないため、基本的には欲のためにわざわざ人を手にかけない。最近では貧乏性が悪化しすぎて弾すらなるべく使わないようにしている節が見られる。たとえ自己の利益が関係する話でも、師匠ほど無慈悲ではなく可能ならば殺さずに済むような手段をとることが多い。頼まれた相手によっては、利益の有無に関わらず人助けをする事もある。

作中での他人からの評価はまちまちで、冷たい感じとも優しいとも評価されることがある。見る人が見れば今まで何人かの人間を殺してきたこともわかるらしいが、ほとんど悪人に命を狙われやむを得ずというケースが多いため利己的な師匠ほど極端な評価はされていない。ゲームでも「長いこと滞在すると情が移る」と話している。

容姿

『×××××××××』


容姿にはかなり恵まれていると言える。黒い(深い緑で描かれることが多い)短髪に大きな瞳の整った精悍(もしくは端整)な顔つきをしており、白いシャツの上に黒のジャケット(夏場は袖を取ったベスト)、春はさらにその上に初代キノの茶色いコートを羽織っている。ジャケットは服の合わせ目から見て男性用のものと思われる(広義の男装とも解釈可能)。

キノの旅 -the Beautiful World-


運転中等はゴーグルと耳あての付いた帽子を被る。
このような容姿に加え一人称が「ボク」であるため、作中の登場人物にはよく少年と間違えられるが正真正銘の女の子シズも陸に指摘されるまで、キノを少年だと思っていた。一人称が「ボク」なのは初代キノが男性だった影響によるものであり、キノ自身に性別を隠そうとするつもりは無い。
ただ一見凛々しくとも、半開きの目などどこか抜けている雰囲気がある。劇場版の病気の国で初めて見せた全裸のシーンでは少し隠れていたが胸の膨らみが確認でき、年齢相応のプロポーションは持っている様子。

とびだす×××××


旅に出る以前は長い黒髪に赤いリボン、フリル付きのエプロンワンピースと少女らしい服装でありこのときはまだ「キノ」ではないので×××××(×っ子)と分けて呼ばれることもある。

旅を始めてからのキノは歳をとっている様子が無いが、イラストでの顔立ちは初期は子供っぽく、現在では大人びた顔つきになってきている。これはどちらかというと10年を越える連載の中で画風が変化したと言うのが正しい見方であろう。

ちなみに「キノの旅」の中で美少女という表記はあまりされないが、公式パロディ作品である学園キノでは美少女と表記されることがある(但し、あれはあくまで木乃という別人格)。
またキノを見た山賊が「かわいいなあ!」を繰り返していた(女の子だと見抜いた)ことがあった。

パースエイダー(銃)について

キノは現在、「カノン」「森の人」「フルート」という3丁のパースエイダーを携帯している。このほか、多数携帯しているナイフのひとつは仕込み銃になっているらしく、あわせると4丁である。

「カノン」

44口径(44マグナムではない)リボルバー拳銃。師匠にもらったもので、キノの主武装。
コルト社の軍用リボルバー「M1851」がモデルだと思われる(オリジナルは36口径)。
パーカッション式という準古式銃の一種で、薬莢を用いず、シリンダーに直接火薬と雷管、弾頭を装填する。
そのため弾丸の装填にはかなり手間がかかる。また、モデルと思しきM1851に使用される火薬は黒色火薬のため、撃つと白煙と悪臭がひどい。
ただし、作中では液体火薬を用いている描写があるため、実銃であるM1851とは細部が異なると思われる。

『装填の面倒臭さ』の参考のため、M1851の装填の手順を書いておく。

  1. ハンマーをハーフコックにする。
  2. 火薬缶の先端部を指で抑え、つまみを押して下に向けると1発分の火薬が先端に溜まるので、溜まった火薬を前方から各シリンダー内に入れる(ローディングゲートのようなものは無いので銃の右側のシリンダー露出部から入れる)。昔はフラスコという袋に火薬を入れて持ち運んだが今では実用的ではない。
  3. 弾頭をシリンダーの先端部分に前方から入れ、シリンダーを回して銃の一番下(銃身と反対の位置)に移動させ、銃身の下のプランジャーハンドルを下に90度折り曲げて、テコの力で弾頭をシリンダー内に押し込む、という動作を6発分繰り返す。もし使う弾頭が球状のものの場合、弾と火薬の間にパッチという薄い紙を一緒にシリンダーに押し込む。
  4. 雷管をシリンダーの後部の穴にはめ込んでいく。
  5. 装填が終わった後、シリンダー前方にグリスを多めに塗ることが望ましい。
なお、M1851は弾速が遅く、構造が脆弱(一般的なリボルバーと異なり銃身が下側からしか支えられていない=強装薬不可)であり、命中率も威力も現代の銃に比べかなり劣る。
また作中、プランジャーハンドルを下げてフォアグリップ代わりにしているシーンがあるが、実銃でこれを行うとプランジャーが傷む上、シリンダーから漏れた発射ガスで手を傷める。

と、一見するとまるでいいとこなしの銃である。
だがこれらの不便さは「いざという時に弾丸を自作できる」ということの裏返しでもあり、いつも弾丸を調達できるとは限らない根無し草のキノにとっては見逃せないメリットである。また弾頭の形状や液体火薬の量を変えることで、イレギュラーな使い方も可能。

「森の人」

実銃のコルト・ウッズマン(Woodsman=森の人)のことである。
.22LR(ロングライフル)弾を使用する競技用(正確には練習用)のオートマチック拳銃で、高精度であり、レーザーサイトとサイレンサーが使用できる。威力は低い。装弾数10発。
左右が通常のウッズマンとは逆になっている左手用モデルだが、現実にはそのようなウッズマンは無い。
師匠の相棒が使用していた銃で、年老いた彼から譲られた。

「フルート」

ある射撃の盛んな国に立ち寄った際譲り受けたライフル銃。その国では「五二型国民ライフル」と呼ばれていた。
半自動式のライフルで、スコープとサイレンサーを装着可能。装弾数9発。キノは狙撃銃として使用している。たまに釣竿としても使用する。
持ち運ぶときは銃身ごと二つに分解することが出来る。
現実にはこのような銃(組み立て式自動小銃)はありえないと考えられ、この銃のみ完全な架空の銃とされている。
なお、コンセプトそのものは旧日本軍が試作した降下兵用小銃の「二式テラ銃」をモデルにしているらしい。また名前のモデルは第二次世界大戦末期のナチスドイツにおける戦時省力型小銃を意味するVolksgewehr(国民小銃)か。
また、ⅩⅧ巻にて初めてデザインが判明した。デザインに関わったのは秋元こうじ。

「仕込み銃」

ある国のパースエイダーマニアから譲り受けた仕込み銃ナイフと拳銃を組み合わせた代物。
ナイフのグリップ部分にシリンダーがあり、4発の銃弾を装填できる。また銃弾の代わりに小型のレーザーサイトを装填することもできる。
旅の途中で野盗に囲まれ、武装解除を受けた際に使用。パースエイダーとナイフを外すよう命令され、カノンと森の人、ナイフをいくつか外した後に使用し発砲。完全に油断していた野盗は逆襲に遭い、あっという間に打ち倒される。
以降に使用形跡がないことから緊急時用として用いられていると思われる。(出番がないのは使わざるを得ない状況に陥らないから。上記の際はかなり危なかったと振り返っている)。

補足

名前の由来は独語で映画を意味するKinematographを略したKinoから。
カジノゲームにキノと言うのがあるが、これは誤り。(こちらのつづりはKeno)

可能性のある名前

キノの本名について様々な議論がされているが、1番近い(かもしれないと思われる)名前は、『ケイト』である。
理由としては、秋に群生する赤い花で探すと、『鶏頭(けいとう)』という名前の花が有り、読み方を変えると「とりあたま」と言えるからである。
(とりあたま(鳥頭)は侮蔑の一つ)

2番目にはイラストとして登場する赤い花に近いとして『アネモネ(ポピー)』が挙げられており、こちらは綴りのスペル(poppy)の一文字を変えるとpuppy(幼児語でウ〇コ)と読めるからだとされている。

CVについての余談

キノのキャストは数奇な運命を辿っている。

一番最初に音声化されたドラマCD版では久川綾氏が担当していたが、この時点ではこれっきりであった。現状は久川氏が初代ということになる。

初の大々的なメディア化となったPS2ゲーム版・アニメ版以降は、女優の前田愛氏が担当した。女優でありながらキノのメディア展開ではほぼ氏が演じており、アニメ版第一作から数年経過した後も、映画版第二作や電撃文庫のオールスターゲーム『電撃学園RPG Cross of Venus』(2009年)と出演を継続していた。しかしこのゲームが現状最後の担当となった。

その後、『電撃文庫FIGHTING CLIMAX』では、前田愛氏が降板という形になったためか、事実上の初代となる久川綾氏が再起用された。しかしサポートキャラ限定だったため、台詞自体は少なかった。

多数決ドラマ&再アニメでは事実上の三代目となる悠木碧氏が担当。悠木氏はゲーム・アニメ第一作の『優しい国』で登場したさくら役を担当(当時は八武崎碧名義)しており、当時は子役だった。そしてこれがアニメ声優としての道を歩むキッカケとなっている。

ちなみに、原作者の時雨沢恵一氏は、新作アニメのインタビューにて悠木氏がかつてさくら役を演じた子役だと気づかず経歴を見て(旧名の八武崎氏と同一人物だと知って)驚いたと語っている。

関連イラスト

キノさん
×××××


過ぎ行く季節
世界は美しくなんかない



関連タグ

キノの旅 エルメス 学園キノ 木乃 
ボクっ娘 男装 大食い
××××× シズキノ

pixivに投稿された作品 pixivで「キノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3391832

コメント