ピクシブ百科事典

リネーア

りねーあ

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」の登場人物。
目次[非表示]

「みなさーん!時代は今、ノーフォーク農法でーす!」

概要

リネーア(Linnea)とはライトノベル百錬の覇王と聖約の戦乙女」の登場人物。

プロフィール

称号:『緋の雌虎(ヒルディスヴィーニ)』
ルーン:なし
能力:真心を込めて真摯に民と向き合う、人の話の真意を理解する、物事を段取り実行する
CV:高尾奏音(当初は船戸ゆり絵がキャステイングされていたが事務所退所に伴い変更)

人物

15歳にも満たない若さで「角」の氏族を率いる宗主となった少女。
主人公である「周防勇斗」が「狼」の宗主になったことを知り、好機ととらえ戦争を仕掛けるも惨敗。
弱小と侮った「狼」に連戦連敗を喫して宗主としての自信を失った所、交渉に応じて「誓盃の儀」を結び妹分となる。

ユグドラシルの世界における氏族制度は帝国による世襲制度の廃止と、それに対する反発を発端としているため、特殊な力「ルーン」宿した人間「エインヘリアル」が重宝される中で、ルーンを持たずに世襲で宗主となったリネーアは異端であり、世襲であることを知る一部の人間からは不安視されていた。
その逆境を跳ね除けるように民と向き合い善政を敷いたことで「角」の住人からは慕われている。

「雷」の氏族の宗主であるステインソールは先代の「角」の宗主=リネーアの実父を手にかけた親の仇なのだが、ステインソール自身は全く意に介さないどころかリネーアの体形も含めて子供扱いしたため、リネーアは羞恥を含めた屈辱を味わっている。
もっとも世襲であることは伏せられているため、そこまでの悪気はないのだが…

遊兵を作らない、兵站を途絶えさせないといった基本的だが重要な事は押さえている一方、元々争い事は不得手で戦場での活躍は芳しくない。
その反面、内政能力に秀でており、妹分となった後も後方支援役を務めている。

ノーフォーク農法

現代知識チートの定番とも言える「ノーフォーク農法」を実践する際、リネーアの理解力や民との信頼関係が描写され活用されるはずだったのだが、アニメでは過程をすっ飛ばして「みなさーん!時代は今、ノーフォーク農法でーす!」と原作にないセリフを一言叫んだだけで終わってしまい、アニメ視聴者から「ノーフォークピンク」などの渾名を付けられた。
また、ノーフォーク農法が浸透した報告を受けた勇斗の「さっさと妹にしといてよかったぜ」というあんまりな発言も散々突っ込まれた。

関連タグ

百錬の覇王と聖約の戦乙女

pixivに投稿された作品 pixivで「リネーア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2121

コメント