ピクシブ百科事典

ノーフォーク

のーふぉーく

イギリスの行政州。Norfolk。それに因んで命名された地名、公爵位、ジャケット、艦名など。
目次[非表示]

曖昧さ回避


ノーフォーク州(Norfolk)

イギリスのイースト・オブ・イングランド地方に位置する行政州。州都はノリッチ
地形はなだらかな波状地でほぼ全域が氷河堆積物や沖積土に覆われ、低地が多く牧草地が広がる。風光明媚なカントリーサイドである。

西暦60年にイケニ族の女王ブーディカローマ帝国に反乱を起こした。
海岸からはアングル人サクソン人ノルマン人の侵攻があった。
南側で接するサフォーク州と共に、中世にはイースト・アングリア王国の支配地。

ノーフォーク・ジャケット

後身頃前身頃にボックス・プリーツが施され、腕の上げ下げが楽な狩猟ジャケット前合わせはシングルで肩にヨークが当てられ、獲物を下げるためウェスト・ベルトがある。狩猟の際に光らないようレザーボタンが使用される。
ノーフォーク公が狩猟用に仕立てたジャケットを源流とすると言われ、1860年代に王太子時代のエドワード7世がノーフォークで主催したスポーツサークルで流行した。

重巡洋艦「ノーフォーク」

イギリス海軍のノーフォーク級重巡洋艦5番艦。
ワシントン海軍軍縮条約の制限に基づいた条約型重巡洋艦で、排水量は後に建造されたエディンバラ級軽巡洋艦と大差ない。基準排水量1万トンを堅持するため、速力と防御力を犠牲に火力と航続性能に重点を置いた設計となった。
基本設計はエメラルド級軽巡洋艦の拡大である。

艦歴
1927年7月8日起工、1928年12月12日進水、1930年4月30日就役。
1931年9月、大西洋艦隊水兵のストライキインヴァーゴードン反乱」に乗員が参加。
1932年、西インド諸島に配備。
1935年、東インド方面に配備。

1939年9月1日、近代化改装中に第二次世界大戦が勃発。第18巡洋艦戦隊に配属され、大西洋でドイツ海軍艦艇の追跡に当たる。
1940年3月16日、スカパ・フローで修理中、ルフトヴァッフェの空襲で損傷。それを機にレーダーが装備される。
1940年12月、大西洋でドイツ海軍艦艇の追跡に当たる。
1941年5月23日、ドイツ海軍戦艦ビスマルク」を追跡開始。
5月27日、「ビスマルク」に命中弾を与え、前部射撃指揮所を破壊。
1943年12月26日、船団護衛中にドイツ海軍戦艦「シャルンホルスト」に遭遇し、命中弾を与えた(北岬沖海戦)。

1945年6月7日、ドイツによるノルウェー占領中ロンドンに亡命していた王族オスロへ運ぶ。
1949年、予備役となる。
1950年1月3日、スクラップとして売却。

関連タグ

イギリス カウンティ イースト・アングリア ブーディカ
イギリス海軍 ダブリン級 ノーフォーク級 カウンティ級 23型
アメリカ海軍 ロサンゼルス級

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーフォーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12612

コメント