ピクシブ百科事典

上野さんは不器用

うえのさんはぶきよう

『上野さんは不器用』とは、ヤングアニマルで連載されている漫画作品。
目次[非表示]

概要

作者はtugeneko。漫画雑誌「ヤングアニマル」にて連載中。
どこかの中学校理科室を舞台に繰り広げられる、爽やかなエロとギャグが主体の作品。
見方によっては下ネタと受け取れる話も多いが、少年誌のギャグ漫画によく見られるようなどぎつい汚らしさや下品さではなく、上手く適度なフェティシズムの範疇に収めている(単行本5巻の表紙に記載されている作品解説いわく「SF(すこしフェチラブコメ」とのこと)。

2019年1月よりアニメが放送(※15分アニメ)。放送局によっては単独枠、あるいは別番組とのセット放送となっており、JCOMではアニおびでの枠で放送されるが、こちらはマナリアフレンズとのセット放送になる。

登場人物

一部登場人物を除き、今のところほとんどの人物が苗字しか明らかになっていない。

  • 上野(CV:芹澤優) 本作の主人公にしてメインヒロイン。とある中学校の科学部部長で3年生の女子生徒。現代科学を軽く超越したオーバーテクノロジーレベルの発明品を毎回のように開発するなど、驚異的な頭脳の持ち主。普段は強気で尊大な口調と態度(ただし、他部の同級生相手には普通の口調で喋る)だが、その一方で恋する乙女な一面もあり、後輩の田中に好意を抱いている。そのため、自身の発明品を使って田中に強烈かつ遠回し気味なアプローチを幾度となく仕掛けては、成功した時の妄想(普通に両想いになるものから、田中を半ば隷属させたり、人生の墓場に入れたり、はては幸せな家庭を築いていたりとバリエーション豊富)に浸ってほくそ笑んでいるが、メインタイトル通りに不器用な自身の性格と鈍すぎる田中のせいで二人の仲はちっとも進展せず、そのくせたまに上手くいきそうになると急にヘタレて誤魔化したり自らフラグを折ったりするなど、態度は強気だが恋には弱気な天才少女。

  • 田中(CV:田中あいみ) 上野の後輩で中学2年生の男子生徒。やや頼りなげな印象の優男だが、凄まじいまでの鈍感かつ天然ボケ体質の持ち主で、上野の強烈なアプローチを(むしろ悪意があるのではないかと勘繰ってしまいかねないレベルの鈍感さで)とことん破綻させていく罪作りな男。しかし、上野いわく「そーゆーとこが好き」らしい…。さらに、時折女性に対するデリカシーにあからさまに欠ける行動に出ることがあり、上野をはじめとする女性陣をドギマギさせることもしばしば。ただ、これも天然ゆえの純粋な興味のみで行動しているためであり、特に何かしらの打算や故意でやっているわけではなく(だからこそなおのことタチが悪いとも言えるが…)、むしろ思春期真っ盛りの中二男子としては、異性に向ける感情はかなり淡泊なほうといえる。

  • 山下(CV:影山灯) 上野と田中の後輩で中学1年生の女子生徒。部活中はよく本を読んでいる(本のタイトルは毎回変わり、かなり妙なタイトルの本を読んでいることもしばしば)。物静かなクール系女子だが、デリカシーの無い田中に対しては通報したり暴言を吐いたりと結構辛辣。一方で上野の田中への好意も知っており、彼女のアプローチに積極的に協力するなど上野との仲は良い模様。その一方で、土壇場でヘタレる上野に呆れたりキレて田中やタモンに八つ当たりすることも。

  • 北長(CV:戸松遥) 水泳部の部長で、おっとりとした口調の3年生の女子生徒。上野に依頼した発明品を受け取る際にスク水姿で科学部の部室にやってきたり、発明品の効果のほどを確かめるために、あえて男子である田中の前で全裸になるなど、周囲の視線をあまり気にしない性格。ただし、直接的に身体に触れられるのはさすがに抵抗があるらしく、田中に触られそうになった(田中本人は発明品の効果部分に触りたかっただけで、彼女に触れようとしたわけでは全くない)ときはおチチ触ろうとしたぁ!!!」と叫びながら凄まじく狼狽えていた。

  • 西原(CV:佐藤利奈) 陸上部の部長で、元気ハツラツな3年生の女子生徒。校舎の3階にあるはずの科学部の部室に1階から垂直飛びでやって来るなど、超人的な身体能力の持ち主。ただし、その高すぎる身体能力ゆえに新陳代謝も非常に激しく、本人いわく「失禁と見まごうほど」の凄まじいまでの汗っかき。良くも悪くも体育会系のノリの持ち主で、上野の発明品で飲用可能なように濾過した自身の汗を田中に飲ませようとするなど、細かいことは気にしない女傑。

  • 南峰(CV:竹達彩奈) 「みなみね」と読む。テニス部の部長で、「むずかしいお年頃」(よもぎ談)な3年生の女子生徒。いささか理屈っぽい性格で、悪い人間ではないのだが頑迷な一面がある。テニス部の女子目当ての覗きをする男子生徒を敵視しており、「(アンダースコート)はパンツではない」という持論を全校集会や校内放送で振りかざすが、効果が無かったため上野に発明の依頼をした。南峰本人は上記の持論を固く信じており、「アンスコだから恥ずかしくないもん!」とばかりに人前でアンダースコート姿になることも厭わない残念な美人。当初は田中に対しても男子生徒というだけで露骨に嫌な顔を向けていたが、彼の言ったとある一言であっさりと陥落するなどかなりチョロい一面も。

  • 東川(CV:井口裕香) 「うのがわ」と読む。新体操部の部長で、テキトーな言動が目立つ3年生の女子生徒。いい加減な物言いと中性的スレンダーな容姿に加え、一人称が「ボク」なためか、田中は最初男子生徒だと間違えて彼女の怒りを買った(さすがに男だと誤解されるのは嫌なようだ)。上野とはお互いに他の同級生よりも砕けた口調で会話しており、以前から交流がある模様。

  • 田中みずな(CV:大森日雅) 1年生の女子生徒で、田中の。よもぎの双子の姉だが、妹よりも身長が低い。水泳部所属。直情径行な性格で、何かと兄の不名誉なシーン(本人に自覚一切無し)に遭遇することが多く、兄と科学部の活動を(誤解混じりに)心配している。きなこ味が好み。本名が明かされていないキャラが大半を占める本作において、妹のよもぎと共にフルネームが判明している数少ない人物でもある。

  • 田中よもぎ(CV:伊藤美来) 1年生の女子生徒で、こちらも田中の。テニス部の所属で、山下と同じクラス(1年6組)でもある。みずなの双子の妹だが、姉よりも身長が高い上にもろもろの発育も良いため、山下も当初は彼女とみずなが双子の姉妹だと気付いていなかった。姉に比べておっとりとした性格で、チョコミント味が好み。

  • ウエノ13号(CV:芹澤優) 上野の発明品のひとつで、上野自身を模したガイノイド。介護用ロボットの発展形であり、山下の粗相の後始末から全校庭の草むしりまで何でもござれの高性能機。ただし性格までをも上野をベースにしたためか、山下いわく「乙女力が暴走」して田中に対し露骨なアプローチを試みるなど、積極性は本物以上。明らかにメカメカしい外見をしているのだが、何故か本物との区別が全くついていない人がちらほら存在する(田中や南峰など)。

  • タモン(CV:井澤詩織) 上野が穿いていた黒タイツに、彼女の発明品「サモンスタット」を用いることで召喚した生物?のようなナニか。形容するならば「ポリゴンで再現された黒い子犬」のような外見をしており、初登場以降レギュラーキャラクターとして登場し続けているが、ただ居るだけのモブ同然だったり、たまに見せ場があるかと思えば上野たちの足を引っ張ったりと、特に役に立っている様子はほぼ無い。人間の老廃物をエネルギー源としており、上野の足にしがみついてゴシゴシしていることが多い。アニメ版では「たも」と鳴く。


外部リンク

アニメ公式サイト

関連タグ

ヤングアニマル 2019年冬アニメ

pixivに投稿された作品 pixivで「上野さんは不器用」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4197616

コメント