ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2006年4月から9月にかけてテレビ東京系列で放送された。全26話。

異世界を舞台としているため、独自の用語が大変多い。

また群像劇なので登場人物も多い。


「人は必ず女子として生まれ、一定の年齢に達すると性別を選ぶ」という設定で、性別決定後の男性キャラクターも女性声優が演じた。


ストーリー

大空陸(だいくうりく)と呼ばれる世界が舞台。

ここでは人間の子供は必ず女子として産まれ、成長の過程でその後の人生を男性として生きるか女性として生きるか決めなければならない(国によって時期や方法は異なる)。

つまり作中に登場する男性は、青年中高年老人も、子供時代はみんな「少女」だった。


シムーン(SIMOUN)とは二人乗りの小型飛行艇。

宗教国家・シムラークルム宮国(きゅうこく)において、巫女が二人一組で乗り込み、アクロバット飛行で空に様々な紋章を描くことでに祈りを捧げる。

航空機とは違い、UFOのような飛び方も出来る。

誰でも動かせるわけではなく、性別決定前の女子でかつ先天的なある資質が必要。その資質を持つ人間は少ない。

起動の際にはパートナー同士が口づけする必要があるなど、不可思議な点も多い。


作中で戦争が起こり、本来兵器ではないシムーンが(そして兵士ではない巫女たちが)戦場へと駆り出され、否応なしに人生を翻弄される。


用語

シムラークルム宮国(きゅうこく)

物語舞台となる。単に宮国とも。


テンプスパティウム

宮国で信仰されている

テンプス神とスパティウム神の二柱であり、片方が時間を、片方が空間を司るといわれる。


シムーン

二人乗りの小型飛行艇。

シムーン・シヴュラ(巫女)が二人一組で乗り込み、アクロバット飛行で様々な紋章を描く。この模様を描く行為自体がテンプスパティウム神への祈りとなっている。

すなわち本来は神事に使うものだが、戦争のために搭乗者である巫女たちと共に戦場へと送り出される。

シムーンを動かせるのは以下の条件をそろえた人物だけである。

  • 性別決定前の人間であること
  • 何かしらの先天的資質(詳細は不明)を生まれつき持っていること。

作製にはオリジナルのヘリカル・モートリスが必要など謎が多い。


シヴュラ

テンプスパティウムに仕える巫女。シムーンに乗って神事を行なう巫女を特にシムーン・シヴュラと呼ぶ。

本来はそれなりの家柄の娘でないと巫女になれない。

だが戦況が悪化するとそうもいってられず、アーエルマミーナのように「巫女になれない家柄の出身でも、シムーンを動かせる先天的資質を持っている」者が抜擢されるようになった。


パル

シムーンに乗り込む巫女二人のペアのこと。シムーンは同じ機体でも、乗り込む巫女同士の相性によって性能が違ってくる。相性が合う組み合わせは固定のペアを組む。

コール・テンペスト

コールとは飛行中隊の意味。つまりテンペスト飛行中隊。本作の主人公達が所属する。名実ともに宮国最強の部隊。


ヘリカル・モートリス

シムーンにも使われている動力源。ただし原理は不明。いわゆるロストテクノロジー

オリジナルはシムラークルム宮国の領土内の遺跡からしか出土しない。

宮国ではレプリカを作製し様々なものに利用しているが、シムーンはレプリカのヘリカル・モートリスでは動かず、オリジナルを使う必要がある。

シムーンの飛行描写などから、慣性や重力をコントロール出来るのではと思われる。


リ・マージョン

シムーンのアクロバット飛行によって空に描かれる紋章。

テンプスパティウム神に対する祈りであり、シムーン・シヴュラの行なう神事。ただしリ・マージョンの中には魔法のような現象を起こすものもあり、兵器として戦場へと駆り出されることとなった。

紋章を描いている途中で敵の攻撃などで航路が乱れると効果は発揮されず、最初からやり直しになる。


翠玉のリ・マージョン

「描ききった者は別の世界へ行ける」とも伝えられる究極のリ・マージョン。ただし本来はどういう効果があるのか分かっていない。成功失敗に関係なく事後に重大な影響を及ぼすことが多い。


アルゲントゥム礁国

宮国に侵攻した隣国。宮国とは違って科学を発展させた工業国家。後に嶺国と同盟を結ぶ。


プルンブム嶺国

宮国に侵攻した隣国。冬は凍死者が出る極寒の地。アニムス神を信仰する宗教国家で、宮国に似ている所が多い。アニムス神はテンプスパティウムと同一神であるという説が作中世界で有力。


性別の決定方法

各国において異なる。


宮国

17歳を過ぎると神殿が管理するへ行って水に浸かり、男性となるか女性となるかを心の中で思う。泉には管理者(物語開始時点ではオナシア)がいて儀式を司る。

男性を選んだ場合、男性としての新しい名前をあたえられる(名前の最後に「フ」がつけられる。語呂が悪い場合は語尾を少し変えてから「フ」をつける)。

肉体は個人差があるが数年で男性に変わっていく。

どちらの性を選ぶか自分で決められない場合は「テンプスパティウムのお告げ」によって本人の意思と関係なく決められてしまう。

また、泉へ行って性別を決定する事は、成人の儀式でもある。

シムーン・シヴュラは性別を決定するとシムーンを動かせなくなる。

戦時中という事もあり、本作の主要登場人物であるシムーン・シヴュラ達は17歳を過ぎた者でも泉へ行っていない。


礁国

生まれた時に国家が将来の性別を決めてしまい、その場で手術薬品によって体を作りかえる。


登場人物

コール・テンペスト

アーエル(CV:新野美知)

ネヴィリル(CV:高橋理恵子

パライエッタ(CV:小清水亜美

カイム(CV:細越みちこ)

アルティ(CV:豊口めぐみ

リモネ(CV:能登麻美子

ロードレアモン(CV:高橋美佳子

フロエ(CV:相澤みちる)

モリナス(CV:水樹奈々

ドミヌーラ(CV:ゆかな

マミーナ(CV:森永理科

ユン(CV:名塚佳織

アムリア(CV:喜多村英梨

エリー(CV:ゆかな

ヴューラ(CV:早坂愛)

その他

アヌビトゥフ(CV:木内レイコ

グラギエフ(CV:桑島法子

ワポーリフ(CV:水沢史絵

オナシア(CV:玉川紗己子

ハルコンフ(CV:沢海陽子

アングラス(CV:松来未祐

ワウフ(CV:高乃麗

マスティフ(CV:高橋美佳子

宮主(CV:水樹奈々

アーエルの祖父(CV:京田尚子


主題歌

オープニングテーマ

美しければそれでいい

作詞・作曲・歌 - 石川智晶 / 編曲 - 西田マサラ


エンディングテーマ

「祈りの詩」

作詞 - ああ / 作曲 - takumi / 編曲 - 鈴木Daichi秀行 / 歌 - savage genius


スタッフ

原作 - 小山田風狂子 / 篠吉祥 / 美原轟

監督 - 西村純二

脚本 - 西村ジュンジ(監督の別名義) / 小山田風狂子 / 大和屋暁 / 岡田麿里

キャラクターデザイン・総作画監督 - 西田亜沙子

コンセプトデザイン - 長濱博史

メカデザイン - Jin Seob Song

美術監督 - 小林七郎

3DCG制作 - CreativeField

色彩設計 - もちだたけし

撮影監督 - 川口正幸

編集 - 松村正宏

音楽 - 佐橋俊彦

音響監督 - 辻谷耕史

プロデューサー - 小林潤香 / 松田桂一 / 武藤誉

アニメーション制作 - スタジオディーン

製作 - シムーン製作委員会(バンダイビジュアル / スタジオディーン / 創通エージェンシー)


コミカライズ

『Simoun』

作画:速瀬羽柴

コミック百合姫』Vol.3より。全1巻。


『シムーン ~まじかる美勇伝~』

作画:あきづき弥

脚本:前田まさよし

構成:原田まさふみ

『メガミマガジン』2006年8月号-12月号


関連イラスト

旅立った二人


関連タグ

アニメ スタジオディーン 百合 バンダイビジュアル


外部リンク

シムーン

テレビ東京・あにてれ シムーン

シムーン (アニメ) - Wikipedia

シムーンとは - はてなキーワード

シムーン台詞bot (simoun_bot) on Twitter

関連記事

親記事

スタジオディーン すたじおでぃーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 778978

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました