ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

の先祖返り。

一人称は「僕」。ツンしゅん(ツンの後に落ち込む)なぶきっちょ系真心娘

専属SSは御狐神双熾


プロフィール

年齢15(物語開始時点)
誕生日2月21日
血液型A
身長145㎝
バストサイズBカップ(ウィキペディアより)
髪の色
目の色
CV日高里菜

人前で口を開くと、事あるごとに悪態をついてしまうという悪癖を持つ少女。

高校入学を期に、妖館へ越してきた。



以下ネタバレ含み

旧家の令嬢であるが、幼少期の同級生の妬みによるいじめと担任の反応から、事あるごとに悪態をつき、虚勢を張っては自己嫌悪に陥る癖がついてしまった。

また、「先祖返り」を縁起物として敬い育てるという風習を持つ一族であったため家族とも気易く戯れたことはなく、その特殊な位置付けゆえに家の中でも常に孤独を感じて育った。


自分の意志より家名の由緒が優先される環境を抜け出し、自らの悪癖を改善させるため、家を出て妖館で一人暮らしを始める。


一見キツい性格だが、内面は律義で真面目、感受性が強く、そして非常に繊細である。

手紙などの文面ではそれが顕著に表れ、普段の言動とは別人のように丁寧で繊細な印象となる。


悪態はほとんど条件反射で出てしまうため、不用意に人を傷つけないように他人との関わりを極力絶とうと試みるが、妖館では御狐神や住人達、学校ではカルタに構われてしまうので、結局のところ達成できていない。


空腹のカルタをみかねて食料をさしいれたり、反ノ塚(変化後)のしみ抜きを手伝ったりなど、人の良さや気遣いをみせることもままある。

また、何だかんだ言いつつ御狐神のストーキング行為も受け入れている所をみると、押しに弱くなかなかに心が広いようである。


先祖返りを嫌う純血妖怪の襲撃の際、始祖の妖怪の姿となって戦うことがある。


双熾とは、当初はSSの割り当て自体を拒否していたため突っぱねていたが、どんな家柄だろうと関係なく「自分自身」を護りたいと明かされ受け入れた。

正式に契約を結んだ後はパートナーとして自分から歩み寄ろうとしている。


アニメ版第3話・第8話にてエンディングテーマ『君は』を披露。

美しいメロディーと澄んだ歌声に乗せて、切々と某SSを説得している。

もちろん作詞はあのお方


関連イラスト

りりちよ様ぺろぺろリリチヨサマ

僕とボク🌹白鬼院凜々蝶🌹


関連タグ

妖狐×僕SS 御狐神双熾

ツンしゅん 君は ボクっ娘

双ちよ 蜻ちよ カルちよ 高校生ズ

表記間違い

白鬼院凛々蝶

関連記事

親記事

妖狐×僕SS いぬぼくしーくれっとさーびす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15635749

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました