ピクシブ百科事典

目次[非表示]

(これこそがボクの逃げ!レースを支配する王(ロード)の逃げ!)

概要

ウマ娘シンデレラグレイ』に登場する、「逃げのロード」と称されるウマ娘。作中では名義関係上の問題で史実の名称から変更されている人物の一人である(要はディクタストライカフジマサマーチと同じ)なのだが、元々目立ちやすい逃げ型の脚質なのに加えてそれなりにオグリと同じレースで対戦していることから、出番自体はそこそこ多い。

プロフィール

出身地日本
誕生日4月2日(?)

史実のレジェンドテイオー号は83年4月2日生まれ。

人物

本編では上述のように自身を「王(ロード)の逃げ」と称する台詞があるが、実際に天皇賞においてはペース配分を細かく調整することでレースを支配、結果的に目論見をある程度成功させる戦果を挙げるなど、地頭はそれなりにキレるタイプ。

自身の逃げには絶対の自信を持ち、圧倒的勝利を収めることも可能なことから「"逃げ"は孤独で良い!」とも言及している辺り、自身のスタイルには誇りを持っていることが窺える。

しかし、劇中では毎日王冠でシリウスシンボリのパドックのダンスに巻き込まれて発走除外、天皇賞(秋)ではアキツテイオーに敗北する形で2着になるなど、中々幸の薄いレース経験を送ってきた背景がある。

特に同じく脚質が先行型であるアキツテイオーに対しては2番手に控えてそのまま負けた経験から一方的に敵視しているようで、劇中では「あいつ(アキツ)さえいなければ東京2000はボクの庭」とも溢す場面が見られる(なお、彼女はこの天皇賞を「惜敗」と呼んでいたが、史実のレースを考慮すると5バ身差の惨敗である)。

基本的に自分を「ボク」と呼んでいるのだが、劇中では「私」もたまに使っていたりと一人称が混在している。

活躍

劇中では第32Rの毎日王冠にて初登場するも、のっけからシリウスシンボリがパドックで行ったダンスに巻き込まれて鼻血で出走取消するという散々な目に遭ってしまう。

だが、しばらくして天皇賞(秋)では順調に回復したのかレースに復帰し、同じく逃げウマであるトップシュンベツが出遅れたことも相まって序盤~中盤を独走する形でレースを牽引。

最初に大きく逃げてからの中間ペースダウンで周りのウマ娘たちの体力を削りながら自身はスタミナを温存し、タマモクロスとオグリキャップの前でも逃げきれると確信…したところで先行策を取っていたタマモクロスに追い付かれてしまい、東京レース場の高低差2Mの坂で遂にタマとオグリに突き放され、レース結果としては3着で惜しくも敗北を喫した。

なお、ロイヤルの策自体は概ね成功していたのだが、偶然タマモクロスがオグリの末脚対策として先行していたが故にロイヤルの逃げにいち早く気付いたという経緯があるので、アキツやシリウスに続いてまたもや周りに振り回される踏んだり蹴ったりな形となってしまった(相手を考えればむしろ3着は大健闘と言えるのだが)。

モデル


関連タグ

ウマ娘シンデレラグレイ

シリウスシンボリ(ウマ娘)
オグリキャップ(ウマ娘)
タマモクロス(ウマ娘)
スーパークリーク(ウマ娘)
アキツテイオー

ツインターボ(ウマ娘)
…同じ逃げウマ娘の一人。

ナリタタイシン(ウマ娘)
…勝負服のデザインがちょっと似ていると一部では話題になったが、史実のレジェンドテイオー号とナリタタイシンには血縁上あまり関係はない。


アマゴワクチン
別の競馬をモチーフにした作品に登場し、全体のペースを巧みに操ってスタミナを奪った試合巧者。ロードロイヤルと同じ作戦を実行し、更にワクチンは自分がペースを落としたことに他者が気付きだした所でペースを上げながら抜かれ、二段重ねでスタミナを奪っている。

関連記事

親記事

ウマ娘シンデレラグレイ しんでれらぐれい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロードロイヤル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント