ピクシブ百科事典

我が生涯に一片の悔い無し

わがしょうがいにいっぺんのくいなし

漫画『北斗の拳』の登場人物、ラオウの台詞。
目次[非表示]

概要

漫画北斗の拳』の登場人物、ラオウの生涯最後の台詞
南斗聖拳を巻き込んで長らく争い続けた北斗神拳の闘いを締めくくる作中でも印象深い名言のひとつ。

自らを拳王と名乗り世紀末の世界に君臨していたラオウだが、いつしか一人の拳法家として同門であるケンシロウに己のすべての力を込めて闘った。

結果的に僅差でケンシロウに敗れたものの、己の全霊の拳を破るほどに成長した義弟を賛美し、共に愛した女性(ユリア)をケンシロウに託すと、最期は己の秘孔を突き天高く拳を掲げて大往生した。

pixiv上における扱い。

Pixivにおいては、このシーンのラオウの姿やそれを元にしたパロディに使われる他、少しばかり違った意味で使われていることもある。

また、2013年6月に原作のテレビアニメ版でラオウの声を担当した内海賢二氏が死去した際には、pixiv上にこのタグのつけられた追悼イラストが多数投稿された。

関連タグ

台詞 名言
北斗の拳 ラオウ

pixivに投稿された作品 pixivで「我が生涯に一片の悔い無し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 624192

コメント