2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画北斗の拳』の登場人物、ラオウの生涯最後の台詞
南斗聖拳を巻き込んで長らく争い続けた北斗神拳の闘いを締めくくる作中でも印象深い名言のひとつ。

自らを拳王と名乗り世紀末の世界に君臨していたラオウだが、いつしか一人の拳法家として同門であるケンシロウに己のすべての力を込めて闘った。

結果的に僅差でケンシロウに敗れたものの、己の全霊の拳を破るほどに成長した義弟を賛美し、共に愛した女性(ユリア)をケンシロウに託すと、最期は己の秘孔を突き天高く拳を掲げて大往生した。

表記ゆれについて

台詞系タグは表記ゆれも非常に多く、本記事も多くの転送記事があるが、コミックス内での吹き出しの正しい表記は「わが生涯に一片の悔いなし!!」である。

pixiv上における扱い。

Pixivにおいては、このシーンのラオウの姿やそれを元にしたパロディに使われる他、少しばかり違った意味で使われていることもある。

また、2013年6月に原作のテレビアニメ版でラオウの声を担当した内海賢二氏が死去した際には、pixiv上にこのタグのつけられた追悼イラストが多数投稿された。

関連タグ

台詞 名言
北斗の拳 ラオウ

稀勢の里(現・二所ノ関親方):現役引退時に「土俵人生において一片の悔いもございません」とこの台詞を意識したようなコメントを残す。
石原裕次郎:生前最後のシングルのタイトルが『わが人生に悔いなし』。作詞はなかにし礼が担当。石原は同曲発売の3ヶ月後に52年の生涯を全うした。
ドーリングランディアに登場するキャラクター。アレントを訪れた後、リエーテを連れて彼の元を尋ねると、ほぼ同様のセリフを言う。

関連記事

親記事

ラオウ らおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2666492

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました