ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール編集

出身地徳島県阿南市
生年月日1991年4月5日
身長170cm
体重80kg
ポジション外野手
投球右投げ
打席右打ち
プロ入り2015年ドラフト10位
経歴

経歴編集

徳島商業高等学校時代は投手だったが、青山学院大学進学後に野手に転向。

吉田正尚は大学時代の2学年後輩であり、東都大学リーグで2者連続本塁打を何度か記録している。社会人野球・JR東日本でプレーした後、2015年オフのドラフト会議にてオリックス・バファローズから10位指名を受けプロ入り。


2018年(2年目)に一軍初本塁打・初安打を放ち、翌2019年は7試合の出場で満塁ホームラン2本を打ったが、二軍暮らしが長かった。


中嶋聡監督(監督代行)体制へ移行した2020年から一軍起用が増えるようになり、プロ6年目の2021年には主軸・4番打者を任されるようになった。この年はホームラン30号リーグ一番乗りを果たし、初の本塁打王を獲得。前年2本塁打以下の本塁打王は外国人打者を除くと2リーグ制以降初となった。


2022年は前半戦で大きく調子を落としスタメン落ちも経験した(しかもあの佐々木朗希完全試合の最後の打者になっている)が、交流戦以降復調しチームの逆転優勝に貢献。ポストシーズンでもここぞの一打でチームを牽引し、見事日本シリーズMVPに選ばれた。


2023年も期待されたほどの結果は残せず、今度は阪神の日本一決定となる最後の打者となってしまった。


人物編集

  • 北斗の拳」に登場するラオウのファン。彼の愛称も「ラオウ」であり、ホームランを打つと我が生涯に一片の悔い無しのポーズを取る。打席入場曲も「愛をとりもどせ!!」を使用している。
  • 経歴の通り30代にして遅咲き。チームメイトでメジャー通算282発を誇るアダム・ジョーンズのアドバイスが、打撃開眼に一役買っている。
  • シンガーソングライター・米津玄師は高校の先輩。
  • 2022年正月に放送されたテレビ朝日の特番「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」内のリアル野球BANでは、ダブルプレーを3回を出してしまうという大失態を犯し、実況アナウンサーをもってして「(ラオウの名台詞をもじって)生涯に悔いありまくりです!!」とおちょくられてしまった。
  • 同回の野球BANにて、杉本は「最後に打てばいいんですよ」とコメントを残しており、先述の通り序盤は不調ながらも、日本シリーズではMVPを獲る大活躍をしたため、この発言が現実のものになったと話題になった。

  • 2023年シーズンからMLBに移籍した吉田正尚に代わってチームの選手会長に就任した際のあいさつで「何卒(なにとぞ)」を間違ってなにそつと読んでしまい、会場を爆笑させた。それ以降、杉本本人や球団が度々ネタにしている。

関連タグ編集

関連記事

親記事

オリックス・バファローズ おりっくすばふぁろーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18445

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました