ピクシブ百科事典

平野佳寿

ひらのよしひさ

京都府出身のプロ野球選手。現在はMLB球団「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」に在籍。

概要

京都府出身。鳥羽高時代は甲子園に出場しているが、この時はメンバー外だった。
京都産業大に進学後はエースとして君臨。2005年大学・社会人ドラフト希望入団枠でオリックス・バファローズに入団。

ルーキーイヤーの2006年、プロ初先発となった東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初勝利。一時は北海道日本ハムファイターズ八木智哉と新人王争いを繰り広げるが、7勝どまり。新人王も八木に譲る結果となってしまった。
2007年は投球スタイルを変え、奪三振数はリーグ10位を記録。完投数は前年の10から2に激減したが8勝を挙げて防御率も良化した。
2008年は右ひじのケガで1年を棒に振った。翌2009年は不振に陥り3勝どまり。

2010年岡田彰布が新たに監督に就任するとセットアッパーとして1年間定着。63試合に登板して39ホールドポイントをマーク。2011年にはリーグ最多72試合に登板し49ホールドポイントを記録、この年の最優秀中継ぎのタイトルを獲得。
2012年は前年までの疲れからか打ちこまれるケースが目立ったが、中継ぎながらチーム2位の7勝をマークするなど低迷したチームを支えた。

2013年は主に抑え投手として60試合に登板。パ・リーグ2位の31セーブを記録。翌2014年も主に抑え投手として62試合に登板しシーズン40セーブのパ・リーグ新記録を達成。
2015年は不振に陥り未勝利でシーズン終了。配置転換の可能性もあったが、翌2016年は途中から抑えを担当し、58試合の登板でパ・リーグ2位の31セーブを記録。
2017年は58試合へ登板。この間に一軍公式戦通算150セーブを達成した。シーズン終了後海外FA権を行使しMLBへの挑戦を表明。アリゾナ・ダイヤモンドバックスへの移籍が決まった。
2018年はダイヤモンドバックスで中継ぎ投手としてプレー。25試合連続無失点の球団記録を打ち立てるなど大活躍した。…しかし、不運なことに二刀流・大谷翔平も同時期にMLBに移籍し、ただただ信じられないばかりの活躍を残してしまったため、平野の活躍は霞んでしまっている…
しかし、地味ながらにもただひたむきに堅実な活躍をする平野の評価は、ファンやチームメイト、首脳陣の間では高く、「最高の投手」「天才」「今年一番のリリーバー」などと評価され、徐々に知名度も上がってきている。

関連項目

プロ野球 プロ野球選手 投手 日本人メジャーリーガー一覧
オリックス・バファローズ アリゾナ・ダイヤモンドバックス
ヨッシー:ダイヤモンドバックス入団後に付いたニックネーム。入団時の記者会見にて「Please call me Yoshi」と発言したことからネタにされた。また、ダイヤモンドバックス公式twitter25試合連続無失点を達成した際の動画にもヨッシーの鳴き声が使われたり、リリーフカーに乗ったヨッシーのコラ画像を投下するなどかなりノリノリな様子である。

関連記事

親記事

日本人メジャーリーガー一覧 にほんじんめじゃーりーがーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平野佳寿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1652

コメント