2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

尾張の守護所、交通の要所であった。
織田信長の拠点としても有名で、桶狭間の戦いでも清洲城から出陣した。信長が松平元康と「清洲同盟」を結んだのもこの場所。

信長の死後、清洲会議が開かれたことでも知られる。

立地上の問題として、付近の氾濫すると、城内は水浸しになっていた。
地震も二回ほど起こっており、改築の原因とも言われている。

元々天守閣は存在しておらず、天守閣建造前は「清洲城守護館」という名であり平城としての体裁が強かった。そのため、NHK大河ドラマどうする家康』ではCGによってその面が強調され、まるで紫禁城や『キングダム』に登場する秦の王宮のようなスケールとなっていた

後に徳川家康により、清洲越しと呼ばれる城下町の移動が行われ、清洲城も名古屋城築城の資材にも使われた。
名古屋城及び城下町の完成に伴い、廃城となるが、現在も名古屋城にある清洲櫓がその名残となっている。

現在の天守は1989年に再建されたものである。

関連タグ

犬山城

関連記事

親記事

しろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34648

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました