ピクシブ百科事典

加治田城

かじたじょう

美濃斎藤家の居城。中濃の要所で重要な位置の城。
目次[非表示]

別名

加治田城は別名、却敵城、加治田山城。

概要

美濃有力国人衆佐藤忠能忠康父子が築城した。その後、斎藤利治が養子となり城主を継ぐ。その間にも改築がなされ、本能寺の変後は斎藤利堯が城主となる。
その後、森長可の領土となるものの、領土維持と経営、裏切りや謀反のことを考え、廃城にした。

合戦

大きな合戦がいくつもあったが、一度も落城がなく、敵を全て退けたことから却敵城と呼ばれた。
山全体が曲輪でおおわれ、白華山清水寺等、歴史がある場所にあり、街道も重要な位置にある。織田信長も一泊しており、城を見て天下不武の構想を確実に覚え、義弟の斎藤利治に斎藤家跡取りと城主に任命した。

城構造

出丸も大きく、落城はない。本城も一の曲輪から四の曲輪まであり、虎口や石垣で覆われた城。も東櫓、西櫓とあり、麓には御殿屋敷城や家臣の屋敷、馬駅等整備されていた。
天守もあり、二重櫓があり、城主や一族の住居もあった。
城域が北は津保川、南は川浦川と川に囲まれ、頂上からは、現在の名古屋駅まで確認でき、岐阜城御嶽山中濃は全て視野に入り、守りやすく、攻めにくい城で難攻不落と言われ、一度も落城がない城。

その他

日本でも屈指の数多い合戦で落城のない城である。

関連項目

難攻不落

斎藤利治

コメント