ピクシブ百科事典

日本沈没

にっぽんちんぼつ

小松左京の小説、およびこれを原作とする映画や漫画など。
目次[非表示]

概要

日本の小説家・小松左京が1973年に刊行したSF小説。
1973年2006年に映画化と漫画化が行われた。また、1974年にはテレビドラマ化されており、2021年に再びテレビドラマ化される予定。
さらに1973年10月から1974年3月にかけて毎日放送ニッポン放送ほかにて、1980年にはNHKFMにて、それぞれラジオドラマ版が放送されている。
2020年7月にはサイエンスSARUによりアニメ版が製作され、Netflixで「日本沈没2020」と題して配信された。

小松氏は「日本人が国を失い流浪の民となったらどうなるか?」というテーマを掲げており、日本が沈没するというのはあくまで舞台設定に過ぎず、当初は地球物理学への興味を理由に小説を書き始めたわけではなかったが、書いていくうちに興味が湧いてきたという。

当時最先端科学であった「プレートテクトニクス」が駆使され、社会的に大きな反響を呼ぶこととなった。
また、本作が発表された当時は高度経済成長が一段落したばかりで、太平洋戦争敗戦から約30年が経ったばかりであった。このため、当時の社会を担っていた戦前・戦中世代や団塊の世代にとっては国家の滅亡というワードは決して絵空事ではなかったことも本作が注目された理由であった。

2006年のリメイクに際し、小松氏は谷甲州との共著という形で沈没後の日本人達を描いた後日談物語『日本沈没 第二部』を執筆。ちなみに第二部の構想自体は第一部を書き上げた当初から存在しており、単行本の最後には「第一部完」と書かれていた。
漫画化は'73年の映画化の際にはさいとう・たかをが、'06年の映画化の際には一色登希彦が行っている。

あらすじ

地球物理学者の田所博士は日本列島の地殻に異変が起こってると感じ、助手の小野寺とともに調査を進め、「近い将来日本列島が大規模な地殻変動で全て海底に沈没する」と結論付けた。当初は信じなかった政府も日本人の脱出計画を進めるが、異変が予想を上回る早さで進み、各地で地震や火山噴火が連発し、人々は必死に生き残ろうとする。

映画

  • 1973年版

当時の特撮技術の粋が集められ、有名なパニック映画として、なにより国家滅亡に際しての焦燥感を克明かつリアルに再現したものとして映画史に異彩を放っている。
ちなみに作中登場する深海探査艇「わだつみ」の模型はゴジラVSキングギドラの冒頭でそのまま流用されている。

深海探査艇「わだつみ」


製作期間は約4か月と短かったが、約880万人の観客を動員し、配給収入は16億4000万円(1974年邦画部門配給収入1位)を挙げる大ヒットを記録した。

  • 2006年版
『前作の映画のリメイクというよりも原作小説の再映画化』というスタンスで制作された。
監督は樋口真嗣、脚本は成島出・加藤正人、そして主演は草彅剛
豊富なCGと従来の特撮技術でリアルな描写で作られた。本作は『前作に欠けていた一般市民の視点を意識して取り入れた』というところを制作側は推していたが、対照的により上層の危機感(上記の国家滅亡に関する諸々)については意図的に排除・変質された部分が多い。
例1:1973年版は関係者がとにかく右往左往するが最終的に「最後まで諦めずにこの国を見捨てずにいこう」という展開を地で行くものであったが、本作では逆に政府首脳が「難民受入交渉」と称し我先に海外逃亡している
例2:原作では南関東直下地震で250万人、73年版では360万人の死者・行方不明者が出る。それに対し、2006年公開版では東京は終盤までに全ての住民の退避後に津波が襲来している。
例3:日本全国に被害が出るのは同じだが、今作では本当に沈没するのは日本の約半分に止まり別に日本が消滅するわけではなく終息する。
このような内容から、初登場ランキング1位となり興行53億4000万円の大ヒットとなったにも関わらず前作を骨太たらしめていた要素が削られたと評価されることも多く、「ただのパニック映画」「もう平成の時代になっているし、無理に国家滅亡云々を演出する理由もないしねぇ」と辛口にいわれることもある。

セタップ!小野寺


※画像はイメージです。

皮肉なことに、この5年後に本当の、しかもシャレにならないレベルの地震災害が発生し、リアルに国家の危機すら生起することになる。

なおこの時は、後述のテレビドラマ版を手掛けているTBSが制作に一枚かんでいた。

テレビドラマ

  • 1974年版

1974年10月から1975年3月にかけて、日曜夜8時台のプログラムという形で、TBS朝日放送系列局(放送当時朝日放送は関西地方におけるTBS系列局であった)および福島テレビ(放送当時はTBS系列局だった)にて放送された。

1973年版映画を手掛けた東宝が作者の小松との間に交わした取り決めの中に、「映画化の後テレビドラマ版を、TBSで放送してもらう」という条項があり、それに従って放送されたもの。映画版と平行して制作されたため、映画版から拝借したシーンも少なからず存在した。また、キャスティングの一部は映画版と共通している(田所博士役の小林桂樹はその一例)。
さらに、内容に関しては原作とは結構異なる部分があったりする(例えば原作なら中盤で地震によりかなりの被害を被った東京がドラマでは終盤まで何とか持ちこたえていた)うえ、原作や映画とはまた違ったオチとなっていた。

  • 2021年版「日本沈没-希望のひと-」
2021年10月からTBS(・毎日放送)系列局(に加えて日本テレビ系列局約3局)にて放送される予定。
設定を2023年の日本に置き換えた上で制作されるとのこと。
香川照之が田所博士を演じる。ただし、田所博士以外の主要人物はオリジナルキャラクターに総入れ替えとなる。その上内容にもかなり大胆なアレンジが加えられる模様。

アニメ

2020年7月よりNetflix独占配信作品として配信された。詳細は個別記事参照。

パロディ他

現在まで影響は残っており、様々な作品に「日本沈没」をもじった点が多い。筒井康隆は原作者公認の『日本以外全部沈没』を書いており、2006年に映画化もされた。
ただし、本作の内容や意義をどう解釈するかで作品の内容が大きく左右されやすいネタ…民族・国家意識、日常・共同体の破滅、自然科学、リスクマネジメント、人間の本性ectといった作り手のイデオロギーや社会・科学知識に大きく左右されやすい事柄の集合体でもあり、上記のようによほど脚本や設定の整合性に気を付けないととんでもない結果になることが多い。

余談ではあるが日本が没落する様を表現する言葉として使われることもある。(とある国の新聞が東日本大震災のスクープでこれをやらかして自国民からもマジ●チ扱いされた。こちら

関連タグ

小説 SF 映画 特撮 小松左京 日本列島 地震 火山 災害 沈没 水没 終末 大麻カレー

太陽の黙示録…大地震をきっかけに全国規模の未曾有の大災害に見舞われた日本列島と日本人が災害やアメリカ合衆国中華人民共和国の思惑による分断統治からどのように立ち直るかを描いた作品。かわぐちかいじによるオマージュ作品。

東京マグニチュード8.0…都心で大地震に巻き込まれた姉弟が家族との再会をめざして行動していく物語。政治思想に関する描写はほとんどなく、あくまで姉弟が日常へ復帰するまでの道程がメイン。

コッペリオン…お台場の原発が大地震によってメルトダウンを起こし、東京は放射能に覆われゴーストタウンとなった世界を描いた作品。展開が東日本大震災にもろ被りするため、2010年にアニメ化が決まっていたが2013年まで持ち越された。

富士山…言わずと知れた日本の霊峰。だが、なぜか創作関連では本作のような日本滅亡ルートになると決まって大噴火する。

外部リンク
「日本沈没-希望のひと-」ティザーサイト(TBS公式サイト内) >https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/]]

関連記事

親記事

小松左京 こまつさきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日本沈没」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74765

コメント