ピクシブ百科事典

日本沈没

にほんちんぼつ

小松左京の小説、およびこれを原作とする映画や漫画
目次[非表示]

概要

日本小説家小松左京が1973年に刊行したSF小説
1973年と2006年映画化と漫画化された。

小松氏は日本人を失ったらどうなるか?」というテーマから起こり、当時最先端科学であった「プレートテクトニクス」が駆使され、社会的に大きな反響を呼ぶこととなった。

'06年の映画化に際して小松氏は谷甲州との共著で、沈没後の日本人達を描いた後日談物語『日本沈没 第二部』を書いた。
漫画化での'73年ではさいとう・たかをが、'06年では一色登希彦が描いている。

実際問題、本当に列島が完全に沈没するかについては、急にそんなことが起こるわけはなく、本当に沈没するにしても何百万年もかかる話である。
・・・・・・が、先の大震災の時は、多くの人がもしやと恐れた者も少なくない。

あらすじ

地球物理学者の田所博士は日本列島の地殻に異変が起こってると感じ、助手の小野寺とともに調査を進め、「近い将来日本列島が大規模な地殻変動で全て海底に沈没する」と結論付けた。
信じなかった政府も日本人の脱出計画を進めるが、異変が予想を上回る早さで進み、各地で地震火山噴火が連発し、人々は必死に生き残ろうとする。

映画

'73年作品では特撮技術の推移が集められ、有名なパニック映画の一つに数えられた。
'06年作品は豊富なCG技術でリアルな描写で作られたが、結末では完全な沈没が食い止められている。

パロディ

この作品の影響は今も続いており、様々な作品に「日本沈没」をもじった点が多い。
筒井康隆は原作者の承諾を得て、公式認定の『日本以外全部沈没』を書いており、'06年には映画化。

関連タグ

小説 SF 映画 特撮 小松左京 日本列島 地震 火山 災害 沈没 水没 終末

pixivに投稿された作品 pixivで「日本沈没」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47354

コメント