ピクシブ百科事典

ロバート・レドラウズ

ろばーとれどらうず

『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する新規キャラクターで、地球側の考古学者。アケーリアス文明について遺跡調査を進めて来た教授。
目次[非表示]

「話にならん、参謀本部の紹介状を無視するとは!」
cv:土師孝也

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する新規キャラクターの1人。地球の考古学者で教授と呼ばれ、助手に桂木透子がいる。考古学者らしい細身の体躯に細長い顔、縁の太い眼鏡、天然パーマのかかった焦げ茶色の髪をしている(何処となく某ロボット少年に出てくる博士を彷彿させる)。
 アケーリアス人の遺した遺跡調査を指導する教授で、地球連邦防衛軍参謀本部の紹介状を取り付けて辺境の第11番惑星に立ち寄っていた。ところが現地司令官の土方竜に、臨検作業を理由ににべもなく却下され立ち往生する羽目となっていた。そこでガトランティスの襲撃を受けてしまい、後にヤマトに救助されるが‥‥‥。

経歴

第2章

 第11番惑星に立ち寄った際に、土方に臨検を理由に出航を拒否されていた。参謀本部の紹介状も意味をなさず、応用の利かない土方の頑な態度に立腹せざるを得ず、「あの偏屈な司令は、一生この辺境な星に居たいらしい」と批判した。ところが、その後になってガトランティス前衛艦隊が来襲、空襲を受けて一時行方不明となってしまった(一方の桂木透子は無事な姿を見せていたが、肝心の教授の姿は見受けられなかった)。

第3章(ネタバレ)





























 姿が一向に見えなかった故に、あわや犠牲者となっていたかと思われた時だった。戦火で灰燼と化した第11番惑星の街中で調べごとをしていた桂木の前に突如として姿を見せた。しかし、その姿はどう見ても普通の人間の様子ではなく、首が右に傾いたままというゾンビの様な不安定な足取りで会った。
 そこへ透子が歩み寄り、教授の首に手を添えてコキリ、と生々しい音を立てて正常の位置へと戻された途端に意識を戻した。その際に透子から「おかえりなさい、教授」と見るからに怪しい情景であった。
 やがて教授もヤマトに同乗し、そのまま惑星シュトラバーゼへと向かう。そこにはかねてから調査対象であったアケーリアス遺跡が存在し、それを見た教授は調査できない現状を嘆いた。ところが、そこにまたもや透子が意味深に
「教授、チャンスは自分の手で掴まなきゃ」
とわざとらしく煽ったのである。これに意を決したのか、彼は惑星シュトラバーゼの地表で、救出した民間人をガミラス定期便の艦隊へと移乗させている最中に独断で百式艇を使って単独で遺跡へと飛びだってしまった。それを知った古代進が追ってきたが、遺跡のテレサの壁画に気を取られたところで不意打ちして気絶させた。
 そして古代が目を覚ます傍ら、彼は遺跡内部に描かれている壁画を前にして疑問を投げかけていた。
「何故アケーリアス人は、人を己の姿に似せたのだ」
「オスとメスが、愛を育まなければ繁殖も出来ない不合理な存在」
と人間を否定するかのような言動と態度からして、如何にも常軌を逸した雰囲気を放っていた。
 そして古代が目覚めると、彼は遺跡を背後にして突然声色を変えると同時に姿形も変貌した。それこそがガトランティスの指導者ことズォーダーのものであった。所謂レドラウズは、遺跡の力を介してズォーダーの意思を伝達させる存在と成り果てていたのである。
 そこからは、ほぼズォーダーと古代の対話になるが、その最中に放たれた反ガミラス軍の惑星間弾道弾がシュトラバーゼを直撃、星は不安定となり崩壊へと進み始めていた。そしてその最中に退避中のガミラス艦3隻がいたが、ズォーダーはその3隻の中に蘇生体呼ばれる人間爆弾を1人づつも具込ませていると伝え、1隻だけ選べばその艦のみを助けてやると言い放った。
 直後、レドラウズもまた屍から作られた蘇生体であることを明かし、自らの身体を炎に変えて自爆したのである。

レドラウズの裏話

 レドラウズが何時から蘇生体であったのかは明らかにされていない。因みにレドラウズという名前の由来はズォーダーのアルファベット読みを逆さにして読んだアナグラム方式から来ている。
REDOROUZ≒ZUORDER

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 ガトランティス 蘇生体 教授

コメント