ピクシブ百科事典

誰も聞いてはならぬ裏ヤマト

だれもきいてはならぬうらやまと

『宇宙戦艦ヤマト2202』脚本家の福井晴敏氏が書き下ろした、限定版ドラマCDである。シリアスたっぷりな本編とは違い、ギャグ満載のドラマとなっている。聞くには相当の用心が必要となる・・・・・・。
目次[非表示]

概要

 『誰も聞いてはならぬ裏ヤマト』とは、『宇宙戦艦ヤマト2202』の脚本家福井晴敏氏が書き下ろした、通販サイトアマゾン限定版DVV並びにBDに着くドラマCDである。本編ではシリアスがたっぷり含まれる一方で、ドラマCDではシリアス感は微塵もない。それどころかシリアスに見せかけたギャグ満載のドラマとなっている。
 その為、本編でのイメージどころか、登場するキャラ達のイメージさえ崩壊させかねない―――と、いうより完全にイメージ崩壊させる仕上がりとなっていることから、こちらを聴く際には相当の注意が必要となる

主要人物

地球人

古代進

「みんなぁ、第一艦橋へ行きたいかぁ!?」
 言わずと知れた主人公。だが登場はCD第四章となる。本編に負けず劣らずの天然振りを発揮(というよいも平常運転に近い)‥‥‥と、思いきや、それ以上のド天然どころかあほの子ぶりを発揮して周囲を唖然とさせる。無論、CD視聴者に対しても。

(旧)古代進

「おーい、デスラー!」
 まさかの旧版古代進(厳密にいえば、富山敬版の初代ではなく、山寺宏一版2代目の方)の登場。第五章で、テレザート星の力によって、別次元の古代の人格が、キーマンの世話係ガミロイドにインプットされてしまう。

森雪

「待ってて、幻の‥‥‥幻の手羽先!」
 本編のヒロイン。登場は第三章。ナースに紛れて密航していた時の話で、本編では言及されなかった、密航中の何気ない苦しい生活(特に食事面)に耐え切れず、期間限定メニュー『宇宙の山ちゃん・幻の手羽先』を食べる為に行動する。故障し暴走したアナライザーのセクハラ被害(スカートめくり)に初めて逢う事に・・・・・・。

島大介

「だめだこりゃ、だめだこりゃあ!!」
 古代の親友。第四章に登場。その優等生ぶりな活躍によって、突如起動したウルトラクイズをクリアし、古代達の危機を救う功績を立てる。ところが、そんな大活躍した島に対して、ラストに予想外の事態が襲う事に・・・・・・。キーマン曰く「優等生故に、出番が少ない事に直結している」

太田健二郎

「三つ揃え仮面って、あの美少女ファイター・イチゴかき氷の!?」
 第三章に登場。キーマン曰く「第一艦橋のモブキャラ3人衆の1人で、唯一のムッツリキャラ。あと大食い」ヤマト艦内食堂で、キーマンの歓迎会を準備していたが、暴走したアナライザーにひどい目にある。『美少女ファイター・イチゴカキゴーリ』のファン。キーマンも知っていた事から、互いに意気投合する

相原一義

「って、聞いてねぇー!?」
 第四章に登場。第三艦橋に残された謎のシステムを調べていたが、ふとした事で起動してしまいウルトラ横断クイズをする羽目に。実はクイズが大の得意であったが、古代のド天然によって回答者としてではなく、問題出題者(司会者)として抜擢されてしまった。本編以上にツッコミ役が強い

斉藤始

「空間騎兵キィーック!」
 第四章に登場。ウルトラ横断クイズを発動させた張本人であり、メンバーを命の危機に晒した張本人でもある。外見通りの脳筋を発揮し、クイズそのものを物理的に薙ぎ倒す馬鹿振りを披露。と思わせつつも、案外、歴史の人物に詳しかったりする。

アナライザー&アナライザー懐

「こんなことしちゃうから、めくりめくぅ~!」
 第三章に登場。キーマンをヤマト艦内ツアーに案内していた。ふとしたことから酒瓶を頭からかぶりショート。その際に、別次元のアナライザーと人格が入れ替わった(旧版の緒方賢一版)。女性ばかりの艦内にて、雪のスカートを捲ったり、他の女性クルーの尻を触るなどのセクハラをし放題となる。

ガミラス人

ローレン・バレル

「パ⤵フェエェ⤴?」
 ガミラス大使。第一~二章に登場。赴任当初の記者会見にて、地球通を目指すと公言した側から記者の質問に返答を窮し「パ⤵フェエェ⤴?」と間の抜けた返答をしたが為に、地球人のネタキャラにされてしまった。お忍びで地球に降りたりと、意外と活動できな人物。あと、猫好きである

クラウス・キーマン

「・・・・・・え?」
 ガミラス駐在武官。第一章から連続的に登場。ドラマCD内でも割と常識人的な思考を持ち、本編と変わらぬ冷淡な物の言いようをする‥‥‥と思いきや、章が進むごとに段々とキャラ崩壊を進めているサブカルチャーが大の得意分野で、特にアニメでの知識は他者の追随を許さない。
 何だかんだで、地球のアニメ文化に浸食されている模様。とりわけ『美少女ファイター・イチゴかき氷』なるアニメにご執心の模様。彼曰く『カフェモカミルクティーカキゴーリ』が推しのキャラとのこと。

アベルト・デスラー

「私も観てみたよ。ファーストシーズン・・・・・・所謂、無印を6話ほど」
 皆が知るガミラスの元総統。第五章に登場する。アニメとは何ら接点もない、孤高のガミラス人・・・・・・と思いきや、何気にキーマンの通信端末から美少女アニメ『美少女ファイター・イチゴかき氷』を6話ほど視聴。彼曰く、お気に入りキャラは『プレェ⤴ミアムマンゴーカキゴーリ』が押しらしい。
 総統も相当、アニメにご執心なようで・・・・・・。冷徹感を崩さぬまま、アニメを語る様のギャップは凄まじいものとなっている。

ガトランティス人

桂木透子

「‥‥‥と、透ぉ子、わかぁんなぁ~い!」
 ガトランティスのスパイ。冷淡にヤマトの動向をみていたが、第三艦橋にプログラムされていたクイズシステムに巻き込まれ、嫌がおうに参加せざるを得なくなる。何処とないヤマトクルーの馬鹿っぷりに呆れている。また、スパイ疑惑を持たれそうになったため、土壇場で本編では絶対に言わない恥辱のセリフを口にする羽目になる

収録内容

第一章『食いしん坊』

 ガミラス人初の大使として着任したバレル。初の記者会見で、自身を『地球との懸け橋』『ガミラス一の地球通』となるべく意気込みを語った。ところが、記者の『パフェはお好きですか?』という質問に、戸惑って間の抜けた受け答えをしてしまったが為に地球人の失望を買ってしまう。
 そこで、キーマンの提案により地球の食文化に精通すべく、代表的な料理(菓子含め)を食する事で、食文化を理解しようとするが・・・・・・。

第二章『ガミラス大使のYOUは何しに地球へ』

 お忍びで地球へ降り、キーマンと共に地球人に成りすまして散策するバレル大使。手始めに藤堂長官と会食した時に入った事のある居酒屋で、焼き鳥と酒を注文して食する。次いでネコカフェに立ち寄り、そこで猫と戯れるが、アクシデントにより艤装ブレスレッドが故障してしまう。
 肌の色が戻ってしまい危機感を強めたキーマンは、無事に月面に戻る為に、バレルにマスコットキャラを着せて地球人の目をごまかし、時間を稼ごうとするが・・・・・・。

第三章『Wアナライザー・タンケンボクノフネ』

 キーマンがヤマト艦内に迎え入れられたことを受け、古代の提案で歓迎会を催すことになった。そこで、アナライザーがキーマンを艦内を案内する。途中、ヤマト食堂に立ち寄った際に揺れが襲い、酒瓶がアナライザーに落ちて酒を浴びてしまう。
 すると、酒を被った影響でショートし、何と別の人格AIがアナライザーに入ってしまう。それは、別次元に存在するアナライザーの人格で、さらに一騒動起きる事に・・・・・・。

第四章『一回限り・第一回艦内横断ウルトラクイズ』

 ヤマト艦内にて、原因不明のシステム障害が発生した。その大元であろう第三艦橋で、原因解明に当たっていた相原は、記念艦予定だった祭に組み込まれたクイズゲームが原因だと見ぬく。それを解除しようとするが、興味半分で集まった斉藤隊長が下手にボタンを押したが為に、強制的にクイズをする事になる。
 古代、島、相原、そして居合わせたキーマン、透子、斉藤らは、第一艦橋へ上がる為にクイズを行うことになる・・・・・・。

第五章『デスラー&小デスラーの『キーマン、ヤマト辞めるってよ』』

 キーマンが通信端末に入れていた、地球の美少女アニメ『美少女ファイター・イチゴカキゴーリ』が、デスラーによって発見されてしまう事になる。それに戸惑い、人生最大の精神的ダメージを負ったキーマンだが、そこへ古代の人格をインプットしたガミロイドが現れ・・・・・・。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 福井晴敏 ドラマCD 昭和ネタ ギャグ キャラ崩壊 公式が病気 美少女ファイター・イチゴカキゴーリ

pixivに投稿された作品 pixivで「誰も聞いてはならぬ裏ヤマト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2153

コメント