ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

次元潜航艦UX-01

じげんせんこうかんゆーえっくすぜろわん

『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する、ガミラス軍の次元潜航鑑。『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に登場した次元潜航艇のリメイク艦で、Uボートを思わせるデザインとなっている。2199の続編である『宇宙戦艦ヤマト2202』にも登場している。
目次 [非表示]

スペック編集

全長 144メートル

機関 ゲシュタム・ドライブ(波動機関、通常空間航行時)

   ゲシュ・ヴァール機関(亜空間航行機関、次元潜航時)

武装 艦首亜空間魚雷発射管×6

   艦尾亜空間魚雷発射管×2

   99ミリ単装陽電子ビーム砲×1

   33ミリ単装レーザー機関砲×1

   ミサイル発射管×8

   空間機雷敷設装置×5


概要編集

宇宙戦艦ヤマト2199」に登場するガミラス軍の次元潜航艦。艦長は猟犬ことヴォルフ・フラーケン中佐、副長はゴル・ハイニ大尉。


通常空間のみならず、異次元空間への往来・航行も可能な特殊戦闘艦。第二次大戦時のUボートを思わせる艦形で、通常空間を航行する際は他のガミラス艦同様ゲシュタム・ドライブを、次元潜航時は亜空間推進「ゲシュ・ヴァール機関」をそれぞれ使用する。艦体には異次元航行時のエネルギー消費を抑制するために「多次元バラストタンク」が備えられており、それを転用する形で艦体の通常空間への浮上・異次元空間への潜航を行う。次元潜航時にはセイル部に備えられた次元潜望鏡や、その後部に超空間プロープを介して接続されている索敵プロープを通常空間に露出して索敵を行う。


開発初期の実験段階では多数の実験艦が異次元空間からの浮上が出来ずに行方不明になっており、その事情を知る者から「異次元の棺桶」と揶揄され、就役すら危ぶまれた。「2199」の劇中でも就役したのはUX-01のみで、高額な開発費が掛けられた貴重な試作兵器である都合上、総統直轄の特務艦として扱われている。


続編の『宇宙戦艦ヤマト2202』でも登場。劇中ではUX-01の他、新たにUX-02~04までが登場して計4隻がヤマトと行動をともにしており、少数が建造・就役している模様である。


余談・pixiv上では編集

先述の通りUボートを思わせるような艦形だが、これは実際にUボートをベースにデザインされたため。ガミラス艦特有の「目玉」状構造物は艦首亜空間魚雷発射管後方に存在しており、艦尾上部にゲシュタム・ドライブの推進ノズル、艦尾下部にゲシュ・ヴァール機関のスクリューが存在している。


ヴォルフ・フラーケンを始めとした「気のいい乗組員たち」や、後に「とある新入り機関士」が乗り込んだ事もあって、潜航艦のイラストもさることながら、「ヴォルフ・フラーケンとその愉快な仲間たち」の投稿イラストに付加されるpixivタグともなっている。


関連イラスト編集

オオカミ注意![改]

関連記事

親記事

ヴォルフ・フラーケン ぼぉるふふらーけん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9293

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました