ピクシブ百科事典

三八弾

さんぱちだん

紺碧の艦隊に登場する、気化弾。

簡潔に説明すると

エグい、チート、航空機の天敵

原理としては普通に燃料気化爆弾であるが、後世世界の技術で帝国海軍の戦艦主砲で射撃可能な砲弾として完成させたもの。
三式弾が榴散弾で炸裂箇所を頂点とする傘状の危害範囲で榴弾程の危害範囲を持たないのに対してこちらは炸裂箇所を中心とする周囲全域に渡ってくまなく危害を及ぼす兵器である。
故に高速の航空機相手であっても命中を期しやすい上、威力は同口径の対空榴弾の比では無い上に後世世界の技術で照準システムが改良され自動射撃された。
実戦初投入となったリーガン艦隊相手の対空射撃において比叡の主砲1斉射でアメリカの攻撃隊が一挙に半数以上を撃破された。

外部リンク

艦隊シリーズの用語集 - Wikipedia

コメント