ピクシブ百科事典

第十六駆逐隊

だいじゅうろくくちくたい

第十六駆逐隊とは陽炎型駆逐艦4隻による駆逐隊。奇跡の駆逐艦・雪風を擁する。
目次[非表示]

概要

かつて旧日本海軍が擁していた陽炎型駆逐艦の部隊。
ほぼ『艦隊これくしょん』用語として用いられているので、リンク先は各キャラクター(艦娘)となっている。

初風天津風時津風、そして奇跡の駆逐艦にして陽炎型唯一の生き残りである雪風を擁する。

ちなみに当初は雪風と時津風で第一小隊、初風と天津風で第二小隊を組んでいた。

開戦当初は第二艦隊第二水雷戦隊に所属し、開戦時にはフィリピン・レガスピー攻略戦、蘭印攻略戦、ニューギニア攻略戦、スラバヤ沖海戦に参加した。
ミッドウェー海戦での敗北後に再建された第三艦隊では、空母護衛の第十戦隊に配属。
第二次ソロモン海戦では囮となった龍驤の護衛に天津風と時津風が、一航戦の翔鶴と瑞鶴を護衛するために初風と雪風が残り、それぞれとんぼ釣りを行った。

第三次ソロモン海戦以降、雪風と初風・天津風はほとんど別行動を取った。
しかしダンピールの悲劇において白雪朝潮荒潮らと共に時津風も犠牲になって轟沈。
ブーゲンビル島沖海戦で初風は妙高と激突して轟沈。
そして天津風も船団護衛中に敵潜水艦の雷撃を受け、轟沈はしなかったものの修理しなければ動けない状況になった(その後1945年に仮修理が完了、船団の護衛艦の一員として日本本土への帰還を目指すが、敵機の攻撃で大破、最後は海賊に襲われて、艦を破棄している)。

ただ一隻残された雪風は、1944年春第十七駆逐隊へと流れ着く。
なおこの際、雪風が第十六駆逐隊の僚艦の運を吸い取って食い殺している…という噂が流れているが、事実無根であろう(初風なんかはむしろ雪風と共にいた頃の方が幸運だった)。
と言うより、「雪風が第十六駆逐隊の僚艦の運を吸い取って食い殺している…という噂が流れている」と言う話自体が捏造である。
本来は雪風の編入によって第十七駆逐隊(浦風・磯風・浜風・谷風)が駆逐艦隊の定数である四隻を超える五隻編制になってしまうため、あまり歓迎されなかったという話だが、この記事の様に、五隻編制に関する記述を丸々削り、「運を吸い取って」とか「殺している」とか「噂が流れている」とか、元の出典にはない尾ヒレを付け足して、雪風が嫌われていた証言に仕立て上げる輩が後を絶たないだけである。
上述の通り、第十六駆逐隊は第三次ソロモン海戦以降、バラバラに行動する事が多かった。
第十六駆逐隊が解隊になるまでの間、雪風と第十七駆逐隊の浜風谷風は、それぞれの原隊から選抜され、同じ部隊で一緒に戦っている。
昭和18年6月末から7月にニュージョージア諸島への輸送任務を行った南東方面艦隊外南洋部隊のことで、雪風、浜風、谷風が護衛中の給油艦鳴戸から撮影した三隻の写真が現存している。
これは雪風が第十七駆逐隊に編入されるより一年も前の話である。
第十七駆逐隊の兵士が「雪風は僚艦の運を吸い取る死神だけど、前に一緒に行動してたあいだ無事だったのは原隊が別だったからだ!」とか「短い間なら全部吸われずに助かる!」と考えていたと言いたいのだろうか? 
戦史を脚色するのは表現の自由の範疇だが、命がけで戦争した兵士を馬鹿にするにも程がある。

戦後は・・・

天津風と雪風が、海上自衛隊の護衛艦の名前として継承された(ともに退役)。
まず初の国産護衛艦『はるかぜ型』の2番艦としてDD-102「ゆきかぜ」(雪風)が1956年(昭和31年)に就役し、1965年(昭和40年)に日本初のミサイル護衛艦のDDG-163「あまつかぜ」(天津風)が就役した。

艦隊これくしょんにおいて

サービス開始当初は雪風のみ実装。その後、初風が第四駆逐隊の舞風と共に突発的に投入される。
そのせいで『雪風死神ネタ』で初風を絡める二次創作もそれなりにあった。
だが天津風と時津風は長い間、実装されなかった。

サービス開始から1周年目の索敵機イベントで天津風が目玉駆逐艦の一隻として登場。
これで3隻が揃った事となる。
そして8月のMI/AL作戦で遂に時津風が(E-4報酬として)実装。ようやく第十六駆逐隊が揃う事となった。

なおこの4名は艦これ指折りのレア艦もしくはイベント報酬艦であるため、編成には艦隊の実力とが要求される。この中で現在入手が最も楽なのが雪風(建造/通常海域のボスドロップで入手可)の時点でコンプリート難易度は推して知るべし(もっとも雪風とて四名の中で相対的に低いだけで、傍から見れば決して簡単ではない。そして陽炎型は大半が雪風並かそれ以上の難易度である)。
具体的には
初風:通称ツチノコ。通常海域ではボス到達およびA以上の勝利が極めて難しいエリアのボスドロップのみ。
天津風:イベント海域終了後、通常海域でのドロップは一か所しかなく、その確率も大変低い。
時津風:イベント海域終了後暫くはその後のイベント海域限定ドロップのみで、通常海域実装後も現状最奥エリアのボスドロップのみと、入手難易度がとても高い。

漫画『いつか静かな海で』では、神通主役回の前編の9話にて3隻で登場しゲームに先駆けて時津風の存在を匂わせ、翌10話では晴れて全員揃って描かれた。
4人揃って第十八駆逐隊の面々と共に「鬼の二水戦」である神通にシゴかれている模様。
そのせいか雪風も神通の前では気を緩めないのだが……。

ちなみにゲーム中では、雪風の死神ネタについて少なくとも初風も天津風も時津風も気にするそぶりは一切見せていない(三艦の最期を見れば、雪風はむしろ幸運の女神に近かった。そもそも上記の通り死神ネタ自体が創作である以上、そんなそぶりを見せる方が不自然である)。


もう1つの『第十六駆逐隊』

艦これ実装済みの陽炎型で編成されていた『第十六駆逐隊』はもう1つ存在した。
それは太平洋戦争開戦以前、まだ天津風、時津風が竣工を終えていない時期の事である。この時所属していたのが黒潮、初風、雪風の3隻である。この3隻は帝国海軍最後の観艦式である紀元二千六百年特別観艦式に『第十六駆逐隊』として参加した。
黒潮が所属していたのは、第十五駆逐隊の僚艦となる親潮、早潮、夏潮の完成が遅れていたため練成を兼ねる為でもあった。
因みに雪風が竣工してから1週間後に黒潮が竣工し、初風が竣工するまでの間はこの2隻で第十六駆逐隊を編成していた。つまり艦これが稼動開始した時点で黒潮も雪風も1人ぼっちの駆逐隊ではなかったとも言える。その後史実に沿うように初風が実装され、天津風・時津風を加えて太平洋戦争開戦時の編成が完了し、それを受けて黒潮は第十五駆逐隊の僚艦を待つ形となった。
運営側からも二次創作でも取り上げられる事が殆ど無い組み合わせで、公式4コマ第58話の時津風登場回での部屋決めで『駆逐隊繋がりで・・・』と黒潮の名前が上がる程度である(なのに解説がない為史実を知らないと話が繋がらない)。ただし時津風の竣工をもって黒潮は第十五駆逐隊へ転出となった為、黒潮と時津風が一緒に第十六駆逐隊に所属していたことはない(天津風と黒潮は組んだ経験はある)。
公式4コマ第142話及び単行本10巻での解説で改めてこの当たりの経緯の説明がなされたが、黒潮が第十六駆逐隊に在籍していたのは第十五駆逐隊の僚艦の完成が遅れていた為の一時的な処置で在籍期間も10ヶ月にも満たない短い期間であったにも係わらず、第十五駆逐隊よりも第十六駆逐隊との付き合いが長いような扱いは史実を知れば知るほど首を傾げたくなる。

関連タグ

艦隊これくしょん 駆逐艦娘 陽炎型
雪風(艦隊これくしょん) 天津風(艦隊これくしょん) 時津風(艦隊これくしょん) 初風(艦隊これくしょん) 黒潮(艦隊これくしょん) 陽炎型駆逐艦

pixivに投稿された作品 pixivで「第十六駆逐隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1442628

コメント