ピクシブ百科事典

MU-2

えむゆーつー

MU-2とは、日本で開発されたビジネス用ターボプロップ機。

概要

1957年に次期主力戦闘機の選考のためにアメリカを訪れた三菱重工業の技術者が、企業・個人が所有し、自由に飛ばすことが出来る小型飛行機を目の当たりにし、「あれぐらいだったらうち単独でもどうにかなるんでね?」と思いついた(YS-11は実質国内の航空関係企業の共同開発)。そして帰国後に仲間達に「俺達が出来る範囲で、なおかつアメリカやヨーロッパでも通用するものを作ってやろうじゃないか!」とけしかけ、計画を始めたのだった。

基礎技術こそアメリカのものを参考にし、エンジンはフランス製のものを採用(後にアメリカ製のものに変更)したものの、それ以外は独自で開発をすすめた、のは良かったのだが、その元ネタの多くは、何と三菱が隠し持っていた軍用機の図面だったらしい。

1963年に初飛行、1987年までに762機が製造された。

なお、製造・販売方法に関してはかなりグダグダしたものがあった。外部リンクの方も参考に。ただそんなグダグダを乗り越えて700機以上も売ったのだからたいしたものである。

ただし、あくまでもアメリカやヨーロッパが販売の中心であり、日本へは防衛庁朝日新聞毎日新聞及び読売新聞くらいしか販路がなかった。仕方ないね

外部リンク

Wikipediaの該当記事

pixivに投稿された作品 pixivで「MU-2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312

コメント