ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

シンオウ地方で語り継がれている神話の総称。
ポケモンの神話が深く物語に関わる様になったのはこの神話からでもある。特に有名なのが時間を操るとされるディアルガ、空間を操るとされるパルキアのシンオウ時空伝説。
ここでは神話以外に伝説、伝承、昔話も記述する。

シンオウ神話における万物創造

始まりの話

はじまりのはなし


初めにあったのは
混沌のうねりだけだった
全てが混ざり合い
中心に卵が現れた
零れ落ちた卵より
最初のものが生まれ出た
最初のものは
二つの分身を造った
時間が回り始めた
空間が広がり始めた
さらに自分の体から
三つの命を生み出した
二つの分身が祈ると
「物」と言うものが生まれ
三つの命が祈ると
「心」と言うものが生まれた
世界が造り出されたので
最初のものは眠りについた

プレートから読み解くシンオウの始まり

『開闢の時』


シンオウで発見される
古いプレートに刻まれた
宇宙生まれる前
そのものひとり呼吸する
宇宙生まれしとき
そのかけらプレートとする
プレートに与えた力
倒した巨人達の力
そのもの時間 空間の2匹
分身として世に放つ
そのもの時間空間をつなぐ
3匹のポケモンをも生み出す
2匹に物 3匹に心
祈り生ませ 世界形造る
生まれてくるポケモン
プレートの力分け与えられる
プレート握りしもの
様々に変化し力振るう

簡易文

ポケモンシリーズの舞台である世界を造ったとされるのは創造神アルセウスだと言われている。アルセウスは千本の腕で世界を創造し、3匹の分身を生み出した。それが時間を司るディアルガと空間を司るパルキア、そして反物質を司るギラティナである。ディアルガにより時間は動き出し、パルキアにより空間が広がった。
更にアルセウスは心を司る3匹の命を生み出し、感情の神エムリット、意思の神アグノム、知識の神ユクシーにより心が生まれた。それにより世界が出来上がり、アルセウスは眠りについたとされる。

ハクタイのポケモン像

ハクタイシティに立てられているディアルガにも、パルキアにも見える像。そのプレートに刻まれている説明文。ギンガトバリビル内にある解読レポートを記述。

ディアルガ

刹那の止り場


生み出されしディアルガ
わたしたちに時間を与える
笑っていても
涙を流していても
同じ時間が流れていく
それはディアルガのおかげだ

パルキア

『  あ く う せ つ だ ん ! ! ! 』


生み出されしパルキア
いくつかの空間を作り出す
生きていても
そうでなくても
同じ空間に辿り着く
それはパルキアのおかげだ

ギラティナ

或る神話の消えた日


…不明。
昔もう一つ解説があったらしい。
忘れさられた幻の3つめの解説文
これは「歴史から削除されたギラティナ」を象徴しているのだろう。

カンナギタウンに伝わる昔話

シンオウ神話


壁画 その1

時間とは止まらないもの
過去と未来そして今……

壁画 その2

空間とは全ての広がり
そして心も空間……

壁画 その3

……そこには神がいた
それらは強大な
力を持っていた
その力と対になるように
3匹のポケモンがいた
そうすることで鼎のごとく
均衡を保っていた……

古い書物 その1

そのポケモンが生まれて
知識が広がり
わたしたちは豊かになった
そのポケモンが生まれて
感情が芽生え
わたしたちは喜び悲しんだ
そのポケモンが生まれて
わたしたちは何かを決意し
行動するようになった……

古い書物 その2

鑓の柱に輝く
金剛玉を持ってくるものは
時を司るポケモン
ディアルガを招くもの
鑓の柱に輝く
白玉を掲げるものは
空間を繋げるポケモン
パルキアを呼び寄せるもの……

シンオウ神話

シンオウ神話

怒るな??が来るぞ
悲しむな??が近づいて来るぞ
喜ぶ事 楽しむ事
当たり前の生活
それが幸せ
そうすれば???サマの
祝福がある
と言うのが口癖だ

シンオウの神話

(외전)PBS_코벳노트_7-2화


3匹のポケモンがいた
息を止めたまま
湖を深く深く潜り
苦しいのに深く深く潜り
湖の底から
大事なものを取ってくる
それが大地を造るための
力となっているという

恐ろしい神話

三湖


そのポケモンの目を見た者
一瞬にして記憶がなくなり
帰ることができなくなる
そのポケモンに触れた者
三日にして感情がなくなる
そのポケモンに傷を付けた者
七日にして動けなくなり
何もできなくなる

シンオウ地方の神話

昔 シンオウができた時
ポケモンと人は
お互いに物を送り
物を送られ支えあっていた
そこで あるポケモンは
いつも人を助けてやるため
人の前に現れるよう
ほかのポケモンに話した
それからだ
人が草むらに入ると
ポケモンが飛び出すようになったのは

シンオウ昔話

その1

うみや かわで つかまえた
ポケモンを たべたあとの
ホネを きれいに きれいにして
ていねいに みずのなかに おくる
そうすると ポケモンは
ふたたび にくたいを つけて
この せかいに もどってくるのだ

その2

森の中で暮らす
ポケモンがいた
森の中でポケモンは皮を脱ぎ
人に戻っては眠り
またポケモンの皮をまとい
村にやって来るのだった

その3

人と結婚したポケモンがいた
ポケモンと結婚した人がいた
昔は人もポケモンも
おなじだったから普通の事だった

トバリの神話

剣を手に入れた若者がいた
それで食べ物となるポケモンを
むやみやたらと捕らえまくった
余ったので捨ててしまった
次の年何も捕れなかった
ポケモンは姿を見せなくなった
若者は長い旅の後
ポケモンを見つけ出し尋ねた
どうして姿を隠すのか?
ポケモンは静かに答えた
お前が剣を振るい
仲間を傷つけるなら
わたし達は爪と牙で
お前の仲間を傷つけよう
許せよわたしの仲間達を
護るために大事なことだ
若者は叫んだ
お前達ポケモンが生きていること
剣を持ってから忘れていた
もうこんな野蛮なことはしない
剣もいらない
だから許してほしい
若者は剣を地面に
叩きつけて折って見せた
ポケモンはそれを見ると
どこかに消えていった

海の伝説(BDSPより)

その昔 東の海に王子と呼ばれるポケモンがいた
人の勇者は海に住むポケモンたちに王子に会わせてほしいと頼んだ
タマンタ ブイゼル そして大きなトゲのハリーセンの3匹は
人の勇者を認め共に歩む
勇者たちは夕暮れの海へ船を出し
水面に聳える海の門をくぐる
その知らせは王子の耳に届き 
王子は海の小穴で出迎えた


余談1

神話その物には関連していないが、設定が出てきたのがアルセウスの映画のみなのでここに記述。
ポケモンたちが「ポケットモンスター」と呼称される以前「魔獣」と呼ばれていた。これはモンスターボールが開発され魔獣を携帯できるようになった事で呼称が変化したと思われる。

余談2

この神話はポケモン世界の核心に迫ると思われる内容が随所で見受けられる(人とポケモンとの結婚や万物創造など)。これは制作者側がこのシリーズでポケモンに一区切り着けたかったからだと思われる。
しかし、ポケモンは制作者の想像を遥かに越える人気であり、このシリーズで終わらせることが困難になったと思われる。
また、この世代以降はあらゆる神話が登場しているが未だにシンオウ神話は他の地方とはスケールの大きさが一線を画しており今後、この神話を上回る神話が登場するかは正直怪しいところである。

その他の伝説・伝承、関連ポケモン

アルセウス
宇宙がない頃に最初に生まれた存在であり千本の腕で宇宙を創造したとされ、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、アグノム、ユクシー、エムリットの生みの親であり全てを生み出したとされるポケモン。
光輪の超魔神フーパ』ではカロス地方アルケーの谷の人々から「千宙腕」として信奉されている。
開発コンセプトが「全てを超越した神」とされてるだけあり、不完全にもかかわらずディアルガ・パルキア・ギラティナをまとめて圧倒するほど。

ディアルガ
アルセウスの分身として生み出された「時間を司る神」と呼ばれるポケモン。
ディアルガが生まれたことで時間が動きだし心臓が動くと時間も流れていくとされる。
時間を自在に操る力を持っており、過去や未来を自由に行き来したり、他者を飛ばしたり、時間をループさせたりする事ができる。

パルキア
アルセウスの分身として生み出された「空間を司る神」と呼ばれるポケモン。
パルキアが呼吸することで空間が安定するとされる。空間を自在に操る力を持っており、空間を歪めたり、切断したり、遠くの場所や異空間に移動したりする事ができる。

ギラティナ
アルセウスの分身として生み出された「反物質を司る神」と呼ばれるポケモン。
しかし、相当な暴れ者であったためこの世界の反対側に存在する歪んだ世界(やぶれたせかい)に追放される。そのため他二匹と比べてその存在に関する記述は異常に少なくシンオウ地方の神話では軽く黒歴史扱いされている。現在は反省したのか鏡面から静かに現実世界を見守っているとされ、時折古代の墓場に姿を現すこともある模様。
役割としては何らかの原因で時空が安定していない状態であった時に裏から安定させる役割を担っている。
ギラティナの出現する戻りの洞窟がある送りの泉の名称や風景がシンオウ昔話の描写と繋がる部分が見受けられる事から、冥界の神としての側面を持っている事を窺わせている(タイプもゴーストである)。

アグノム
アルセウスの手により生み出された「心を司る神」と呼ばれている伝説のポケモンの1匹。
意思を司る神」であり、人々に「何かを成し遂げる意思」や「あらゆる困難に立ち向かう決意」といった「強い意思」を与えた存在とされる。
また、アグノムを傷付けた者は7日後に自分の意思で動く事が出来なくなるとされる。
因みに、分類の「いしポケモン」も「意思ポケモン」という意味。決して「石ポケモン」ではない。
普段はリッシ湖の中で眠っており、そこで世界のバランスを保っているという。

ユクシー
アルセウスの手により生み出された「心を司る神」と呼ばれている伝説のポケモンの1匹。
知識を司る神」であり、人々に「様々な問題を解決する知恵」や「生活を豊かにする知恵」といった「知恵」を与えた存在とされる。
また、目を合わせた者の記憶を一瞬で奪う能力を持つとされる。
普段はエイチ湖の中で眠っており、そこで世界のバランスを保っているという。

エムリット
アルセウスの手により生み出された「心を司る神」と呼ばれている伝説のポケモンの1匹。
感情を司る神」であり、人々に「生きる喜び」や「死の悲しみ」といった「感情」を与えた存在とされる。
また、エムリットに触れた者は3日にして感情が無くなってしまうという。
普段はシンジ湖の中で眠っており、そこで世界のバランスを保っているという。
「シンオウの神話」や「恐ろしい神話」は内容から察するに三湖の事を表した神話なのであろう。

ヒードラン
シンオウ地方が誕生した際にこぼれだした火の玉からハードマウンテンと共に生まれた存在。またヒードランの影響でハードマウンテンが噴火してしまうので「かざんのおきいし」により封印されていた伝説のポケモン。

ダークライ
ダークライ自身は至って大人しい性格で無闇に危害を加えようとはしない。しかし、自身の意志に関係なく悪夢を見せてしまう事への弊害として「月が出ていない夜には、ダークライが恐ろしい夢を見せる」という伝承が伝わってしまっている。
クレセリアとは対の存在。

クレセリア
多数の三日月が組み合わさったような体形をしており、「三日月の化身」と言われる。ダークライと対をなす存在であり、人々に悪夢を見せるダークライに対して、クレセリアはそれを防ぎ吉夢を見せるという伝承がある。

レジギガス
キッサキしんでんに封印されているレジ系ポケモンの生みの親であり王。縄で縛った大陸を引っ張ってうごかしたという伝説が残されている。
アルセウスとの関係について色々と考察されているが、現時点で不明。

レジアイス/レジロック/レジスチル
第3世代初出だが、プラチナ版では彼らが出現する遺跡が存在するので、恐らくは関係者だと思われる。
一方でBDSPでは493匹しかポケモンが登場しない為、レジエレキレジドラゴがこの地方におけるレジ系の神話にどの程度関わっているのかは明かされなかった。

マナフィ
海の王子と呼ばれるポケモンでポケモンたちと心を通わせる能力を持つ。
それまでシンオウ神話およびシンオウの民間伝承とは関わりが薄かったが、『BDSP』にて追加された伝承にてリンクするようになる。

シェイミ
シンオウ神話本筋との関連がない民間伝承レベルの存在。
花の楽園に住むとされるポケモンで、224番道路にある石碑に感謝の気持ちを綴る事で花の楽園への道が開けるとされる。その昔、誰かの感謝の気持ちを聞き届け、荒れ果てたソノオタウンに一面の花畑を咲き乱れさせたという。

その他

ファイヤー/サンダー/フリーザー
プラチナ版でシンオウ地方を徘徊するカントーの三鳥。シンオウ地方にどの程度伝承を残しているかは不明。

ボルケニオン
本来はカロス地方西部で国造りのポケモンとして崇められた存在。
実はシンオウ地方の未開の密林(ゲーム中では確認できない場所)でも存在が確認されたらしく、意外と出没範囲は広い…と言いたい所だが、リメイク版『BDSP』ではオリジナル版と同様に493匹しかポケモンが登場しない為、掘り下げられずに終わる。

元ネタ解説

創世神話

プレートに刻まれた神話はギリシャ神話における巨人族と主神側の大戦争を描いたエピソード「ティタノマキア」が由来となっているものと思われる。それだけでなく、巨人を倒して世界を作り上げたという記述から、世界各国の創世神話がベースになっているとも考えられる。以下はその例。


余談ながら、シンオウ創世神話では世界の始まりは混沌であったと語られており、これはギリシャ神話におけるカオスを連想させるが、混ざり合って生み出されたものが世界創世の基点となったという書かれ方はどちらかといえば日本神話における天沼矛に近い。

たった一体の神から宇宙が創造されたとする伝承は一神教から、宇宙卵から生まれたという伝承は中国神話カレワラ、オルフェウス教に見られる要素である。

シンオウの神話

三匹のポケモンが水底に潜って大地を形作るという伝承から、創世神話の類型の一つである潜水型神話がモデルになっているものと思われる。

シンオウ昔話

シンオウ昔話の元ネタはアイヌ民族に伝わるカムイの伝承、あるいはアイルランド民族に伝わる妖精セルキー、そして各国の神話体系に見られる異類婚姻譚が元ネタになっていると考えられる。
アイヌ民族の伝承において、カムイと呼ばれる神霊は神の世界では人間の姿をしていて、人間界では動物の姿をしていると考えられていた。アイヌ民族はこれを自然からの恵みだと考え、狩った熊などの動物を祭る事が彼らを神の世界に帰す方法だと信じられてきた。同様にアイルランドでもアザラシが皮を脱いで人間に変じるということが信じられていて、彼女らを捕まえた人々の中にはセルキーと結婚したものもいたというのである。

なお、「人とポケモンは同じだった」という一文は人間とポケモンは同じ天然自然の一部と見なしていた宗教的な解釈を指すのか、それとも人間とポケモンは生物学的に近しい存在である事を示すのかは不明である(「もしかしたら にんげんも ポケモンの ひとつ なんじゃないか」というグリーンのセリフから、作中でも生物的に近しいと考える/感じる人々もいるようである)。

トバリの神話

「トバリの神話」は上述の神話群との死生観の違いやトバリシティ自体が新しく開拓された街という歴史から、一説には新しい価値観・宗教観によって土着信仰が上書きされて出来上がった物語という説が一定数ある。
こうした事例は現実世界では珍しくなく、有名な例では旧約聖書新約聖書において異教の神々が悪魔として語られるといったケースが挙げられる。

海の伝説

恐らくは世界中の神話に見られる異界の伝承やそれらの地を来訪する異郷訪問譚が元ネタだろう。
特にエリシオン蓬莱ニライカナイアヴァロンといった海のどこかにあるとされる異界の話は多く、日本でも火遠理命や浦島太郎が竜宮に向かう話は有名だろう。となるとマナフィは立ち位置的にはオオワタツミという事になる。

シェイミの捕獲イベント自体も海の彼方にある花の楽園に行くというものであり、こうした理想郷伝説に近しいものがある。また、理想郷伝説の中には沖縄県のニライカナイ伝承のように、楽園からの使者が豊穣をもたらすというケースもあり、こちらはソノオタウンの伝承を思わせる。

シンオウ神話

「シンオウ神話」の伏字部分が何を表すかは不明であり、文章に感情を指す言葉が見られることからエムリット関連ではないかと言われているが、それでは伏字の文字数と合わない為、実際の文字数とは合わない。
一説には「??」が「悪夢」、「???」が「三日月」でダークライクレセリアを指しているという考察もある。

その他

レジギガスに縄で大陸を引いたという伝承の元ネタは出雲に伝わる八束水臣津野命が綱で島根半島を作ったという「国引き神話」が由来だろう。レジギガスは他の伝承を見るに「巨人」を元ネタとしており、巨人が国土を作ったという伝説は日本ではダイダラボッチがそれに該当する(ホラ話を含めればポール・バニヤンのような例もある)。

関連する史跡/地域



関連動画




関連タグ

シンオウ DPt ポケモン
神話 ギリシャ神話/日本神話/アイヌ神話:恐らく元ネタになったと思われる神話。
ヒスイ地方 オブリビア地方:この地方もアルセウスに関する伝承を持つ。
ポケモン LEGENDS アルセウス

関連記事

親記事

DPt だいやもんどぱーるぷらちな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シンオウ神話」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シンオウ神話」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76555

コメント