ピクシブ百科事典

エゾオオカミ

えぞおおかみ

北海道に居たタイリクオオカミの亜種で、ニホンオオカミと同じく絶滅種に指定されている ※画像上がエゾオオカミ、下がニホンオオカミ
目次[非表示]

概要

北海道に生息していたオオカミ。本州に生息していたニホンオオカミに比べると大型である。

(虎など大型猫科動物が絶滅した以降において)かつてはエゾヒグマと共に、北海道の生態系の頂点に君臨していた。多くのオオカミと同じく群れで生活していた。主なエゾシカであるが、時には海岸に打ち上げられたクジラの死体やニシンも食べていたという。特に、魚食性であったことは2017年に判明した(参照)。

古来からアイヌの人々と共存しており、神として崇められていた。彼らは時々毒矢を使ってオオカミ狩りをしていたそうだが、これは彼らの生活に必要な範囲の1つであったため、オオカミの生態への影響はなかった。

絶滅へ

明治時代、本州から北海道に来た開拓者により、獲物であったエゾシカが次々と減少し、代わりに放牧された家畜のを襲うようになった事で害獣扱いされ、1877年に懸賞金がかけられ、大々的なエゾオオカミ駆除が始まった。

また、1879年に発生した大雪によってエゾシカが大量に死んでしまい、オオカミも獲物が捕れずに飢え死にしてしまうという大きな影響を受けた。

その後1888年までに、1539頭(官庁によって駆除されたのも含めると、推定で2000~3000頭とも)もの個体が殺された。しかし、オオカミの毛皮は高い値段で取引出来るため、ほとんど姿が見られなくなった1896年まで、オオカミの狩猟が止まる事はなかった。

そしてエゾオオカミは、1900年頃に絶滅したとされる。

その後

オオカミがいなくなった事で、エゾシカは逆に増加し続け、それによって農業被害が多発、生態系に大きな影響を及ぼした。
日本では今、その生態系を取り戻すために、エゾオオカミやニホンオオカミに近い種類であるハイイロオオカミで、オオカミを再導入しようとする動きがあるが、反対する声もあり、なかなか実現出来ずにいる。

関連タグ

オオカミ 絶滅動物 ニホンオオカミ
ホロホロ

pixivに投稿された作品 pixivで「エゾオオカミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5626

コメント