ピクシブ百科事典

けつばん

けつばん

けつばんとは、バグによって生じるポケモンのデータの一つである。
目次[非表示]

概要

「けつばん」という名前は、プログラム時に生じるデータの空欄を指す「欠番ナンバー」を意味しており、正常なデータが設定されていないものや、空欄データの名称である。

初代ポケモンなら151種類以外の枠に付けられている名称であって、単一のポケモン名ではない。
そのため同じ「けつばん」という名称でも何種類か違う個体が居る。

他のゲームでも「予備01」「未定」「デバッグよう」みたいな名称のやつがいる。
英語名は「MISSINGNO.」。
図鑑では152番目の位置に当たるが、ポケモンナンバーが設定されていないため「000」になっている。


なお現在、正規の152番はチコリータにあてられている。

【イメレス】レッド、ちょっと話がある



正規ではないデータをポケモンと読み込んでいるため、青版のけつばんは現在までの全てのポケモンの中でも最高の合計種族値1000を超えることで有名。
逆に赤・緑版のけつばんは、青版と異なり全ポケモン中最低種族値になっている。
その合計値は驚きの5。(当時は特攻・特防が一纏めだったため)オール1という事になる。

そしてポケモンGOで…


ポケモン?



時は流れ、iOSAndroid向けのアプリポケモンGO』において、これに似たポジションの新たな存在が登場した(一部の地域ではカクレオンが代わりに登場した)。
2018年9月22日の『コミュニティ・デイ』でチコリータが大量発生したが、このイベントの終了後30分の間に突如として大量発生したのがこいつである。

見た目は、銀色のメタモン型の体に六角形のナットを頭として構成。ナット部分の中央には黒く小さな球体が浮いており、時折キョロキョロしたりUの字に変形する(閉じた目のようになる)。
また、体の後ろには赤く短い尻尾がある。
その生物離れした姿から、ウルトラビーストなのではないかという声も。

ナットのような頭、鉄球のような目、液体金属のような体、銅線のような尻尾と、いかにもはがねタイプのように見える。
しかし『ときどき曇り』で天候ブーストがかかっていることから、いわ、もしくはノーマルタイプではないかとも推察されている。

なおゲーム内の世界においても、ミュウに始まり、ギアルリグレーUB達など、新種のポケモンが突然発見される事例がないわけではない。

現状バグとして登場している存在で、捕獲するとメタモンやチコリータに変化する。このため、当然ながら図鑑には登録されない。
しかしモーションがきちんと作りこまれている点などから、今後本当に登場する新ポケモンではないかとも噂されている。

名前も「??????」としか表示されないので不明のままだが、ナットのような形状の頭部をしていることや捕獲後にメタモンに変化することが多いことから、プレイヤーの間では「ナット(モン)」という暫定名が付けられている。

ずかん-()
英語名??????
ぶんるい-
タイプ不明(候補として、はがね、ノーマル、いわ等)
たかさ不明(非常に小さい)
おもさ-

内部データ上は、ゼラオラから84も離れたNo.891とされている。

関連イラスト(仮)

???
??????
Nutto



関連タグ

バグ バグポケ アネ゛デパミ゛

pixivに投稿された作品 pixivで「けつばん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298011

コメント