ピクシブ百科事典

けつばん

けつばん

けつばんとは、バグによって生じるポケモンのデータの一つである。
目次[非表示]

概要

「けつばん」という名前は、プログラム時に生じるデータの空欄を指す「欠番ナンバー」を意味しており、正常なデータが設定されていないものや、空欄データの名称である。

初代ポケモンなら151種類以外の枠に付けられている名称であって、単一のポケモン名ではない。
そのため同じ「けつばん」という名称でも何種類か違う個体が居る。

他のゲームでも「予備01」「未定」「デバッグよう」みたいな名称のやつがいる。
英語名は「MISSINGNO.」。
図鑑では152番目の位置に当たるが、ポケモンナンバーが設定されていないため「000」になっている。


なお現在、正規の152番はチコリータにあてられている。

【イメレス】レッド、ちょっと話がある



正規ではないデータをポケモンと読み込んでいるため、青版のけつばんは現在までの全てのポケモンの中でも最高の合計種族値1000を超えることで有名。
逆に赤・緑版のけつばんは、青版と異なり全ポケモン中最低種族値になっている。
その合計値は驚きの5。(当時は特攻・特防が一纏めだったため)オール1という事になる。

そしてポケモンGOで…

ポケモン?


時は流れ2018年9月23日。iOSAndroid向けのアプリポケモンGO』において、それまで確認されていなかった謎のポケモンにへんしんしたメタモンが大量発生する事態が発生。

当時は一切の情報が無く、その異質な見た目もあって、何らかのバグで出てしまったある種のけつばんではないかと言われていた。
しかしその2日後の夜に詳細が明かされ、実際に登場する新たな幻のポケモン"メルタン"であったことが判明した。


メルタンとの関係性
以下のように五十音表を書き、下まで行ったらあ行に戻る、という法則で
「けつばん」の前3文字を下に5つずつズラすと「メルタン」になる。

あいうえお
かきく
さしすせそ
てと
なにぬねの
はひふへほ
まみむ
やゆよ
らりれろ
わゐゑを
がぎぐげご
ざじずぜぞ
だぢづでど
びぶべぼ
ぱぴぷぺぽ

そしてメルタンは初代には存在しないはずの「単鋼タイプ」。
コミュニティ・デイチコリータが大量発生した直後に発見されたが、チコリータの図鑑ナンバーは前述の通り152番。元々はけつばんとされていたもの。

バグポケだった黒いリザードン後年に実装したり、今の技術であれば簡単に直せるバグをVCにわざわざ組み込んだりと、ゲームフリークの初代バグに対する愛を考えると、メルタンはけつばんのセルフオマージュ的な存在なのかもしれない。

関連タグ

バグ バグポケ アネ゛デパミ゛

pixivに投稿された作品 pixivで「けつばん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 319847

コメント