ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

花の妖精

はなのようせい

英国の挿絵画家シシリー・メアリー・バーカーの描いた妖精。フラワーフェアリー(flower fairy)の日本語訳。また、一般に、花に宿る妖精等。
目次 [非表示]

概要

花の妖精は、日本では一般に、イギリスの画家・挿絵画家、児童文学者であるシシリー・メアリー・バーカー(Cecily Mary Barker)が描いた妖精を指す。flower fairy(フラワーフェアリー)の日本語訳。


シシリー・バーカーは、1895年6月28日、イギリスロンドン南方のクロイドンに生まれ、1973年2月16日に同地で亡くなった。彼女は幼い頃から絵を描くのが好きで、十代前半で、クロイドンではよく知られたアマチュア画家となっていた。1923年に、ブラッキー社(Blackie)より、Flower Fairies of Spring(春の花の妖精)という詩画集を出版して、妖精画家としてデビューした。


その後、『夏の花の妖精』『秋の花の妖精』など四季の妖精詩画集を出版し(『冬』は出版していない)、また『道ばた』『庭』『樹木』の花の妖精の詩画集と、『花の妖精のアルファベット』を発表した。生前に、七冊の「花の妖精の詩画集」を発表した。


シシリー・バーカーの花の妖精は、背中に蝶やトンボの翅(はね)を付けた、少女や少年、子供で、花びらなどをデザインした衣服をまとっている。彼女の描いた妖精は、現実のイギリスの少年少女の姿で、生き生きしていると共に、写実的である。これは、彼女の姉のドロシーが経営していた児童学校の生徒などをモデルに、デッサンを積み上げた結果である。

また、彼女の描く花や樹木は、植物学的に非常に正確で、空想で描いたような要素がない。シシリー・バーカーは、自然を観察するのを好み、特に植物や花などは、丁寧に時間をかけて観察し、スケッチで描いた。


日本への紹介

シシリー・メアリー・バーカーの花の妖精は、世界的にヒットしたが、日本には、1960年代から70年代にかけて一般に紹介された。


1960年代には、洋書を扱う店(丸善、等)の洋書コーナーに、当時はまだ企業としてあったブラッキー社の花の妖精の詩画集シリーズの本が、輸入されて販売されていた。その頃は、シシリー・バーカーはまだ存命であった。

1970年代には、さる有名なメーカーが売り出した箱入りチョコレートのなかに、縦 3 センチメートルほどの小さなカードがおまけとして付いていたが、それは、シシリー・バーカーの花の妖精の絵であった。


1979年には、彼女の『花の妖精シリーズ』の日本語訳が出版された。日本語訳というのは、シシリーの花の妖精(フラワーフェアリー)は、詩画集において、彼女が書いた詩と共に、絵があったからで、見開きの左のページに、シシリー作の詩、右のページに、妖精の絵が印刷されていた。このスタイルは、1923年の最初の『春の花の妖精』の本の出版時点から一貫してこのような形である。


1980年代後半から90年代にかけては、日本で、妖精画の小さなブームがあり、彼女を含む、幾人かの代表的な妖精画の原画展覧会が日本で開催され、このときに、シシリー・バーカーの妖精画の原画も、少数であるが、日本で見ることができた。


シシリー・バーカーがもし85歳まで生きていた場合、最晩年の十年間で、極東の国で、彼女が生涯を通じて描いた、花の妖精の美しさや純粋さに魅惑された、大勢のファンが現れたことを知っただろうと思うが、十年の時間の違いで、日本の花の妖精ファンとシシリー・バーカーはすれ違ってしまった。


チョコレートのおまけの花の妖精の彩色カードを見た人は、シシリー・バーカーがもっと昔の画家だと考えたようで、その当時にはまだ、シシリーが存命していたとは考えなかったようである。


『冬の花の妖精』

シシリー・メアリー・バーカーは、存命中は、『冬の花の妖精』の本は出版しなかった。理由としては、冬には花が実際に少なかったため、描くことのできる「花の妖精」がいなかった為だと思える。


1979年に偕成社から出版された『フラワーフェアリー・シリーズ』の訳本は、七巻の本から出来ていて、「冬の花の妖精」の本はなかった。

しかし、1985年にブラッキー社は、シシリーの遺稿や、既刊の花の妖精の本から原稿を集めて、『冬の花の妖精』の本を編纂・出版した。こうして、「花の妖精のシリーズ」は、四季の花の妖精 4 巻と、道ばた、庭、樹木、アルファベットの 4 巻で、合計八巻のシリーズとなった。

またこれを受けて、1994年にホルプ社から発行された『花の妖精』シリーズは八巻構成となっていて、『冬の花の妖精』が収められている。


なお、メイン画像は、シシリー・バーカーの「ライラックの花の妖精」の模写。

曖昧回避

  1. 花の妖精 - 英国の画家シシリー・メアリー・バーカーが描いた妖精。上述。
  2. 花の精 - 花に宿る精霊・妖精。
  3. パネルでポン』のリップの二つ名。

関連タグ

妖精 フラワーフェアリー フラワーフェアリーズ シシリー・メアリー・バーカー 

関連記事

親記事

妖精 ようせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186338

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました