ピクシブ百科事典

おジャ魔女戦隊マジョレンジャー

おじゃまじょせんたいまじょれんじゃー

『スーパー戦隊シリーズ』第23.5作(1999年)および第25.5作(2002年)で同シリーズ第29作『魔法戦隊マジレンジャー』以前に「魔法」「魔女」をモチーフとした少女戦隊……ではなく『おジャ魔女どれみ』シリーズに登場した主人公(と脚本家)たちの悪ノリによって誕生した戦隊ごっこ戦隊。
目次[非表示]

「正義の力が悪を断つ! おジャ魔女戦隊マジョレンジャー!

 愛よ、正義よ! 美空町の平和のために戦いましょう!」






※以降『おジャ魔女どれみ(無印)』および『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』のネタバレが含まれます。





正義の力が悪を断つ概要!

おジャ魔女どれみ』無印42話「おジャ魔女・正義の戦い!?」と『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』第24話「愛よ! 正義よ! わたしたちマジョレンジャー!」に登場。
冠通りのおジャ魔女戦隊で、どれみはづきあいこおんぷももこハナちゃんが変身する。
ちなみに「普段の姿→おジャ魔女にお着替え→魔法でマジョレンジャーに変身」という変身プロセスをとるため登場当初より2段変身の戦隊という事になる。
実はスーパー戦隊シリーズ的に言えば唯一女性のみで構成されている戦隊でもある。これは当然のことながら、パロディとはいえ(いやだからこそか)ニチアサの出来事。男性だけの戦隊であるサンバルカンもビックリである。

作内においてはどれみ(無印)&ハナちゃん(ドッカ~ン!)母娘の暴走の産物

そもそも、どれみは日曜の朝7:30からやっている『どれみ』世界での戦隊作品(劇中劇)である『機動戦隊バトルレンジャー』のファンなのだが、それにまつわる、あるトラブル(ちなみに第42話は同級生ゲストの主役回であり、この回の主役は特ヲタ天野こうたで、おジャ魔女たちは基本狂言回し役)の解決にマジカルステージを使った時、どれみの思考に魔法が反応してしまい、はづきとあいこを巻き添えにして変身してしまったのが初出。
ちなみに、この回の脚本担当は前川淳氏という特撮界隈では名の知れた納得の病人(褒め言葉です)である。(前川氏は特撮専門誌にコラムコーナーを持っていた事がある上、後には魔法戦隊マジレンジャーフレッシュプリキュア!のメインライターまで担当している)
その際(無印で)はトラブル解決のための一時的なネタで終わった……というか、そのハズだった。


が『ドッカ~ン!』で24話脚本を担当した影山由美氏が壊れた。(褒め言葉です)
『どれみシリーズ』における影山氏といえば人情・感動回の旗手として名高い人物で、シリーズ開始当初より現在の『16』に至るまで、栗山(山田)氏に次ぐ、シリーズを支える中核脚本家の一人。元幼稚園教諭という経歴に基づく観点からも子どもの丁寧な描き方に定評のある人物で、いわゆるギャグ回やカオス回とは縁遠い人物と思われてきた。が、その影山氏が見事なカオス回を仕上げた(それまでに影山氏担当のギャグ回が無かったわけではなかったが、このマジョレンジャーのインパクトが全て持って行った感がある。また『どれみシリーズ』のギャグおよびカオスは大抵大和屋暁氏が担当していたため、その印象が、このイメージの一助となっている)のである。いいぞもっとやれ。

かくて『ドッカ~ン!』24話でまさかの復活。しかも、この時にマジョレンジャーの主題歌(『どれみシリーズ』としては作内劇中歌の扱い。だが実質この歌『ドッカ~ン!』24話専用歌である)まで作られた。もはや東動全スタッフノリノリである。
この話で、どれみにバトルレンジャーを薦められたハナちゃんは、この作品に激ハマリして、魔法で変身。悪を倒すために町へ繰り出す。あわてて止めようとするどれみだったがミイラ取りがミイラに。さらに通りすがったあいこたちも巻き込んでレンジャーメンバーが増殖していく。そしておんぷが出演するバトルレンジャーのロケ現場に突入する事となった。

『ドッカ~ン!』時代にリリースされたドラマCDでも奇跡の復活(ちなみに脚本はシリーズ構成の栗山緑氏)。
美空町の平和を脅かすどれみロボを倒すべく(:魔女幼稚園で園児に見せた即興劇の設定です)良い子の声援に応えて駆けつけるヒーローの姿は必聴である。

愛と正義で平和を守るメンバー


「ピンク(レッド)とお呼び!」
マジョピンク→マジョレッドどれみ
 全ての元凶だいたいこいつのせい。ちなみに『ドッカ~ン!』でレッドになったがスーツのカラーリングは全く変化していない(つまり、どうみてもピンクカラースーツなのにレッドを名乗っている)。

「正義って、ええもんやなぁ……」
マジョブルーあいこ
 無印で巻き添え変身した初期メンバー。『ドッカ~ン!』では夏の暑さで売れない、熱いたこ焼きがマジョレンジャーの力でアイスたこ焼きとなり完売。その威力と完売にむせび泣く、たこ焼き屋の店主の涙に感極まってメンバーに復帰。
ドラマCDでの必殺技は「あいこっちキック」。

「マジョオレンジとの約束だ!」
マジョオレンジはづき
 無印で巻き添え変身した初期メンバー。『ドッカ~ン!』では最後まで変身を拒んでいたが、河川敷でたむろしていた高校生による、ゴミの川へのポイ捨てにキレてメンバーに復帰。
ドラマCDでの必殺技は「はづきっちビーム」。

「はわあぁぁ……。ステキ~~っ!」
マジョイエローももこ
 レッド、ブルー、コマンダーハナの活躍を目の当たりにして「ステキ~!」と一言。It's Japanese traditional! に感化されてメンバーに。
ドラマCDでの必殺技は「ももこっちFlash」。

「大丈夫よ。お仕事の邪魔にはなってないわ♪」
マジョパープルおんぷ
 メイン画像。実は変身はアバンのみで本編では変身していない。むしろ本来は諌める側なのだがコマンダーハナの乱入で現場がノリノリになってしまったために一緒になって面白がり、どれみたちをヒかせた。バトルレンジャー視点で見た場合は立派な「公式様」である。(おんぷはバトルレンジャーシリーズのセミレギュラーで巫女少女「ミィ姫」役)
 ちなみにpixiv上ではおんぷ自身がバイオレットヒロインに分類されているためにマジョバイオレットと誤解されるが、正確には(マジョレンジャー上の公式コードネームは)マジョパープルなので注意すべし。
ドラマCDではついに正規メンバーに合流。必殺技は「おんぷっちパンチ」。

「あぁっ! わたしは味方だぞっ!! なぜ逃げるんだ……」
コマンダーハナ
 その名が示すとおり、マジョレンジャーの司令塔。もちろんカラーは白。母の魂をがっつり受け継いで暴走し、悪を倒すために美空町を駆けずり回り、ホンモノの特撮撮影現場に乗り込む。リボンで相手を縛り上げる「エンジェリボン」や袋のビーズを巻き菱よろしくばら撒く「ファイナルビーズシャワー」を駆使する。(当然、魔法も)
ドラマCDでの必殺技は「コマンダーハナ・ローリングサンダー」。……あの中の人でサンダーというと、黄色いネズミ優しい王様を彷彿とさせるような……。

「マジョレッド!!」
マジョレッド(代理)ぽっぷ
ドラマCDにのみ登場するレアキャラ。実はピンクな姉と違い、こちらは正真正銘イメージカラーはレッドである。
必殺技は「ぽっぷっちスペシャル」。


それゆけぼくらの主題歌!(劇中歌)

「それゆけ! マジョレンジャー」
 作詞:桑原長江 / 作・編曲:まきのさぶろう / 歌:マジョレンジャー(MAHO堂

つよいぞぼくらの関連画像!

コマンダー・・・



永遠不滅の関連タグ

マジョレンジャー(表記ゆれ)

天野こうた:まぎれもない全ての元凶その2。

おジャ魔女どれみ 公式が病気 公式が最大手

pixivに投稿された作品 pixivで「おジャ魔女戦隊マジョレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4447

コメント